スマートフォン版はこちら

経営幹部(上級管理者)に求められるものとは

経営幹部とは社長の代理であり、企業を取り巻く環境の変化を素早く察知し、企業としてどうするべきであるか深慮し行動することが求められます。

経営幹部に必要とされるスキル

経営幹部は、環境の変化をしっかり見据えながら、経営理念やビジョン、中長期の事業計画の達成に向けて自部門の役割を遂行しなければなりません。また、企業のさらなる成長に向けて組織の革新や価値の創造の取り組む強いリーダーシップが必要とされます。

1.分析

企業において自部門、また企業全体を成長に導くためには、様々な情報やデータ、さらには事実関係を多面的な視点で客観的に分析しなければなりません。

2.意思決定

組織全体を考えた判断を下すことが求められます。「ロジカルシンキング」「クリティカルシンキング」を身につけ適切な解決にむけての意思決定を行わなければなりません。

3.コミュニケーション

企業においては物事を進める際に関連する組織は多岐にわたります。業務の中で発生する困難な課題を横断的に解決を図るには「コミュニケーション力」が必要となります。また、組織としてやる気を出させ力を発揮させるためにも必要となります。

4.管理

企業とは関連する全ての組織が正常に機能しないと正しく進みません。その為、事業を運営するにあたっては、問題点や課題などについて全体像を正しく把握し、管理していくことが必要となります。