スマートフォン版はこちら

企業がエグゼクティブを求める理由と期待すること。

「エグゼクティブ」として転職するということは、入社後に準備期間を経て上級マネージャーや役員などとして部門の責任者となることを求められます。一般的には30代後半から50代前半の管理職経験が数年以上ある方が対象となります。

企業がエグゼクティブを求める理由

企業がエグゼクティブ層の人材を求めるケースの具体例

・海外を強化したいが、社内に適任がいない
・次世代を担う人材に不足感がある
・マネージャーを育成するには時間の猶予がない
・新規事業を立ち上げたいが社内にノウハウがない
・組織に新しい風を吹き込みたい
・硬直化した社内の雰囲気を変えたい

採用側企業のトップ達は「評論家やコンサルタントはいらない」と口を揃えます。 これまで積み上げてきた「実績」は重要なポイントではありますが、その経験を活かしていかに「即戦力」となることができるかが採用に際しての最大のポイントとなります。

仕事の進め方、サービスや商品、社風、考え方、歴史など様々な要素が違う環境に入り込み、状況を理解したうえで、そこに溶け込み実績を上げていくことを求められるのです。期待に答えるだけの高い実績を残すには、自分の感情をコントロールする力を持ち、上司や部下はもちろんのこと、関係する部署との良好な関係がを構築することができる人間性も重要です。