スマートフォン版はこちら

LINE Financial株式会社の特集

卓越したチームワークと多様な働き方を支えるのは、カジュアルさの中にある「仕事への信念」

2018年1月、LINE株式会社(以下、LINE)によって設立されたLINE Financial株式会社(以下、LINE Financial)は、母体であるLINEのユーザー基盤を生かし、生活の中で欠かすことのできない「お金」と「ユーザー」の距離を近づける、新たな金融サービスを世に送り出そうとしています。目指すのは、「暮らしと金融をつなぐプラットフォーム」。「ユーザー視点」を何よりも大事にするLINE Financialのメンバーたちは、今、どのような環境の中で、そのサービスを作っているのでしょうか。
今回は、LINE Financialの働く環境、人、文化について、金融サービス企画を担当する荘司氏と小川氏の2名にお話をうかがいました。

  • PFMサービス企画チーム 荘司 陽太さん
  • 大手IT企業にて、ネット金融サービスのWEB・アプリ開発ディレクションを担当。クレジットカードやネット証券サービスを手がけた後、2017年にLINEへ入社。LINEバイトなどのサービス企画を経て、LINE Financialに参画。現在は、LINE家計簿のサービス企画を担当している。
  • 証券サービス企画チーム 小川 達樹さん
  • 受託系IT企業にて、WEBアプリのUI/UXデザイン・開発ディレクションに従事。教育アプリ・業務アプリ・組み込みアプリなど、幅広いジャンルに携わった後、2015年にLINEへ入社。LINEバイト、LINEキャリアなどのサービス企画を経て、LINE Financialに参画。現在は、LINE証券のサービス企画を担当している。

新しいサービスや技術に敏感で貪欲。あらゆることを「自分事」として捉えるメンバーたちがいます

- LINE Financialではどんな人が働いているのか、メンバーの特徴について教えていただけますか?

小川:LINE Financialに限らず全社的に、新しい技術やサービスへの感度が高い人が多いですね。みんながアンテナを常に張っていて、何か面白いものを見つけたら、グループLINEなどでどんどん共有しています。

荘司:みんな、すぐに試して他の人にレビューしていますよね。「このサービス試してみたんだけど、ここが良かったよ。ここは使いにくかったかも」など、実体験を添えて報告してくれるので、とても参考になります。どんな数値やデータよりも、実体験に勝るものはないので。

小川:実際に試してみてこそ、ユーザー像を自分の中にリアルに取り込むことができます。その感覚を全員が大事にしていますね。何事も「自分事」にしてしまう。そうすることで、自分以外の家族、友人など、身近な存在をも「ユーザー」として捉え、その視点からサービスの精度をさらに上げることが可能になっているんです。

荘司:そうですね。そして多くのメンバーが、世の中にある『ちょっとした不便』を解消したいという心を持っている。「自分の手で、もっと人々が便利だと感じるソリューションを作り出したい」と思っているからこそ、新しい情報やサービスに敏感で、迷わずその渦中に入っていくんだと思います。

小川:あとは、積極的にコミュニケーションをとり、意志を持って人を巻き込みながら仕事をする人が多いですね。

荘司:実は、私は入社直後それが苦手で、一人で黙々と仕事を進めようとしていたのですが、周囲のメンバーの動き方を見て、「これじゃ、ダメだな」と感じました。より合理的に、よりスピーディーに仕事を進めるには、自分の得意分野と他のメンバーの得意分野をうまく絡めて仕事を進めていくことが一番。LINE Financialのメンバーはこれがとても上手なんですよ。

小川:一人でできることは限られていますからね。相談したり、巻き込んだりしながら、協働していくことが大事。そういった働き方をする文化が、ここにはあると思います。

「育休Wiki」や「Welcome Wiki」。働きやすさを支える、ユーザーファーストの「ドキュメント文化」

- その他、LINEならではの文化はありますか?

荘司:先ほどもお話した社内の「ドキュメント文化」には、とても助けられていますね。この会社では、あらゆることをしっかりドキュメントとして残しておこうという文化が根づいていますが、その範囲は社内ルールやシステム、さらには仕事のプロジェクト管理まで幅広い。ルールが属人化しないよう、社員が見られる場所にきちんと記録、保存されているんです。私が入社した際によく参照していたのは、「Welcome Wiki」。入社して、まずやらなければならない社内の手続きやルールなどがそこにいけばすぐに確認できます。これは、心強かったですね。

小川:「育休Wiki」などもありますね。そこにアクセスすれば、育休を取る際に誰に何を相談し、どんな申請や手続き、提出書類が必要か、業務調整の仕方など、育休に入るまでの道のりを示してくれているんです。

荘司:私は、近々育休を取る予定なので、「育休Wiki」にはとてもお世話になりました。これは、先に育休を取った先輩が、これから続く人たちのために、と作ってくれた自作のものです。「誰かに言われたから仕方なく」ではなく、「実体験を次につなげよう」「誰かの役に立つはずだから残そう」と自然に思える職場環境。それは素晴らしいことだと思います。

小川:人事部や管理部門で作成している会社公式のWiki、社員が実体験をもとに自主的に作ったWiki、プロジェクト単位の仕事の進め方に関するWikiなど、数多くのドキュメントが存在しています。それでも「ユーザー視点」を重視することで煩雑にならず、誰でも使いやすい仕組みになっているところがLINEらしいな、と思います。ホスピタリティがある人が多いと思いますね。

