はたラボ

こだわりは、「仕事の時間が美しく流れているかどうか」――働き方評論家・大学教員として活動する常見陽平さんが語る「時間の使い方」(後編)

何事も全力に見える人は、どんな時間の使い方をしているのだろうか。仕事における「時間の使い方の秘訣」を常見陽平さんにお伺いしたところ、「いかに時間を美しく流れるように設計するか」をモットーにしていることがわかった。(詳しくは、前編を参照)今…

こだわりは、「仕事の時間が美しく流れているかどうか」―― 働き方評論家・大学教員として活動する常見陽平さんが語る「時間の使い方」(前編)

何事も全力に見える人が、あなたの周りにもいないだろうか。仕事に家事に育児、そして趣味までも。1日24時間と決まっている中で、一体彼らはどんな時間の使い方をしているのか、その秘訣を聞いてみることにした。 今回奥義を伝授してくれたのは、千葉商科大…

大企業→インド→チームラボ→しいたけで起業 しいたけで世界平和を目論む「椎茸祭」代表・竹村賢人さん|クレイジーワーカーの世界

しいたけで世界平和を目論む「椎茸祭」代表・竹村賢人さん。新卒で大企業に入社するも、すぐに退職。キャリアに悩んでインドに渡り、再起するも、務めていた事業所の閉鎖で日本へ帰国。その後はチームラボでデジタルアートに携わったり、会社を作ったり……。…

4冊の本が教えてくれたこと 日本一生徒数の多い社会講師・伊藤賀一|私のバイブル

自分の愛するコンテンツ(=バイブル)を、自身の生き方や人生と共に紹介してもらう連載企画「私のバイブル」。今回は「教室が揺れる」と評され、日本一生徒の多い社会科講師として人気を博している伊藤賀一先生の人生を動かした4冊の本を紹介

おもしろ部署探訪~森永製菓 新領域創造事業部~新規事業が会社にもたらす大切なものとは?(後編)

世の中にはさまざまな仕事がある。一見すると同じ部署名でも、企業の数だけ手掛ける仕事内容は多様なうえに、企業や社会における役割も異なる。この連載では、そんな世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシ…

おもしろ部署探訪~森永製菓 新領域創造事業部~新規事業が会社にもたらす大切なものとは?(前編)

世の中にはさまざまな仕事がある。一見すると同じ部署名でも、企業の数だけ手掛ける仕事内容は多様なうえに、企業や社会における役割も異なる。この連載では、そんな世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシ…

世界のVIPの心を掴む、超一流の気配りとは? プロフェッショナル執事・新井直之さん |この「忖度」がスゴい!

世界中の資産家やビジネスエリートを顧客に持つ、プロ執事の新井直之さん。一流のサービスを受けることに慣れたVIPに対し、それを上回る仕事で信頼を得てきた新井さんの「忖度の力」を聞いた。

「相談できない上司」にならないために ―― 1on1ミーティングで部下の本音を引き出す方法を若者との対話のプロに聞いた

1on1ミーティングを取り入れる企業が増えている。ヤフーが2012年から導入したことをきっかけに、ビジネスの世界で注目され始めたこの面談のやり方。主に、マネジメント層の上司が部下と1対1で対話することで、部下の指導・育成を行うのが目的だ。 しかし、上…

「コミュ力」と「孤独力」が鍵 珍獣ハンター・平坂寛のハンティングから学ぶ仕事術

「ハンティングに必要な能力とビジネスに生かせる能力は似ている」珍獣ハンターとして様々な生物を捕獲、試食、紹介まで行う平坂寛さんにハンティングから学べる仕事術を教えてもらいました。

自分に向いている「本来の仕事」とは?20代・30代に伝えたい、コミュニティーで実践する無理しないキャリアアップ術

コミュニティーへの注目が再び集まっている。以前から朝活や異業種交流会、ビジネススクールなど、会社の外で学ぶ機会はあったが、最新のコミュニティーは特に20代から30代のスキルアップ、キャリアアップしたいと考える若手ビジネスパーソンを惹きつけてい…

「烈海王になりたい」筋肉、コスプレ、法曹の三足の草鞋をストイックにこなす弁護士・小林航太さん|クレイジーワーカーの世界

NHK「みんなで筋肉体操」で、謎の筋肉弁護士として出演した小林さん。仕事と趣味を力いっぱい謳歌する、小林さんの生きざまに迫る。

「接客中はIQ500で」 銀座で愛され続ける一流クラブ「稲葉」オーナーママ・白坂亜紀さんの気配り|この「忖度」がスゴい!

