株式会社ベネッセコーポレーション

教育を中心に、語学・生活・介護といった領域で様々な商品・サービスを展開している企業
「ベネッセコーポレーション」は教育を中心に語学・生活・介護といった領域で様々な商品・サービスを展開している会社です。「よく(Bene)生きる(esse)」という社名に現れているように、育児・出産から教育、生活、介護まで、お客様の課題を解決サポートする企業です。
今回は人財部、採用セクションの村松 陽子氏に株式会社ベネッセコーポレーションの魅力、求める人材像についてをインタビューしました。

教育事業を核に4つの事業を展開

株式会社ベネッセコーポレーション

まずは設立経緯からお伺いできますでしょうか。

ベネッセは1955年に福武書店として創業し、進研ゼミ、進研模試の強固なビジネスモデルで成長してきました。そして、90年からCIを見直し、95年に社名をベネッセに変更(第二の創業)。ベルリッツの買収や介護事業への参入など事業を多角化し、業績を拡大していきました。

昨年で創業以来、50周年を迎えましたが、今、更なる成長に向けて様々な事業の立ち上げ、改革を進めています。そして今、ベネッセは第三の創業期にあり、変革を推し進めている真っ只中にあります。

現在の事業展開はどのようになっておりますか?

教育、語学、生活、福祉(介護)の4つの事業領域で展開をしております。売上高などで申しますと、現在は教育事業がメイン。進研ゼミや進研模試で全国にシェアを拡大し、現在では約400万人の会員がおります。 400万人という数字はかなりの数に見受けられますが、これはどの程度のボリュームといえるのでしょうか。

学年によって大きく異なりますが、対象となる全生徒の20%、およそ5人に1人の方が会員です。進研ゼミ経験者という言い方をすれば、2人に1人にもなります。多くのお客様にベネッセの商品をお届けしています。

通信教育のベネッセ」から「教育のベネッセ」へ

人財部、採用セクションの村松 陽子氏

教育事業をメインにされていますが、その他の事業はいかがでしょうか。

語学事業では、「GTEC」というオンラインテストの英語アセスメント試験を立ち上げております。より正確に、より早く英語能力を測定できるメリットがあり、かつコストも安いので企業向けにシェアを伸ばしています。ゆくゆくは競合の英語アセスメント教材に代わる資格にしようという目標もあります。また教育をより深く研究・開発するためにかなりの投資をしています。

数年前は数億円規模でしたが、今では約40数億円を投資しています。東京大学に寄附講座を設け、教授や学生と一緒に研究開発して学術的にもアプローチしたり、教育研究開発センターという部署を立ち上げたり、中長期的な教育の在り方などを研究しています。

やはり教育に力点をおかれているのですね。

現在4事業を行っていますが、当社の一番の強みは教育ですので、ここはさらに強めていきたいですね。これまでは「通信教育のベネッセ」というイメージが強かったのですが、今後は「教育のベネッセ」というブランドを確立したいと思っています。

年齢性別を問わない活気ある職場環境

株式会社ベネッセコーポレーション

さて中途採用に関してお伺いします。まずは採用に至った背景を教えてください。

創業以来右肩上がりで業績が伸びてきましたが、3年前に一時業績が低迷した時期がありました。その際に経営体制を大きく変え、「第3の創業」を掲げて変革をスタートさせたことが背景にあります。

経営体制の改革からこれまでの既存事業の見直し・新規事業の立ち上げを推し進め、お蔭様で業績は順調に回復、更なる成長をし続けています。

この成長・改革を支える人が必要ですので、これまでのベネッセにはない、新しい考え方・経験をお持ちの方に来ていただくよう、積極的にキャリア採用を行っています。

多岐に渡る職種をお求めですが、共通項となる要素はありますか?

ベネッセと社名で掲げているように、「よく生きる」という経営理念、また教育事業の職種であれば教育に興味・関心をお持ちの方に来ていただきたいと思います。また指示を待っていても仕事は来ませんので、自分で考えて行動できる人を求めています。

御社というインフラを通じて、もっと社会に貢献したい、教育の新しいことをやってみたいという方は実現しやすいかもしれませんね。

そうですね。あとは自ら考え、計画、実行し、それを振り返って計画するというサイクルを、社会人歴相応にできるかどうか。そこは面接でも見ているポイントです。

社風を教えていただけますか?

当社は平均年齢33歳と若く、非常に活気があります。年齢性別に関係なく活躍でき、若くても成果を出せば出した分だけ評価されます。ちなみに当社の最年少執行役員は35歳。20代の編集長もおり、優秀で成果を出せればすぐ抜擢されます。

いい意味で実力主義というわけですね。

はい。ただ男女関係なく活躍できるということで、一見女性に優しいと思われる方もおりますが、性別関係なく仕事してくれる人を評価するということ。同じ成果が求められるので、逆に女性にとっては厳しいといえるかもしれません。そのような風土に抵抗がない、または好ましいと感じられる方にはチャンスが多くある会社です。

転職をお考えの方へメッセージ

転職は人生の中で大きな決断だと思いますので、ご自分が求めていることと、ベネッセが合致しているのかをよく見極めてほしいと思います。当社には事業の社会貢献性や手を挙げたら任せられる環境、福利厚生など魅力も多いと思います。

様々な情報を加味した上で「ベネッセは自分の目標を実現できるフィールドだ」と思われた方については、是非ご応募いただきたいですし、その熱意に応える環境は十分ある会社だと思っています。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み