転職成功者インタビュー企画・管理・事務

中小企業から 一部上場企業の事務職への転職

28歳 女性 植村さん(仮名)
前職
商社 営業企画
現職
東証一部 大手海運企業 一般事務
中小の企業にて、企画から営業、webサイト周りの業務までマルチに担当されていた植村さん。忙しい日々は決して嫌いではなかったものの、将来の結婚や子育てを考えた時に、福利厚生が不安定なその会社では勤続が難しいのでは、と転職を検討しはじめました。活動中、そんな悩みをどのように解決していったのか。お話をお伺いしました。

“転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?”

前職では海外の雑貨やアパレルグッズを扱う商社にて企画の部署に籍を置いてました。決して大きくはない、こじんまりとした規模の会社だったので、仕事内容は、企画の仕事をはじめ、事務の仕事やwebサイトの運営など、幅広い業務を任されていました。マルチタスクというかんじです。

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

上で述べた通り、いろいろな業務に携わりながら、忙しく充実した毎日を送れていました。そんな毎日も悪くはなかったのですが、20代後半に差し掛かったタイミングで、少し自分の将来について考えることがありました。主にはライフワークバランスの観点で考えました。生活の中で仕事が占めるウエイトが大きかったので、これから結婚したり、子育てしたり、自分のやりたいことをやったり、と考えた時に、今の会社でいいのかな?という思いが出てきました。前にいた会社は、離職率が高く、産休育休制度の利用実績がないなど、福利厚生も不完全だったのです。

“どのように転職活動をされましたか?”

まずは情報収集だ、といくつかの転職エージェントサービスに登録し、仕事の合間をぬって何人かのアドバイザーの方とお会いしました。ただ、会ったなかでそれぞれを比較すると、「紹介される案件に偏りがある」「自分の希望に沿わない案件を紹介してくる」「思うように連絡をくれない」など、不満に感じる会社さんもあって、“本当に自分のパートナーになってくれる会社”という軸で、パソナキャリアさんにお願いすることにしました。
パソナキャリアのアドバイザーの方は、いい意味で“踏み込んだ”サポートをしてくださいました。単に今の私の希望だけを見て求人を紹介するのではなく、そもそも「転職とはどういうものなのか」の説明にはじまり、仕事だけではなくプライベートまでをしっかりと考えた求人の紹介をしてくださいました。ライフワークバランスを重視していた私にとっては、とてもありがたいサポートでした。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

やりたかった事務の仕事だった、という理由以外では、一番は、前の会社になかった福利厚生がとても充実していたことが決め手でした。上場もしている会社だったので、社員数も多く、産休育休制度がしっかりと整備されているなど、自分の将来を考えた時に、ずっと勤務していけそうなイメージが沸きました。

“今後のキャリアプランについてお聞かせください。”

新しい職場に慣れて、戦力になれるように、まずは思いっきりスタートダッシュをきろうと思います!その後は、決して甘える意味ではないのですが、ライフワークバランスのライフの部分を少し落ち着いて考えてみようと考えています。プライベートが充実すれば、きっと仕事のパフォーマンスもあがると思います。スキルアップのためにプライベートの時間を充てたいとも考えています。 ​

転職をお考えの方へのメッセージ

悩み考えるために足を止めるのではなく、悩み考えながらもとにかく動きましょう、とお伝えしたいです。自分自身も、転職活動をはじめた当初は、明確に何がしたいかが定まらずぐずぐずしてしまっていましたが、定まっていない状況でもいくつかの会社の面接を受け始めると、その企業のことを調べたり、職種のことを調べることで、より具体的に自分が転職するイメージが膨らみ、自分のやりたいことや、将来像が明確になってきました。動かないとわからないこと、見えてこないこと、がたくさんあると思います。

キャリアアドバイザーからみた植村さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

とにかく笑顔が素敵な方で、第一印象がとても良かったです。面接でもその部分が大きく評価されました。また、印象だけでなく、内面も非常にしっかりされていて、仕事に対する姿勢や今後のキャリアプランもしっかりと確立されていることが少しお話するだけでもわかりました。

サポートとしては、植村さんは中小企業での営業事務、商品企画、営業それぞれの経験、そして留学で身についた英語力、と幅広い経験とスキルをお持ちでしたので、それらを活かせる企業を中心に求人のご提案をさせていただきました。企業の情報をしっかりと理解してもらうため、私からだけでなく、弊社の企業担当から直接応募先企業についての情報をお伝えさせていただいたりもしました。「とにかく動く」と上記で植村さん自身がおっしゃっている通り、ご提案させて頂いた求人に対して植村さんが先入観を持たずに積極的に応募されたのが、何よりよい結果につながったのだと感じております。

面接では、営業事務で必要なスキルはもちろん、元々のお人柄の部分である笑顔と愛嬌も評価されたことが、無事内定という結果に繋がりました。プライベートも仕事も充実できる環境への転職希望であった植村さんが、希望を実現できる企業に転職できて本当によかったと思っております。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る