スマートフォン版はこちら

株式会社アップストリーム・インフィニティの中途採用・求人・転職情報

株式会社アップストリーム・インフィニティの中途採用情報ページです。現在募集中の職種の求人・採用情報や、事業内容、会社概要などをご紹介しています。

株式会社アップストリーム・インフィニティの求人・採用状況・特徴について

■2009年、京都大学の川上浩司教授を中心に設立。がん細胞を標的に攻撃する抗体医薬を開発することを目的として、ペプチドの開発を進めている。メンバーには、大手製薬メーカーやベンチャーでの臨床開発、薬事の経験者など優秀な人材で構成。

■がん細胞の表面には、がんの増殖にかかわっている『EGFR』というタンパク質があり、新薬候補物質はEGFRに結びついて、がん細胞を攻撃する。EGFRにくっつくペプチドと、がんの細胞膜を破壊するペプチドの2種類を組み合わせ、ピンポイントでがん細胞を攻撃することで、副作用が少なく済む。業界内では画期的な技術であり、日経産業新聞でも取り上げられている。
■通常、2種類のペプチドを組み合わせると、それぞれが持つ機能が失われてしまうことが多いが、ペプチドを構成するアミノ酸の配列を工夫することで、それぞれの機能を保つ技術を生み出すことに成功。
■ハイブリッドペプチドを使用するメリットとしては、「薬剤の製造コストを大幅に引き下げられる」点。原料を化学反応させて医薬品を製造する化学合成の手法でつくる。従来の抗体医薬の生産には、培養槽など特殊な製造設

会社概要

事業内容

■医薬品の研究開発事業
(抗がん剤に特化)

※「ハイブリッドペプチド」と呼ばれる技術の実用化の研究が進んでおります
(京都大学:川上浩司教授の研究分野で、同社の顧問を務める)


【日経産業新聞 2009年12月15日 1面にて】
「抗がん剤薬価 1/5を狙う」(抗体薬の特殊製造装置 不要)
バイオベンチャー企業である、アップストリーム・インフィニティは、低価格で高い効き目が期待できる抗がん剤の開発に乗り出す。がん細胞を標的に攻撃するもので、同様の機能を持った抗体医薬とは異なり、特殊な製造設備が不要なため、低コストで生産できる。2011年に臨床試験(治験)を始める予定だ。

設立2009年05月
資本金162百万円
従業員数7人
売上高-
株式公開-

ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

  • CRO・SMO業界・CRC・SMA(37歳・女性)

    きめ細やかな対応と、担当者と企業担当の方の連絡がスムーズだったこと。

  • CRO・SMO業界・CRA(31歳・女性)

    早く対応していただけた点、紹介された求人のマッチ度が非常に高かった。

  • CSO業界・創薬(43歳・男性)

    目先の成果ではなく、クライアントの人生を含めた最善の選択肢を提示してくれたこと。

株式会社アップストリーム・インフィニティに関連するカテゴリから求人を探す

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報をご紹介します。