東洋電装株式会社

世界を舞台に先端技術を追求したモノづくりを続ける、 「ベスト・クオリティ」の国際企業。

1947年の創業以来、一貫してエンドユーザーの視点に立って高い品質と信頼性を両立し、自動車に搭載されるパワーウインドウスイッチ・オーディオパネルスイッチをはじめとする電装品の開発・生産を行う東洋電装株式会社。製品数は四輪、二輪、汎用の電装品を中心に4000種以上、約130か国ものエンドユーザーに安全で快適な空間を提供し続け、安定感とともに今後さらに躍進が期待される企業です。
今回は事業拡大に伴い、開発本部・R開発室部長の坂本貴志様に会社の特長や“我が社が求めるエンジニア”についてお話を伺いました。

培ってきた技術への信頼性をもとに、さらなる提案型企業へ。

- まず、御社の事業内容について概略をご説明ください。

東洋電装では、電装部品組立技術、スイッチ感覚性能技術、コイル・発電機巻線技術、イグニッションコイル生産技術等をコア技術として、本田技研工業様を中心に世界中の主要なニ輪車・四輪車・汎用機メーカーを取引先としてグローバル展開しています。主力製品は「操作系スイッチ」で、人と機械の仲立ち(ヒューマン・マシン・インターフェース)を支える製品群です。押し心地、触り心地、夜間の光の色合いなど、狙い通りのフィーリング・五感に訴えるためにはどんな製品が最適なのか、「マーケティング」から「機構・電子回路・制御装置の開発」「生産技術」「工場での生産」に至るまで、各部署が一体となって開発・製造に取り組んでいます。信頼性・商品力の高い製品を全世界に向けて提供しております。

- 今後の展開については、どのようなお考えをお持ちですか?

今までは車両メーカーの要求に応じて製品提供してきましたが、今後は私たちが世界を視野に自動車社会や移動体の未来について考え、自ら提案する企業にならなければなりません。そのために東洋電装では常に世界のニーズや新しい技術を先回りして見つめ、新たなイノベーション開発に向けて情報収集~社内展開~製造~販売まで統率して推進する体制づくりを進めています。新しいビジネスチャンスへのチャレンジや自社ブランド品の開発も進めています。

その先の未来へ続く、精緻なノウハウが息づく高度な先端技術。

- 製品の信頼性を支える強みとしては、どのようなことが挙げられますか?

70年近くお客様に信頼され続ける背景にあるのはやはり技術力です。世界の5か所に工場を保有していることも、生産力の強みに加え当地でニーズを把握して製品化を可能にしている技術力のひとつといえます。そして二輪、四輪のレースに部品を供給してきた歴史もあります。内燃機関を担う「イグニッションコイル」などでは、F1マシンに向けて極限状態での耐熱、耐震性、超高回転などに応える世界最先端技術を開発しました。こうしたレース車両開発で培ったさまざまな技術やノウハウは、一般ユーザー向けの製品に幅広く反映されています。また自社内で各部署にプロフェッショナルな人材を擁し、設計・製造・部品などあらゆる工程を一貫生産しており、業界でも内製化率はかなり高い方ではないでしょうか。いずれにしても約130か国で大きな品質トラブルがないことは確かな技術力の証であり、これからも世界中で得た評価に甘んじることなく、一貫して先端技術を追求した緻密なモノづくりを続けていきたいと思っています。

さまざまな価値観と自由な発想を持ち込んでいただきたい。

- 今回の採用に際して、具体的にはどのような人材を望まれますか?

求める人材像には、いくつか期待する点があります。まず物事に対して積極的な方。少々尖っていてもいいので、あれをしたいこれをしたいと自分から発信できる人です。次に、自分の意見を適切に言葉にして目的を遂行できるコミュニケーション能力が必要です。そして新技術開発や製品化に向けて、自分なりの目標を設定して実現化する野心。これを絶対成し遂げるんだという、高いモチベーションと旺盛な達成意欲を持って仕事に臨んでいただきたいですね。前職で身につけた経験やスキルを活かした考え方や独創性を持ち込んで、存分にオリジナリティを発揮してほしいと思います。東洋電装の考え方のすべてを肯定する必要はありません。新しいものを生み出すためには、否定しても構わないのです。みんなが同じ方向を向くのではなく、時には否定する人間の存在が新しいアイデアを生み出す原動力になります。また内製率が高いとお話ししましたが、当社の開発エンジニアは材料段階から最終製品まですべてに携わる機会が多く全製造過程が把握できるので、次への改善点などを自分の中へフィードバックすることができます。つまり仕事をより自分事として捉えられ、結果として知見の広いエンジニアに育ちます。自分をよりステップアップさせたいという方にとっては、とてもやりがいのある環境だと思います。

自分のために、会社のために、ぜひチャレンジしてほしい。

- 最後に、御社に関心をお持ちの方々へメッセージをお願いします。

東洋電装はあまり組織の壁や上下関係が感じられないフラットな職場環境で、特に開発部門には言いたいことが言える自由闊達な空気があります。上司が認めれば提案次第で裁量の大きな研究テーマに取り組めますし、海外志向であれば現地で活躍することも可能です。事実、私も希望通り入社後3年で海外に赴任しました。自己実現意欲が高く、自分の感性で何事にもこだわりを持って接する「面白がり屋」の方には本当にチャレンジしがいのある会社だと思います。多彩な個性や多様な価値観の中で社員が切磋琢磨し合うことができれば、これほど素晴らしいことはありません。業態・業種、また文系・理系も限定しません。ぜひ私たちと一緒に、未来に向けて面白い仕事をしましょう。

 

※本記事は、2015/11/26に公開されています。記事の内容については掲載時点のものとなりますので予めご了承ください。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み