スマートフォン版はこちら

年収1000万円の求人が多いのはどんな業種?どの職種?

企業様より、求人のご依頼をいただく場合、その求人に対して想定年収が「●●万円以上~●●万円以下」というような形で条件をいただきます。この条件のうち、最低ラインが1000万円以上の求人について調査を行いました。(調査対象は2013年11月1日時点で求人中となっているポジション)

年収1000万円以上の求人が多い業種・職種は?

アンケート結果をご紹介

業種での内訳を見てみると、医療業界、製造業、IT業界の順となりました。

 

年収1000万円以上求人業種(業界)別のグラフ

 

職種別で見ると、管理部門、医療関連、営業職、マーケティング、コンサルティングと続いています。

 

年収1000万円以上求人職種別のグラフ

 

管理部門の中では、経営企画、営業企画などの事業の中枢にかかわる企画ポジションでの求人ニーズが多く見られました。医療関連では、プロダクトマネージャー、薬事関連、研究開発部門の部長職などの求人ニーズが多く見られました。

エグゼクティブ向けの求人はピンポイントな求人であることが多いので、どういった時期にこういったポジションの採用ニーズが高い、ということは一概には言えません。ただ、傾向のひとつとして、今のタイミングで管理部門系、医療関連職種では1000万円以上の求人が多く見られることも事実です。長期的なキャリア構築や年収アップ計画の参考のひとつとしてください。