転職成功者インタビュー電気・電子・機械・化学エンジニア

印刷会社 開発職からの転職

43歳 男性 小野さん(仮名)
前職
印刷会社 開発職
現職
飲料メーカー 包装容器技術開発
管理職となり、営業など技術以外のお仕事が増えていたという小野さん。「自分は現場で技術の最先端に関わっていたい」-こう考えて転職を決意され、今回、ご希望通り大手メーカーのプロジェクトマネージャーとして技術開発のお仕事に携わることになりました。

“転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?”

大手印刷会社で包装容器の開発に携わっていました。
デザインから設計、生産化対応までが主な業務です。

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

自分は技術畑の人間なので出来る限り長く技術開発分野の仕事をしたいと考えています。しかし前職ではマネージャーになり、管理部門として営業寄りの仕事も増えてきました。
より技術職へ近い仕事を希望して転職に踏み切りました。

“どのように転職活動をされましたか?”

前職に勤務しながらインターネットなどで情報収集をしていました。年齢のこともあり、転職できるかどうか心配でなかなか決断できないでいましたが、まずは希望する求人があるのか様子を知っておきたいと思い、パソナキャリアに登録しました。
私の場合は以前から希望していた会社がありましたので、その会社の非公開求人があるかもしれないと思ったことも登録理由の1つです。
何社か紹介していただいた中に自分が希望していた会社を見つけたものの、行きたいと思っていた部署の募集は既に終了しており落胆しかけました。しかし、キャリアアドバイザーの方から「この会社はとても柔軟な対応をするから、違う部署でもまず応募して、小野さんを見てご判断いただきましょう」と背中を押していただきました。
会社の人事の判断基準がどこにあるのかは自分一人で知りえない情報ですから、人材紹介会社を利用してよかったな、と思いましたね。応募した求人自体は40歳までの募集だったので年齢オーバーでしたが、書類を送ってからは年齢に触れられることはありませんでした。
面接では「経歴を活かすには、こちらのほうがよいだろう」ということで、最終的に自分が希望していた部署での採用となりました。
自分一人でしたら、希望している部署以外で、しかも年齢がオーバーとなれば、絶対に応募しなかったでしょうね。パソナキャリアでは見えない可能性を提示してもらえて、本当によかったと思っています。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

昔から憧れていたメーカー製品の設計に携われる、というのが大きな理由です。
幅広い製品群を持っている企業でゼロベースからの設計経験を積むことができるため、やりがいも大きいと感じていました。内定が出た時にはほとんど迷わず結論を出しました。

“入社後の現状・新たな目標など”

今回はプロジェクトマネージャーとして採用されました。前職と同じマネージャーという役職ですが、管理職としてではなく現場に立ってプロジェクトを引っ張れる立場での仕事です。このままいつまでも技術畑にいたいと思っています ​

転職をお考えの方へのメッセージ

40歳を過ぎてからの転職は、それまでのキャリアが問われますから、しっかりしたキャリアがなければ難しいと思います。逆の言い方をすれば、活かせるキャリアがあるならば、40歳を過ぎても転職の可能性があるということでもあると思います。

転職をお考えの際には、慎重に、でも臆することなく進めていけば良いのではないでしょうか。

キャリアアドバイザーからみた小野さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

小野さんがご来社いただいた際は、ご希望企業のポジションは残念ながらクローズしていました。ただ、過去のデータから、幅広くポジションを御検討いただける企業だとうかがっていたので、まずは他のポジションでご推薦しご本人の可能性を見ていただけるよう企業側にお願いしました。
結果、面接においても小野さんのご実績に対する評価は非常に高く、元々募集のなかったポジションでの内定を獲得されたのです。
順調に希望企業からの内定は得られたものの、退職にあたっては現職からの強い引止めがあり、私からは毎日お電話で退職交渉に関するアドバイスをさせていただきましたが、何よりもご本人の強い意志が大切なのだと実感しました。
ご入社後、小野さんの開発された自社ブランド商品が店頭に並ぶことを心より楽しみにしております。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る