転職成功者インタビュー営業

カタログ通販会社 新規営業からの転職

28歳 男性 和田さん(仮名)
前職
カタログ通販会社 新規営業
現職
医療機器メーカー 医療機器の営業
「営業の経験を活かしながら、人の役に立つ仕事がしたい」―こんな想いをかなえるために転職活動を開始した和田さん。パソナキャリアに登録し、キャリアアドバイザーと二人三脚で入社試験の対策を行い、見事合格。外資医療機器メーカー営業職に就職が決まり、年収も大幅UPしました。

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

前職は文房具メーカーでの営業で、飛び込み営業から顧客管理までさまざまな経験を積みました。営業成績も好調で表彰もされましたが、会社の「その場だけの売上主義」に疑問を感じるように…。単に売上を伸ばすだけにとどまらない、お客様ともっと深く関わわれる仕事、お客様の身になって考えた提案ができる仕事がしたいと思い、転職を決意しました。
私は学生時代にアメフト部に所属しており、卒業後は整骨院でスポーツトレーナーをしていたこともあるんです。もともと身体や健康について関心を持っており、また、「人の役に立てる仕事をしたい」という気持ちから、医療関係の職に就きたいと考えていました。

“どのように転職活動をされましたか?”

在職中から転職活動を始めました。希望する会社のホームページの採用情報を調べて応募していたのですが、なかなか書類審査に通らなかったんです。「これは自分の書類作成が下手なのが原因かもしれない」と思ったことをきっかけに、人材紹介会社に相談してみよう、と思いました。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

新しい仕事は外資系医療機器メーカーでの営業職です。病院や患者さんとパートナーになれる、やりがいのある仕事だと期待しています。
医療関係の専門的な知識が必要になりますが、今までの経験を活かしながら新しいことが学べることが楽しみです。まだ入社まで期間があるのですが、少しでも早く勉強を始めたい、という気持ちです。将来的にはマネージメント職に就くことも視野にいれて、英語の勉強も始めるつもりです。 ​

転職をお考えの方へのメッセージ

私のように書類の書き方や試験対策に自信がない、という人は人材紹介会社の助けを借りるのがおすすめですね。人材紹介会社には個人では知ることの出来ない求人情報もたくさんありますし、メリットがたくさんあります。それから、転職したいと思ったら早めに行動すること。
前職を辞めて、次の職に就くまでに、どんなに短くても3ヶ月はかかりますから。でも、自分のやりたいことがしっかり固まっているのであれば、転職はスムーズに決まりやすいのではないかと思います。

キャリアアドバイザーからみた和田さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

和田さんは「人の役に立つ仕事がしたい」という強い希望をお持ちの、真面目で実直な性格の持ち主です。新しいことを学び、地道に努力を重ねてキャリアを積んでいきたいという意欲にあふれていて、将来は企業の中核を担うポジションを任せられるポテンシャルをお持ちだと感じました。
今回はご本人の希望にびったりの転職になったと思います。新しい環境でさらなるキャリアアップを目指して欲しいですね。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る