スマートフォン版はこちら

LINE Financial株式会社の特集

従来の「金融」とは違う、暮らしの中に溶け込むLINEらしい、ユーザーフレンドリーな新しい「金融サービス」を

2018年1月、LINE Financial株式会社(以下、LINE Financial)は、LINEの金融事業領域強化を目的として設立されました。LINE Financialの母体は、多くのユーザーを持つコミュニケーションサービスを展開する、LINE株式会社(以下、LINE)。LINE Financialは、LINEのユーザー基盤を生かし、生活の中で欠かすことのできない「お金」と「ユーザー」の距離を近づける、新たな金融サービスを世に送り出そうとしています。『金融が変わる。LINEが変える。』をMISSIONとしたLINE Financialが目指すのは、場所や時間にしばられない「自由なお金の移動・交換・投資」。まだ誰も見たことのない「Fintech」の新時代です。
今回は、LINE Financialで金融サービスの企画を担当する荘司氏と小川氏の2名に、LINE Financialが考える今後の金融サービスや仕事のやりがい、働き方についてお話を伺いました。

  • PFMサービス企画チーム 荘司 陽太さん
  • 大手IT企業にて、ネット金融サービスのWEB・アプリ開発ディレクションを担当。クレジットカードやネット証券サービスを手がけた後、2017年にLINEへ入社。LINEバイトなどのサービス企画を経て、LINE Financialに参画。現在は、LINE家計簿のサービス企画を担当している。
  • 証券サービス企画チーム 小川 達樹さん
  • 受託系IT企業にて、WEBアプリのUI/UXデザイン・開発ディレクションに従事。教育アプリ・業務アプリ・組み込みアプリなど、幅広いジャンルに携わった後、2015年にLINEへ入社。LINEバイト、LINEキャリアなどのサービス企画を経て、LINE Financialに参画。現在は、LINE証券のサービス企画を担当している。

少人数でスピード感を持って合理的に開発。「ユーザー視点」でサービスを企画・リリースするだけでなく、「育てる」ところまで参画できる

- まずは、LINE Financialに参画することになったきっかけや、仕事のやりがいについて教えてください。

荘司:私は、LINEのサービス企画を経てLINE Financialに参画したのですが、入社の決め手は、「サービスドリブンな文化」に共感したことです。ネット金融サービスを手がけていた前職と、LINEの仕事の一番の違いもここにあります。前職はどちらかと言えば「ビジネス」を中心に考えており、売上利益をしっかりと出していくことが最優先でした。それに対し、LINEは「サービス」を中心としているんです。つまり、「いかにユーザーが心地よく便利に使えるように、プロダクトを成長させていくか」が最優先。もちろんビジネスとして成立させることは必要ですが、「ユーザー視点」を何より大切にする仕事スタイルが、私にはとても魅力的に映りました。

小川:「ユーザー視点」は、LINEの企画担当者全員が持っている指針と言えますね。企画を考える時、全員が自然とそれを中心に考えているんです。これはとてもいい文化だと、私も仕事をしていく中で実感しました。
私自身がLINEへの転職を決めたのは、「サービスに深く長く関わる仕事がしたい」と思ったからです。と言うのも、前職は請負で幅広い業界のWEB・アプリ開発を手がけてきたのですが、企画提案からリリースまでで終わってしまう案件が多かったんです。そのため、リリース後のユーザーの反応や修正など、「アプリやサービスを育てる」ということは手がけることができなかった。もっとユーザーのフィードバックを受けて、「サービスを育てる」ことがしたい、LINEならそれができると思い、入社しました。

荘司:確かに、企画開発から運用、サービスを育てるところまで携わることができるのは嬉しいですね。私も、前職では分業的な仕事の進め方をしていたので、最後までしっかりとそのサービスに関わっていけることに、手応えを感じながら仕事をしています。

小川:そうですね。私もLINE入社後にLINEバイトなどの企画を経て、LINE Financialに参画することになったのですが、私がLINEで魅力的だと感じていた仕事内容や文化などが、この組織にもしっかりと引き継がれています。さらに、金融はLINEとしても注力している戦略事業ということで、期待値も自由度も高い仕事ができていますね。

荘司:その分、責任もありますが、それもやりがいの一つです。

- 入社して実感した、LINEやLINE Financialの文化「ならでは」の特徴はありますか?

