株式会社スクウェア・エニックス

「物語」の提供を通じた幸福への貢献を掲げるスクウェア・エニックスの求める人材とは?

「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」といった世界的なヒット作品を生み出しているスクウェア・エニックス。「ゲーム会社=ゲーム開発」とみられがちですが、インフラエンジニアや海外展開に伴うビジネス系職種、マーケティング職、管理部門職種、など、人材を募集する職種は幅広く、グローバル展開、スマートデバイス向け市場の拡大に伴い、積極採用をしています。“最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する”という企業理念の下、求める人材、転職者に期待することなどについて、人事部の斎藤高徳氏にお話を伺いました。ハードなイメージのあるゲーム会社の就労環境ですが、スクウェア・エニックスが行っている就労環境の改善の取り組みも紹介します。

スマートデバイス向け市場が拡大するなか、転職者の新しい価値観に期待

- ゲーム業界の流れ、人材募集の傾向について教えてください。

家庭用ゲーム機市場は引き続き拡大していますが、スマートフォンやタブレット向けのスマートデバイス市場が大きく広がり、アプリなどを開発する企業も増えてきています。そのような業界の流れのなか、弊社としては、ファイナルファンタジー、ドラゴンクエストといった既存のタイトルを今後も継続して発売していく一方で、新しいタイトルのゲームを発売し、ゲーム機、スマートデバイス向け共に広げております。それに対応して弊社でも人材の確保が必要になってきますが、市場の広がりもあり、ゲーム業界は全体的に人材が枯渇している状況です。

- 応募にあたり、ゲームの知識、開発技術は必須でしょうか?

ゲーム会社というと、「ゲーム開発」のイメージが強いかもしれませんが、たとえばオンラインゲームであれば、サーバーやネットワーク等のインフラ構築・運用をする人材も必要です。世界中からアクセスされるネットワークを構築するのはエンジニアの大きな醍醐味だと思います。会社全体を見れば、募集職種は他にも出版事業やマーケティング、経営企画、管理系の職種もあります。そういった意味では、ゲームの知識がなくてもモノを作るという点ではプログラマー、デザイナーなどの職種で培ってきた知識や経験は大いに活かせる環境にあります。

- 転職者の方に期待することは?

新しく仲間に加わる人には、これまでのスキル、経験をスクウェア・エニックスという環境のなかで発揮していただきたいですし、弊社には生かせる場があります。変えたほうがいいものは、もちろん変えてほしいと思いますし、「以前の会社はこうだったのに」という考えにこだわるより、新しい環境に柔軟に対応できる人の方が入社後、早くから活躍しているように思います。一方で、新しい価値基準を生み出していただきたいという期待もあります。既存のものを踏襲していくことが必要な場面もありますが、新たな視点で「こういう取り組みをするともっといい方向に進む」といった考えがあれば、実際に提案をして欲しいですし、変えていく推進力にも期待しています。

各海外拠点の事情に精通していることはアドバンテンージに

- 御社のグローバル展開、それに伴って求められる人材とは?

いままでは、テレビがあって、ゲーム機があって、ゲームソフトを買える人がいるという環境が整っていた、日本、北米、ヨーロッパなどの地域でゲーム市場が発展してきました。それに伴い、北米、ヨーロッパには、弊社グループ会社の開発拠点があり、各拠点でもゲームを生み出せる体制になっています。日本で売れた作品を海外にローカライズして出すこともありますし、またその逆のパターンもあります。国によって求められる物、好まれる物は異なるため、今後は国民性、地域の特徴、各国のニーズを捉えて作品を出していき、それによって売れたり、流行ったりしたものを、別の拠点でも展開していくようになります。また、スマートフォンの市場が拡大してきている中国、東南アジア地域ではスマートフォン向けゲームアプリを出していく、というようにデバイスに拘らずその地域・文化に合ったコンテンツを作り出していくことが弊社のグローバル展開の流れになっています。そのような事業展開から、クリエイターにも、文化、慣習、宗教観など、各海外拠点の事情に、より精通していると、ゲームを作るにあたって「こうしたほうがうまくいく」「これは難しいんじゃないか」といった判断ができるので、弊社で活躍いただくためのアドバンテージになるかと思います。

