スマートフォン版はこちら

ティーペック株式会社の特集

医療や健康に関する「安心」を届けるのは丁寧なサポートと人間力

医療や健康に関する問題は社会的にも大きな関心を集めるテーマです。 子供の急な発熱など、専門家の意見を聞いて適切な対応をしたいが、誰に相談すればいいかわからない、という様な状況で困った経験は誰しもあるのではないでしょうか。
ティーペックは、看護師・助産師・医師など医療の専門家が、24時間365日体制で電話での相談に対応するサービスを提供しています。その最前線で働く相談スタッフを積極的に採用しています。 病院とは異なる、より広い意味での医療の現場で活躍する方達の現場の声を伺いました。

職務内容について

当社では現在様々なサービスを提供していますが、ご入社当初は、『ハロー健康相談24』という電話健康相談サービスの担当として勤務して頂こうと考えています。このサービスは24時間年中無休で医師をはじめ医療専門職が常駐して、契約者からのご相談に直接電話でお答えするものです。全社で1ヶ月に60,000件程度の相談が入ります。

時間帯としては17時~22時がピークです。仕事が終わった後、あるいは保育園や幼稚園などから帰ってきたお子様について、30~40代の女性からの相談が増えるためです。それ以外にも、ご自身やご家族の健康問題、中には生命にかかわるような深刻な病気についてのご相談を頂くこともあります。

健康といっても身体に関することだけではなく、メンタル面の相談も増えています。メンタル面の相談はEAPセンターが専門に相談を受けていますが、身体的な特徴と併発しているケースもあるので、ハロー健康相談24のスタッフが対応することもしばしばです。

仕事の進め方について

基本的に「ワンコール・ワンクローズ」のサービスになります。一回の電話で完結することを意識して、相談への対応をして頂きますが、社内には、契約ドクターが日直および当直体制でも待機しており、ケースによっては、ドクターにつないで電話相談をしてもらうこともあります。

1件あたりの対応に要する時間は短い相談であれば2分程度で、平均すると15分~20分程度です。また、単に電話を受けるだけではなく、その内容を社内のシステムに入力していきます。それ以外にも、簡単なワードやエクセル操作、できればパワーポイントまで使用できると仕事がスムースになります。業務に関するマニュアルを作成したり、クライアントごとの注意事項を社内共有のために資料として準備したり。オフィスワークというと大げさですが、タイピングや情報システムを操作して頂く機会は意外と通常の事務職よりも多いかもしれません。

ヘルスカウンセラーの仕事をするにあたり、必要となる能力

まずは『コミュニケーション能力』が非常に重要です。特に電話の声だけの対応なので、ソフトでありながらも相手が安心できる、信頼感が伝わる声と話し方が理想的です。また常に状況判断し、臨機応変に対応できる柔軟性も大切な要素です。さらに知識習得に対し貪欲である事が望ましいです。インターネットが普及したので、一般の方の間でも医療関係の情報や知識が広まってきています。それに対応できなければ、プロのサービスとしては満足していただけないですから、「知らない、分からない」にせず対応することが求められます。

情報があるとはいえ、一般の方は医療に関しては素人であって専門知識をベースにした判断は出来ませんから、そのアドバイスを求めて電話をして頂くことが増えています。対応する私たち自身も、勉強をし続けて新しい医療技術等の情報に常に触れている必要があるかと思います。 産婦人科や眼科など、看護師の方でも勤務経験がないという分野は多いのですが、そういった点についてもご自身で資料を見て調べたり、勉強したりしながら対応して頂く必要があります。

求める経験、人物像

臨床経験が5年以上ある正看護師というのは必須ですが、できれば総合病院で少なくとも3年以上の経験がある方が望ましいです。プリセプター経験があれば尚良いです。

臨床の仕事はハードですしストレスも多い環境かと思いますが、ティーペックの電話相談は決して派手ではなく、地道な作業が多くある仕事です。そういった仕事と理解した上で、何を実現していきたいかを明確に持っている方。看護観や医療観をご自身の言葉で語ることができて、ご自身のキャリアや経歴についてしっかりと説明できる方にご入社頂きたいと考えています。

他人のプライバシーや深刻な悩みを受け止めて、相談に応じる仕事ですから、相談を受ける側の人格や価値観は非常に重要になってきます。 「なんとなく」という安直な転職ではなく、「臨床分野とは異なるサポートやサービスを通じて視野を広げたい」など、ティーペックで勤務をしてどうなりたいかが明確であることは、選考を通じて求めていきます。

やりがいを感じる瞬間は

困った方が助けを求める先として、医療の専門知識を持っているティーペックに問い合わせをしてくる。そして、そこで相談に乗ることで安心を得ることが出来る。そういった社会的意義は、ティーペックの仕事を通じて得られるやりがいとして非常に大きな部分ではないかと思います。

実際にこの仕事をしていると、『病院に行く程ではないけど相談したい事』が世の中には溢れているんだな、と実感します。そして相談を終えた後、『安心しました』『ありがとう』といった感謝のお言葉を頂くと、この仕事をしてよかったとしみじみ思います。

また、電話対応時にはベテランの社員であっても、やはり緊張するものです。業務において、常に精神的に張りを持って臨むことができ、自分で意識して常に向上心を持つことができる仕事でもあります。

就業環境、福利厚生について

ご入社頂いた方には、長期的に働いて欲しいという考えを会社としても強く持っているので、福利厚生には非常に力を入れています。

例えば社宅として独身者用マンション(通勤30分圏内)を多く保有し、家賃相場の半額程度で提供したり、自社サービス(電話健康相談、名医紹介サービス等)を2親等まで利用できたり。また、業務外での病気・ケガ等による就労不能に対し年収の60%を60歳まで支払われるという保険にも全額会社負担で加入しています。 社員教育の面では入社時に30日間マンツーマンでの研修を用意しています。その後の継続研修のメニューも多く用意し、社員のスキルアップ、環境づくりに力を入れています。

転職をお考えの方へメッセージ

電話という声だけのコミュニケーションツールを通じて、生命に関わる深刻な病気の問題や家族の健康に対する相談にお答えいただく仕事です。知識欲や向上心、責任感は持っていただきたいですが、それ以上にやりがいの大きさやこういったサービスがあることの意義を考えて頂ければと思います。

病院での看護師経験とは異なる業務を通じて、医療や看護に関する視野を広げたり深めたりすることに繋がります。それは、いずれは働く側の人間性を高めることにもなります。明確な意思を持って、「ティーペックでの仕事でこういうことが実現できるのではないか」とお考えになった方は、是非ご応募頂ければと思います。