転職成功者インタビューメディカル・バイオ・食品専門職

CRO 医薬品 開発職からの転職

38歳 女性 森山さん(仮名)
前職
CRO企業 医薬品開発職
現職
商社系CRO QC
「自分ではなんでもないと思っていたキャリアが、実は市場価値が高いとわかって、自分に自信を持ちました」という森山さんは、医薬品開発に携わってきた経験を活かし、より自分を高められる会社への転職に成功しました。

“転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?”

前職はCRO(医薬品開発業務の受託機関)の会社に8年間勤務し、モニター、データマネジメント、QC(品質管理)という医薬品開発に関わる3つの職種を経験しました

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

8年間勤めていたので、新しいことを吸収することがなくなってきたことから、転職を考え始めました。会社はとても居心地がよかったので、このまま何となく働いていくことはイメージできましたが、果たしてそれでいいのかと思うようになったのです。
私はQCの仕事でキャリアアップしたいと思っていたので、他社の仕事を経験してみたいと思うとともに、転職した友人の話を聞いていると、他社ではお給料などの条件面がよく、私の仕事の内容を考えると、もっと良い条件で働くことができるのではないかと思いました。

“どのように転職活動をされましたか? ”

転職しようと決めたものの自信はなく、「人材紹介会社にお願いししてダメだったら、あきらめがつくだろう」、と思って登録したんです。
ところが、実際にカウンセリングに行ってみると、私はもっと年収が高くてよいはずだということ、また、自分ではなんでもないと思っていた私の経歴が、実は市場価値が高いということも教えてもらいました。
8年間医薬品開発に従事した経験は、自分が思っている以上に貴重なものだったのです。
転職は無理かもしれないと思ってカウンセリングに行ったのに、その場で7社紹介され、自分には可能性があるんだ、と考えられるようになりました。
カウンセリングに行く道は下を向いて暗い顔で歩いていたのに、帰り道はうれしくて、まっすぐ前を向いて歩いていたことを覚えています。最初に紹介していただいた中から3社選び、面接を受け、自分に合っている会社に決定するまでにかかった時間は、約1ヶ月でした。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

品質管理(QC)部門に重点を置いている会社を希望していたのですが、今度入社する会社はまだ若い会社で、QC部門をこれから大きくしようとしています。
会社が大きくなるときというのは自分も一緒に成長しないといけないものなので、会社と一緒に大きくなっていけたらと思っています。
社内の雰囲気もよく、年収も大幅に上がるので、働きやすい環境です。
この会社に決めるまで2社で迷っていたのですが、キャリアアドバイザーの方に「決めるのは森山さんだけれど、比較の基準になれば」と、給与面、条件面などの細かいデータをいただきました。
あらゆる面から総合的に判断して決めることができ、自分が納得する転職ができました。

“入社後の現状・新たな目標など”

新しい会社では、今までの経験を活かして後進指導も行って欲しいといわれています。
また、サポート体制がしっかりしているので、自分に足りないものは勉強できるので、会社に貢献しつつ、成長させてもらえる環境です。不安はまったく感じていません。今から入社がとても楽しみです。
前の会社では、QCという仕事に出会い、自分がこの仕事が好きだということがわかっただけでも、長く勤めた意味は大きいと思っています。QCは新薬ができるまでの過程を支える責任重大で、かつ、やりがいの大きい仕事ですから、これから新しい会社でQCの仕事をよりいっそう高めていきたいです。 ​

転職をお考えの方へのメッセージ

「転職しようかな」という思いが頭をかすめたら、まずは行動を起こしてほしいと思いますね。自分で自分のことはわからないものですし、会社の待遇も、会社の中にいるとそれが妥当なのかどうか、わかりづらいものなので、客観的に評価をしてもらうことが大事だと思います。

行動してダメならあきらめもつきますが、「自分には無理」と自分で自分を評価するのはもったいないです。転職は黙っていたら誰も助けてくれませんが、行動すれば必ず誰かが助けてくれると思います。

キャリアアドバイザーからみた森山さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

モニター、データマネジメントのご経験から、関連部署との関係や人間関係をとても大事に業務に取り組まれており、キャリアや仕事に対するポリシーも明確な方でした。新しい部署でもきっと活躍されると思います。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る