小川:LINEの月間アクティブユーザー数は、現在日本国内で7900万人以上、主要4カ国では1億6500万人を超えています(2018年12月末時点)。LINE Financialが展開するサービスもこのユーザーベースを基盤にしているからこそ、大きな反響・反応をいただきます。私たちは、リリースしたサービスに対するユーザーの反響をとても大切にしているので、インパクトが大きいことは、やりがいにもつながっていると思いますよ。

荘司:そうですね。LINEが多くの方にご利用いただいているおかげで、企画前のリサーチでも、LINEのユーザーの皆さんにアンケート調査を行うなどして多くの声を集めることができます。それによって、よりユーザーに寄り添った機能を考えることができるのは大きな強みですね。加えて社内にもアンケート調査やヒアリングを実施しており、幅広い職種や年齢層の方にご協力いただき多くの意見が集まりますので、とてもありがたいです。

小川:多くの意見が集まることは、「サービスの質の向上」につながります。そういった意味でも「ユーザーのボリューム」はLINEの武器であり、これを活用できる点はLINE Financialの武器とも言えますね。

- 仕事の進め方に関しては、どんな特徴がありますか?

小川:サービスの規模の割に、少数でスピーディーに仕事を進めていることが特徴だと思います。入社して、それぞれのチームのメンバーの少なさに驚きました。何百万人が利用しているサービスだとしても、数名のチームで企画を担当していることが稀ではありません。その分、一人一人が明確な役割を持ち、合理的に仕事を進めています。

荘司:私も、そこには驚きました。「少数精鋭だからこそ、スピード感のある仕事ができているんだ」と入社直後に感じたのを覚えています。前職では大きな組織で動くことが多かったので、何をするにも決定までに時間がかかったのですが、ここでは現場で決めたことをすぐに動かすことができる。それが「今欲しいサービス」をユーザーに提供できる理由であり、満足度向上にもつながっているんだと思います。

小川:そうですね。もちろん、必要に応じ時間をかけて進めるものもありますが、これは、現場にある程度裁量があるからこそ、実現できていることだと思います。

- 社内コミュニケーションは、やはりLINEで行っているのですか?

小川:そうですね。メールや他のチャットツールも使いますが、プロジェクトごとにLINEグループを作って、そこで話し合いをしているものもあります。対面しないからといって、決して無機質なコミュニケーションではないんですよ。みんな上手にスタンプを使ったりして、ちゃんと会話に温度感があります。

荘司:確かに。冷たい感じはしないですね。例えば、「これっていつ決定したんだっけ?」と聞くと、すぐに関連したものを共有してくれたり、答えを教えてくれたり……ネットのスピード感と人の温度感のバランスがとてもいいんです。

小川:そうそう。ここに入社して、ビジネス上で使用する「LINEの良さ」を発見しましたね。無機質に見えてしまう会話のやりとりも、スタンプ一つで場を和ませたり、気持ちをきちんと伝えたりすることができる。とても良いツールだと思います。

荘司:また、これも「LINEの文化」と言えると思うのですが、スピード感を持ってカジュアルに進められているように見える裏側で、一つ一つの作業をしっかりと「ドキュメント化する」動きがあります。恐らく、こういった動きもサービスの質の向上や、社員の働きやすさにつながっていますね。大切なことはきちんとドキュメントにまとめて、関連のメンバーが見られる場所に保管されています。

小川:確かに、社内システムもユーザー視点で使いやすく、とても合理的にできていますね。だからこそ、みんな進んでドキュメント化する、そんな良い循環ができているんだと思います。

それぞれの得意分野を生かし、未来の「暮らしと金融をつなぐプラットフォーム」を創造する

- 「これまで培ったスキルや経験が、今の仕事に生きている」と感じることはありますか?