荘司:前職でもドキュメント管理はしていましたが、それぞれのプロジェクトや部署ごとに保管方法や形式はバラバラでした。それがここでは統一されていて、誰もがすぐにキャッチアップできるようになっているのが、とてもいいですね。仕事においても、社内のWikiを閲覧することで、ビジネス本よりも最新の成功例、失敗例、データ分析や効果検証の結果といった、あらゆる情報、ノウハウを学ぶことができます。

小川:その他の特徴的な文化と言えば、「現場主義」なところですかね。経営陣やサポートスタッフが開発現場における「働きやすさ」をとても重要視してくれるので、新規のシステムやサービスの導入がとても速いんです。それを導入することで、現場がよりスピーディーに働きやすくなるのなら……と、いいものはすぐに導入してくれます。

荘司:そのおかげで、仕事環境に関してのストレスはほとんどないですね。

- 現在所属しているチームの構成やメンバーについて教えてください。

小川:LINE Financialサービス企画チームのメンバーは現在14名です(※2019年3月現在)。男女比はおおよそ5:5。年齢で言うと、20代と30代のメンバーが多くなっています。先ほども少しお話しましたが、経歴はそれぞれ違っていて、得意分野も違います。「分析が得意」「情報設計・画面設計が得意」など、個々のスキルを生かし合いながら、最大のパフォーマンスを発揮できるよう努めています。

荘司:それぞれが補填し合う関係性が出来上がっていますね。それは、スキル面においても、働き方においても言えることです。メンバー内には、アクティブ層の若手もいれば、我々のように家庭を持つ子育て世代もいるのですが、それぞれの事情を汲み取り、働く時間などを柔軟に許容、尊重し合いながら仕事をしています。

「いいモノを作りたい」という信念を共有することで生まれる信頼感があるからこそ、多様な働き方が当たり前に

- 具体的に言うと、皆さんどのような働き方をしているのでしょうか? ワークライフバランスについて、教えてください。

小川:私は、毎朝子どもを幼稚園に送迎してから仕事に向かうので、会社には10:30頃に到着。出社が遅くても、夜もほぼ毎日子どもと触れ合える時間を取れる時間には帰れていますし、今の働き方にはとても満足しています。

荘司:子どもと一緒に過ごせる時間は限られていますからね。そういった働き方を若手メンバーも理解していますし、誰もそこに関して不満を持ったり、疑問を抱いたりはしていないと思います。若手メンバーも仕事終わりに福利厚生で優待利用できるジムに行ったり、フットサルやボードゲームなど、会社のサークル活動に参加したり、充実したライフスタイルを送っていると思います。

小川:会社からチーム交流などに活用できるコミュニケーション費用が出るので、そういったものを利用してチームランチに行ったりして、お互いの状況を適宜語り合っているメンバーも多いですね。みんなそれぞれの大事なものを尊重し、働く時間に関しては寛容ですが、誰も仕事には妥協していません。「より良いサービスを作りたい」という気持ちを共有しているので、それが信頼感を生んでいるように思います。

荘司:そうですね。その信頼があるから、働くスタイルが違っていてもギスギスすることがないのかもしれません。先日私が、「育休1カ月とります!」とメッセージした時も、みんなの反応は「はーい。OKです!」、「了解。いつから?」など、いたってシンプル。この会社では、男性でも育休を取ることが当たり前なんだな、と改めて実感しました。その後の手続きや引き継ぎ、人員手配なども実にテキパキと進んでいきましたね。

小川:そうそう。育休から復職する際の支援体制が社内にありますし、そういった情報も事前に確認できるので、彼は安心して育児に専念ができるというわけです。ぜひ、楽しんできてください。

荘司:ありがとうございます。楽しんできます。

- 最後に、「LINE Financialで活躍できる人」とは、どんな人だと思いますか?

小川:粘り強い人ですね。ここでの仕事は、0(ゼロ)からサービスを作り上げる仕事。さらにいえば、「作って終了」ではなく、そのサービスを育てるところまで携わります。ゴールにたどり着いたと思っても、その先には新たな課題があり、次のゴールが遠くにまた見えてくる。その果てしない道のりを進んでいかなければいけないので、継続できる強さがないと務まらないと思います。

荘司:その長い道のりを楽しめる人なら、きっと活躍できますよね。

小川:マラソンが得意……とかかな?

荘司:まさにそれですね(笑)。そして、日々の小さな「不便さ」を無視せず、「もっと便利にしたい」と考えられる人に向いている仕事だと思います。実際に、そういう人がLINE Financialには集まっていますね。

小川:そうですね。それから、母体のLINE同様、LINE Financialも会社や仕事のスタイルがどんどん変化していく会社です。それは、「今、ここにあるニーズ」にリアルタイムで応えるためには必要なこと。だからこそ、「変化を楽しめる人」がこの会社には合っていると思います。

荘司:むしろ、変化しないことに危機感を抱くくらいに、「一緒に変化していける人」がいいかもしれませんね。あとは、優しくて、明るい人かな。

小川:「優しさ」と「明るさ」は、とても大切。メンバーや周囲を思いやって一緒に仕事を進め、どんな苦境でも明るく解決策を探すことができる人と一緒に働けるとうれしいですね。

荘司:事業を育てる環境も、自分自身が成長できる仕組みも整っているので、「新しい金融サービス」を私も作ってみたいという方は、ぜひ一緒に働きましょう。

小川:「LINEでつながっている家族や友人、身近な人の暮らしを豊かにする金融サービスを一緒に作っていきたい」という気持ちを持つ、心強いメンバーをお待ちしています。

----------
LINE Financialの「仕事」についてお伺いした前編の記事は、こちらからご覧いただけます。
----------

※本記事は、2019/4/26に公開されています。記事の内容については掲載時点のものとなりますので予めご了承ください。

関連記事