転職成功者インタビュー営業

フリーランス 貿易営業職からの転職

35歳 男性 岡田さん(仮名)
前職
フリーランス 貿易営業職
現職
機械メーカー プロジェクトエンジニア
大学卒業後、企業に一旦就職したものの、かねてからの目標である起業に踏み切った岡田さん。仕事の面白さや経験は身についたが、一人で行うには利益が伴わず再就職を決意。チャレンジ精神旺盛な彼は色々な企業を見てみようと、パソナキャリアに登録。

“転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?”

大学卒業後、核燃料の検査設備や輸送装置等の設計に約10年携わっておりました。
10年が経過して自分の中で一区切りついたという思いと、起業したいという以前からの目標に挑戦するために退職を決意しました。退職後、起業というよりは、フリーランスで知人の貿易関連の手伝いをしたり、自分でもお客様を探し、中古車を海外へ輸出する事業を行っておりました。

“転職を考えたきっかけは何ですか?”

フリーランスとなって、仕事の面白さを実感することや、語学力を身につけることはできたのですが、やはり利益が伴わず、自分の経験と語学力を活かせる会社へ就職をしようと思っていたので、今回の転職活動に至りました。

“どのように転職活動をされましたか?”

インターネット中心に情報収集を行いました。とにかく英語力を活かしたかったので、外資系の企業を希望していました。前職の会社は規模としては大きい方でしたので、せっかく勤務環境を変えるのであれば、小さな規模の会社という条件でキャリアアドバイザーの方に求人の紹介をお願いしました。
今回、人材紹介会社には初めて登録したのですが、自分がどんなステップで転職活動を行うのか、分かりやすく教えていただきました。一人で情報収集するよりも情報量も格段に多く、個人の趣向に走ることもありませんでした。アドバイスをもらって幅広く活動できたと思います。

“今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?”

今回転職が決まったのはヨーロッパに本社を置く車両用ブレーキを扱う企業のエンジニアですが、他に内定をいただいた企業もあり、どちらに行くか迷っていました。もう一社は営業職での内定だったので、エンジニアか営業かという仕事内容の部分でかなり悩みました。結局は今まで携わっていたエンジニアのキャリアを活かして行こうと思い転職を決めました。

“入社後の現状・新たな目標など”

技術分野とはいえ、前職と扱っていた製品もまったく違うので、まずは勉強第一ですね。初めての外資系でもありますし、日本とは異なる ”モノづくり”の哲学に興味があります。今まで培ってきた技術の知識と語学力をフルに活かして会社の期待に応えたいと思っています。 ​

転職をお考えの方へのメッセージ

転職を考えたら焦りは禁物だと思います。あとは色々な話を聞いて吸収すること。人材紹介会社に登録しているのであれば、キャリアアドバイザーに身をゆだねる部分があっても良いのでは?視野も広がるし、行き詰っているところも突破することができます。自分の気づかない引き出しを開けてくれると思いますので、一人で悩まずに相談してみてはいかがでしょうか。

キャリアアドバイザーからみた岡田さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

岡田様は、チャレンジ精神が旺盛で、コミュニケーション力やバランス感覚についても長けており、求人も業務の幅が広がりそうな案件を中心にご紹介しました。
ご来社いただいた当時は自分のやりたいことがまだ漠然としておりましたのでご本人とお話をするうちに彼の志向性というのも分かってきました。 35歳という年齢ではありますが、可能性を想像される方ですので、今後はエンジニアとして色々なプロジェクトを成功させて欲しいですね。

専任アドバイザーがあなたの転職をサポートします。転職サポート登録

転職成功者インタビュー一覧に戻る