小川:前職では、仕事を得るために多くのコンペに参加してきました。相手に伝えたいことをビジュアライズして、いかに分かりやすく表現するかなど、スピーディーに理解してもらうためのスキルを、100本ノックのように鍛えていたんです。その力はここでも役立ってくれていると思います。

荘司:ここでの仕事は「速さ」が重要な要素のひとつなので、瞬時に理解・判断できる材料をプロジェクトメンバーに提供することは、とても大切なスキルですよね。むしろ、それができないと、自分の思った方向に仕事を進められなかったりします。
自分自身が役立っていると感じるのは、前職でも金融分野を担当していたので、その基礎知識やノウハウでしょうか。企画段階で、ある程度の金融リテラシーをくむことができます。ただ、私が今所属する「LINE家計簿」のチームは、金融の専門家ばかりが集まっているわけではないんですよ。だからこそ、別分野のエキスパートたちからの意見はとても新鮮で、よりユーザーに近い。ですので、メンバーの意見もとても大事ですし、そのチームだからこそ「新しい金融サービス」を作ることができると期待しています。

小川:確かに、金融サービスの企画チームには純粋に金融出身というメンバーは少ないですね。HRやマーケティング分野で活躍していた人など、経歴はそれぞれ違っています。異なるバックボーンを持っているからこそ、それぞれがこれまでの経験の中で培ってきたスキルを生かしたり、補い合ったりしながら、互いに力を発揮しているんです。

- LINE Financialだからこそできる「新しい金融サービス」とはどのようなものですか?そして、お二人が実現したいこととは……?

荘司:現状、世界における日本の金融リテラシーは低いと言えます。それは、日本がお金の流れに関する知識や判断力を必要としない社会システムを持っていたから。医療や年金制度が手厚く、生きていく上でお金に関する知識を一人一人が持たなくてはならない状況ではなかったんです。しかし、これからの時代、今までのように制度に頼って生きていくことが難しくなってくるはず。そこで、必要なのが「金融に関する正しい知識と情報」です。私たちは、それをユーザーに分かりやすく、使いやすい方法で提供できるサービスを作ろうとしています。

小川:私自身、これまでの人生では、金融に全く触れていませんでした。「金融?何それ、難しそう……」と、その世界に踏む込むことをためらってしまう側の人間だったんです。でも、LINE Financialで金融サービスに関わるようになり、その気持ちが一気に変化しました。今では、「自分の子どもには、早くからお金の流れや仕組みを教えておこう!」「自分の子どもたちが暮らす未来がより良くなるように頑張ろう!」と意気込んでいます。お金の流れは、今後生きていく上で絶対に必要な知識であり、理解していた方が人生はより豊かになるはずなんです。だからこそ、人々にとって本当に使いやすいサービスを展開し、誰もが金融の世界に踏み込みやすいシステムを作っていけたらと思っています。
「金融」というと難しく感じる方も多いと思いますが、お金は生活に密着した存在です。モノを買う、電車に乗る、給料をもらう……など、生活の中に必ずお金は存在しています。だからこそ、その流れを視覚化したりデータ化したりして、簡単に分かりやすくし、自分を巡るお金の流れに気付いて、興味を持ってほしいですね。

荘司:例えば、家計簿をつけている人は日々のお金の流れを感じているはずですが、家計簿をつけるのも実はかなりハードルが高いですよね。こまめに入力することに疲れて挫折する人も多いはず。だからこそ、そういった「面倒なハードル」をどんどん取り払っていきたいと思っています。

小川:自分のお金の管理が上手くできるようになると、余剰資金が生まれてきます。それを投資などに活用し、好きな企業を応援するなどのアクションを起こせば、自分を取り巻く社会全体がぐっと身近になる。そうすることで視野が広がり、人生はより豊かになるはずです。私たちの提供するサービスを使うことで、そういった金融サイクルの中に、より多くの人が参加できるようになればと思っています。
既に、LINE Financialといくつかのパートナー企業との業務提携が発表されていますが、例えばその一つである野村ホールディングス株式会社は、金融分野のエキスパートです。そういった企業と、コミュニケーションサービス分野のエキスパートであるLINEが手を組んで、今、誰もが使いやすい金融サービスをLINE Financialで作っている最中です。

荘司:目指すのは、「暮らしと金融をつなぐプラットフォーム」となる金融サービスですね。

小川:そのサービスをきっかけに、みんなが簡単に、そして当たり前に金融システムを活用していくことのできる世の中を作っていければと思います。

※本記事は、2019/4/15に公開されています。記事の内容については掲載時点のものとなりますので予めご了承ください。

関連記事