転職成功者インタビュー営業

アミューズメント関連 営業マネージャーからの転職

35歳 男性 西本さん(仮名)
前職
アミューズメント関連 営業マネージャー
現職
不動産金融ベンチャー 不動産仲介営業(仕入)
不動産で3社、他業界で1社のキャリアを持つ西本さん。コアキャリアである不動産業界をターゲットに、「ずっと勤め続けられる、最後の会社」を探し始めました。 2カ月近くほぼ毎日面接に通われた西本さんが、転職先に選んだのは、パソナキャリアから提示された案件でした。「面接が変わっていたんですよ」と楽しそうにお話ししてくださいました。

“転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?”

大学卒業後、不動産会社3社に8年あまり、アミューズメント関連会社に1年4ヶ月身を置きました。まず、ビル管理に関わる一連の営業業務(PM・リーシング含む)を経験しました。続いて、不動産の売買・仲介業務に就き、さらに、買取・再販売・事業用物件売買・テナントリーシングへと、転職を重ねるごとに、不動産業務の幅を広げていきました。
友人に請われて入社したアミューズメント関連会社では、新開発の液晶電子ポスターの新規開拓営業に従事しました。
小規模ながらも、事業所のマネジメントも任されました。残念ながら、本部から将来を見越して事業撤退の断がくだり、今回の転職となりました。

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

バブル崩壊後の不動産業界で8年、会社清算や事業撤退等の理由により転職を重ねながらも、一連の業務を経験しました。
経験を積むにつれて、経理や財務のコンサルティング能力、すなわちファイナンス全般に対する知識の必要性も感じるようになりました。また、他業種も経験したことで、視野も広がり、新たな角度から「不動産」を考えるようにもなりました。
そこで、今回の転職活動を始めるにあたり、以下の3点に的を絞りました。
【1】初心に戻って、不動産業界
【2】事業の方向性や考え方に共感できる会社
【3】ファイナンスの勉強もできて、仕事の腕も身につけられる環境

“どのように転職活動をされましたか?”

転職活動では、多くの求人情報を得て、様々な会社を訪問して、自分を判断・評価してもらおうと考えました。ハローワークにも相談しましたし、転職情報サイトもチェックし、人材紹介会社3社にも登録しました。
パソナキャリアのキャリアアドバイザーには、不動産業界の中で業態のカテゴリーは絞らずに探したいと希望しました。転職回数の多さも自分では不安に感じていましたが、キャリアアドバイザーは私の置かれた環境も時代背景も理解した上で、話を進めてくれたように思います。
面接に際しては、キャリアアドバイザーが自分の言葉でかみくだいて、個々の会社への戦略をアドバイスしてくれました。実際の面接では、それを応用して使えたと思います。
2ヶ月近く面接を重ねた結果、パソナキャリアの最初のカウンセリングで提示された求人案件に内定をいただきました。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

今度入社する会社は、不動産に「金融」というカテゴリーでアプローチする業界でも異色な存在です。担当する仕入業務には経験や人脈を活かせますし、ファイナンスの勉強もできる環境にあります。
面接では、人事、部門マネージャー、取締役、配属先のメンバー数名と次から次へとお話しする機会を得ました。どの方も、わかりやすい言葉で建設的な話し方をされます。
面接を通じて、会社の意図や事業の方向性を掘り下げられ、さらなる興味も湧いてきました。公明正大な環境にあることも伝わってきました。
大学の講師もされている社長には、学び続けることが大事である旨のお話もいただき、あらためて学ぶ意欲もかきたてられました。

“入社後の現状・新たな目標など”

まずは1年、投資事業部仕入担当としてしっかりとやっていきたいと考えています。
金融出身者が多く、不動産出身者の私は稀な存在。経験を活かして何が提供できるか楽しみです。
週1回の勉強会や有志による勉強会もあると聞きました。積極的に参加し、現在目標としているファイナンシャルプランナーの資格試験の勉強も続けていきます。
ゆくゆくは、他部門の仕事にも挑戦したいですね。居住用物件だけでなく、商業施設等新しいターゲットを手がけるプロジェクトに携われたらと思います。
将来的には、私も投資して自ら不動産の証券化に挑戦できればいいですね。 ​

転職をお考えの方へのメッセージ

転職活動は、自分の足跡を見つめ直すいい機会です。
履歴書や職務経歴書を書くのもいいきっかけになります。私も面倒に思いましたが、過去の職務を思い返し、事実を書き出し、まとめていくうちに、自分の考えや今後どういう方向に進みたいのかという希望も、整理できました。
自分の過去と現状の整理ができれば、あとはたくさん応募をして、ご自分に合った会社を見つけてください。面接で同じ受け答えをしても、評価してくれる会社もあれば不合格の会社もあります。ぜひ、諦めずに最後まで頑張ってください。

キャリアアドバイザーからみた西本さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

バブル崩壊後の不動産業界の厳しい状況下、やむを得ず転職を繰り返してこられた西本さん。不動産営業で培った営業力に加え、他業界での新規開拓営業やマネジメントの経験もお持ちです。広い視野に立ち、ご自身のお考えも整理され、自然体で転職活動に臨まれました。
2ヶ月間フルに納得のいくまで探し続けた転職活動も、今ではご自身の糧になさっていることでしょう。お話していても、虚勢を張ったり取り繕うところがなく、至っておだやか。
いつの間にか相手を引き込んでしまう魅力は入社後すぐに発揮されることでしょう。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る