就労環境の改善に取り組み、社員の健康、働きやすさを目指す

- ゲーム業界の就労環境はハードなイメージがありますが…

ゲーム業界は、ハードな環境で働いているというイメージを持たれがちですね。確かに、過去には深夜残業が続くといったこともありましたが、弊社では、そういった環境を改善するための取り組みを進めています。まず、22時以降の残業は原則禁止。毎週水曜日は「19時退社デー」で、15時ごろになると社内放送を流し、啓発活動もしています。食事に行ったり、プライベートを充実させたりと、退勤後の時間をうまく活用している社員は多いようです。
とはいうものの、リリース直前のプロジェクトがある場合は、期日までに出すということが命題になってきますので、そのことをまず優先することにはなります。ただ、働き方にメリハリはつけましょう、ということですね。「今日は早く帰らなきゃいけないんだ」と思うと集中力が高まりますし、働く上でのリズムができるのはいいことだと思います。当然、社員の健康、働きやすさ、業務効率の向上にもつながることだと思います。

- オフィスはとても明るく、社員食堂もゆっくりと食事が楽しめそうなスペースですね。

オフィスの設備や環境の面でも、社員の働きやすさを考慮しています。ゲームを作る上でいろいろな職種の社員が連携していかなくてはいけないので、コミュニケーションは非常に重要です。弊社のオフィスの壁は一部ホワイトボードになっているので、立ち話からミーティングに入るなんてこともできます。
社員食堂でもあるラウンジでは、お昼時のランチはもちろん、夜にはプロジェクトの打ち上げを行うなどコミュニケーションスペースとしても活用されています。年末年始には納会や餅つき大会も開かれました。

大事なのは「こういうことに取り組みたい」という強い思い

- 御社の企業理念に合った求める人材とは?

弊社は、「最高の『物語』を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」という企業理念を掲げています。ゲーム、出版物など、我々が提供するコンテンツを利用していただいた方々に、「友だちとやったあのゲームおもしろかった」「あのマンガを読んで気持ちが変わった」といった体験や思い出を得ていただきたいという思いの下、企業活動を行っているので、まずそこに賛同いただける方ですね。また、「これはいいものだ」と世の中に出しても、それが100%受け入れられるとは限らない業界であり、変化が激しい業界でもあるので、そういった「波」に対して、楽しんだり、取り組むことができる方は、弊社の環境に合っているのかなと思います。
スクウェア・エニックスでこういうことに取り組みたい、この環境を使ってこういうことをやりたいんだという強い思いはとても大事だと思います。その内容に実現の可能性があればプロジェクトとして進むこともありますし、課題があればディスカッションしてクリアしていったりと、社員の思いや意見をオープンに受け付ける会社です。現場や人事主催で勉強会も多く開催していますし、「社内公募」制度もあります。
弊社の社員は、圧倒的に中途入社者が多く、社員全体で見ると中途入社者が9割、新卒入社者が1割です。中途入社の方も違和感なく現場に入っていける文化がありますし、いろいろな経験を積まれている方が多いので、仕事をする上で受ける刺激も大きいと聞きます。

転職をお考えの方にメッセージ

- 最後に、転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

こういうことがしたいという強い思いを持ってぜひ応募していただきたいですね。取り組みたいことを実現するための環境が、弊社にはあります。また、「ゲーム会社=ゲーム開発」というイメージにとらわれず、たくさんの職種、可能性がありますから、弊社の企業理念に賛同し、興味を持っていただけたなら、躊躇せずにぜひ応募していただきたいと思います。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み