転職成功者インタビュー金融専門職

金融業界のアナリストからの転職

30歳 男性 大橋さん(仮名)
前職
金融業界 アナリスト
現職
業界トップクラスの金融機関 総合職
新卒で金融機関に入社し、アナリストとしてキャリアを積んでこられた大橋さん。職務内容や会社の雰囲気は悪くなかったものの、大学時代の友人の話を聞くたびに、友人の年収と自分の年収とのギャップを感じていました。 「年収をUPしたい。」明確な転職理由のもと、初めての転職活動に臨みました。

“転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?”

金融機関において、金融商品の時価評価に従事していました。内勤で顧客折衝はしたことがありません。残業はほとんどなく、職場の雰囲気に不満等もありませんでした。
ただ、もう少しプロの集団の中に身をおいて切磋琢磨したいという気持ちは漠然とですが持っていました。

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

学生時代の友人たちと仕事内容や年収の話になった際、具体的な年収額を聞いて、多少の焦りを感じました。同じバックグラウンドにもかかわらず、着実に年収に差がついていているな、と思ったんです。会社の先輩の年収もある程度把握していたので、自分は「数年経ってもあのくらいの金額か・・・」と思ったのが転職を考え始めたきっかけです。

“どのように転職活動をされましたか? ”

紹介会社はパソナキャリアだけを利用しました。実は以前も転職を考えたことがあり、他の人材紹介会社で面談までしたことがあります。でも、紹介された求人がピンと来なく、それ以降も求人紹介はなかったので具体的な活動には至りませんでした。
今回パソナキャリアから紹介された求人はピンとくるものがあったので、ぜひお願いしようと思いました。

“応募する会社を選んだ理由は何ですか?”

現職中でもあったので、応募する企業を絞りました。当初は、新卒時に憧れていた業界にチャレンジすることも検討していたのですが、異業界への転職だと年収が下がるケースがほとんどだということを面談ではっきりと言われまして・・・。
転職理由に立ち戻り、応募する企業を選定しました。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

面接でお会いした面接官の方々に魅力を感じました。年収面だけでなく、「一緒に働きたい」と思える方々だったことが一番の理由です。また、自分の経験を活かせる部分があること、それに加えて他にも興味がわく分野があることも魅力的でした。

“今後のキャリアプランについてお聞かせください。”

今後はリスク評価の仕事に従事する予定です。金融商品の時価評価という点では前職と近しいです。詳細は未定ですが、わくわくしています。
ジョブローテーションも活発な企業なので、将来的には、どの分野で組織に貢献できるかを検討して希望も出してみたいと思います。また、経験はないものの融資営業にもぜひ挑戦したいです。大変な面もあると思いますが、幅広い業種の方々にお会いできるので非常に興味がありますね。 ​

転職をお考えの方へのメッセージ

「この会社から内定をもらったら迷わず入社する!」と思える企業を選んで活動をすべきだと思います。私自身も、ぜひ入社したいと思える企業に応募したにもかかわらず、内定をもらった後、現職への感謝の気持ちやこれでいいのか、という思いがよぎり、少し悩みました。最後は、転職理由に立ち戻り、決意することができたので、最初の明確な動機付けが大切だと思います。

また、面接の準備はこれでもかというくらい入念に行ったほうがいいです。想定される質問よりも想定外の質問にどう対処するか、が大事だと痛感しました。

キャリアアドバイザーからみた大橋さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

大橋様への求人紹介は件数を紹介するというよりは、内容を重視した紹介を行いました。面談時に大橋様から転職理由を伺った際、年収UPに対する意向が強いと感じたからです。
パソナキャリアからの情報提供だけでなく、ご自身でも熱心に企業研究をされ、応募する企業を絞っていらっしゃいました。そのため、応募書類に関してはしつこいくらい修正を行い、書類通過後は面接対策をしっかり行いました。面接対策によって、面接官の視点を意識できるようになったとのことです。
アドバイザーとしては、終始、転職の軸がぶれないようなサポート、アドバイスを心がけました。
内定に至ったポイントは、「準備」の一言に尽きます。こちらからのアドバイスを真摯に受け止めて、選考の準備をされていました。最終面接まで緊張感を持って臨んでいただけたことも成功のポイントです。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る