スマートフォン版はこちら

株式会社日立総合計画研究所の中途採用・求人・転職情報

株式会社日立総合計画研究所の中途採用情報ページです。現在募集中の職種の求人・採用情報や、事業内容、会社概要などをご紹介しています。

採用状況・特徴について

日立総研(日立総合計画研究所)は1973年、「ローマクラブ」のメンバーであった駒井健一郎、当時日立製作所会長の発案で設立されました。
当時は、ニクソンショックや第1次オイルショックに伴う混乱で、世界秩序が再構築され始めた時期であり、「ローマクラブ」が「成長の限界」(1972年発表)で、人口増加と環境破壊や資源枯渇により、人類の成長は限界に達すると警鐘をならした時期でした。今日のグローバル社会も、地球環境や資源などへの関心が高まり、積極的対応の必要性が認識される一方、世界経済のけん引役としての新興国のプレゼンスの高さが鮮明になるなど、大きな転換期を迎えているといえるでしょう。このような転換期にあって、将来を展望するシンクタンクの役割が重要性を増しています。
日立総研は、日立グループが有する広範な技術力、長年の経験に基づく知識基盤を背景として、経営に役立つ、より質の高い研究に力を入れて参ります。(HPより)

会社概要

事業内容

■経済、社会、環境、産業など社会科学ならびにその関連分野に関する調査研究およびその受託
■企業経営に関する総合的調査研究およびその受託
■各種事業に関する総合的システムの調査研究およびその受託
■上記項目に関する資料の収集、情報の提供などのサービス業務

設立1973年05月
資本金200百万円
従業員数-
売上高-
株式公開-

株式会社日立総合計画研究所に関連するカテゴリから求人を探す

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報をご紹介します。