スマートフォン版はこちら

女性が本当に働きやすい会社とは?

Fotolia_180685054_S.jpg

今回は、ライフイベントと転職について、取り上げたいと思います。女性には、結婚・出産・育児・介護など、様々なライフイベントが待ち受けています。そして、その時々で、仕事とどう向き合うか問われることになります。

一般的に、日本の女性の労働力率は『M字カーブ』を描くことが知られています。『M字カーブ』とは、結婚・出産期に当たる年代に一旦低下し,育児が落ち着いた時期に再び上昇するグラフの形が、『M』の字形に似ていることから名付けられました。近年では、この『M』の谷の部分がだいぶ浅くなってきているのですが、日々、転職のご相談を受けている立場としては、まだまだ旧態依然だと感じることも多いです。

例えば、先日お会いした30代女性の転職希望者は、社内婚を機に退職を検討されていました。その方の勤め先は、創業数十年の老舗企業だったのですが、社内婚した夫婦はどちらかが退職しなければならないという慣例が残っていました。残念ながら、共働き世帯数が専業主婦世帯数を超えた近年でも、このような慣例が色濃く残っている企業は少なくないのです。

その方もそのまま勤続できたら一番良かったのですが、このような背景から止むを得ず転職を検討されていました。その際、その方が一番重視されたのは、『女性として長期就業できる環境か』という点でした。その点から、弊社にお越しになった時は、大企業ばかり受けていました。

しかし、本当に『大企業=長期就業できる会社』でしょうか?

実は、一概にそうとは言えません。重要なのは、制度そのものではなく、その制度がきちんと運用されているのかという実態なのです。その観点から考えると、大企業に限らず、中堅・中小企業でも、女性活用に力を注いでいる会社や、ワーキングマザーが活躍されている会社はたくさんあります。そしてそのような情報は、ご自身でHPなどで検索するだけでは、なかなかわからないものです。

パソナキャリアでは、女性の転職支援の実績から、そのような会社の実態を含め、転職者にお伝えしています。例に取り上げた女性転職者も、最終的には当社からご紹介した中堅企業に転職し、家庭と両立しながら現在も就業されています。

今後のライフプランを考えるにあたって、何か気になること、ご相談されたいことがあれば、是非パソナキャリアにお声がけください。同じく働く女性として、一緒に考えていければと思います。