スマートフォン版はこちら

エグゼクティブには「人的スキル」が必要。

企業の評価やイメージは、そこにいる人で決まるといっても過言ではないといえます。経営層や幹部といったエグゼクティブたちは、社内外をとわず、人と接する機会が非常に多く、高い人的スキルを求められるものです。

エグゼクティブ層に求められる「人的スキル」とは?

株主、関連企業、取引先企業、一般消費者、従業員などさまざまなステークホルダーとコミュニケーションをとることが必要であり、より良い関係を築くことが重要となります。様々な言動の場面において「受け取り手の立場」を尊重し、相手が何を知りたいと思っているのかを推測して伝えることが重要となります。

自分の「希望」や「要望」を実現させるためには、相手に正しく分かりやすい「情報」を伝えることが重要となります。そこでは、人としての魅力といえる人的なスキルが求められます。正直であり、嘘をつかずに友好関係を築く姿勢と言った基本的なことが重要です。そこには、ビジネスの話題だけではなく日常の会話を通じたコミュニケーションも非常に有効といえます。

人と接する際には、自己アピールは最小限にとどめ、必要なことをわかりやすく伝える能力が求められるものです。