スマートフォン版はこちら

「ヘッドハンティング」と「スカウト」のチャンスに備える。

ヘッドハンターがターゲットにするのは、通常の採用活動では見つけにくいエグゼクティブ層やそれぞれの分野のスペシャリストです。企業側の目は、転職の必然性がなく現役で活躍している方に向いています。その際には「自社にどんな付加価値を与えるか」が最も重要な評価基準となります。

ヘッドハンターがターゲットとするのはどんな人?

【ヘッドハンターが求める重要なポイント】

・スペシャリスト:得意分野で第一人者というものがある人
・業界内での実績:所属企業内での突出した実績や貢献の高い人
・変化への対応力:逆境や修羅場経験を乗り越えた実績がある人

ヘッドハンターの目に留まらなければヘッドハンティングはされません。そのためには、ヘッドハンターと知り合うチャンスを作り出さなければなりません。
ヘッドハンターの情報源のほとんどは口コミですので、業界内外を問わず人脈を広げておくことが重要といえるでしょう。また、将来の為にもすぐに転職意向がない場合にもつながりを持っておくとよいでしょう。

一方、「スカウト」は、人材紹介サービスなどに登録しておき、自身のスキルにマッチする求人を紹介してもらうサービスとなります。その場合は、職務経歴の内容を、企業に対して魅力的なものにしておかなければなりません。
人材紹介会社のキャリアアドバイザーの面談を行い、しっかりと自分のスキルをアピールしておくことが重要です。そして、「スカウト」が来るように情報を定期的にアップデートしてくことも忘れずに実行しましょう。