銀座のクラブ「稲葉」のオーナーママである白坂亜紀さん。大学生でこの道に入り、約30年。ホステスにとってのメジャーリーグと呼ばれる銀座で選ばれ続けてきた白坂ママの「忖度の力」について聞いた。

仕事で忙しい日にもぴったり、まな板いらずの簡単レシピ だし愛好家・梅津有希子さん

だし愛好家の梅津有希子さんが、「ごほうびごはん」「お疲れごはん」「すぐ寝るごはん」という3つのコンセプトで、まな板いらずの簡単レシピを紹介します。ささっと作れるので、仕事で忙しい日にもぴったりです。

書を捨て谷に出よう!2つの世界を行き来するワーク・ライフ・バランスのすすめ(寄稿:皆川典久)

東京の凹凸地形に着目したマニアックな会「東京スリバチ学会」の会長である皆川さんが、趣味の世界と仕事の世界をダイナミックかつ、楽しみながら行き来するワーク・ライフ・バランスについて教えてくれました。

「文化としての速記符号を残したい」速記者・保坂正春さん |クレイジーワーカーの世界

40年にわたり、速記者という仕事一筋に向き合ってきた保坂さん。速記にかける思いを存分に語っていただいた。

音に乗せたオーケストラの思いを汲み、最高の表現を目指す指揮者・川瀬賢太郎さん|この「忖度」がスゴい!

「忖度」という言葉は、忌むべきものとして用いられるようになったが、本来は「他者の心情を推し量り、配慮する」ことを指す。指揮者の川瀬賢太郎さんも「演奏家たちへの心配り」を働かせることで、オーケストラと良好な関係を築いてきた。そんな若きマエス…

24時間365日、愛する猫たちと過ごす仕事をする覚悟 ネコリパブリック首相・河瀬麻花さん

「趣味は猫」「3日猫に触れないと発狂する」大の猫好きが高じて保護猫カフェ「ネコリパブリック」の首相を務める河瀬麻花さん。趣味を仕事にした彼女の働き方について伺いました。

輝かしい「ニコラ」モデルから、「息するトルソー」へ 広告モデル・日笠麗奈が乗り越えた葛藤

「ニコモ」から広告モデルへ。中高生のカリスマからスーパーのチラシや洋品店のカタログモデルに転身した日笠麗奈さんの仕事への考え方、思いとは?

ビジネスの場面で役立つ文房具5選 文具ソムリエールに聞いてみた

毎日のように降りかかる事務作業や会議などの仕事。身の回りにある持ち物を買い替えて、それぞれの作業がちょっとラクになったら、もっと楽しくなるのかも? そこで今回は、文具ソムリエールとして活躍する菅未里(かん・みさと)さんに、ビジネスの場面で役…

ゆとり世代・さとり世代の後輩を上手に指導する方法は? ほめ方のプロ、ホメシカ先生が教える「サンドイッチ話法」

新年度を迎えてはや4カ月。昨今の新社会人は「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれ、30代以上のビジネスマンとは異なる価値観をもつ傾向があるため、後輩や部下への指導に手を焼いている人もいるのでは? そこで今回は、国際コーチ連盟認定マスターコーチで…

全力で社会人にプリキュアを勧めるプレゼン資料を作った【作成の基本ノウハウ付き】

プリキュアへの愛がたくさん詰まったプレゼン資料を全力で筆者が作りました。見やすくて分かりやすい資料作成の基本も解説しています。

「常に最善の準備で先手必勝を」スタント界の生きる伝説・髙橋勝大さん|クレイジーワーカーの世界

スタントマンとして50年前から活躍し、日本スタント界のパイオニアである「タカハシレーシング」のボス・髙橋勝大さんに仕事の哲学を伺いました。

やりたい仕事が分からなくてもいい、歩んだ足跡を愛せるなら。|精神科医から君へ(寄稿:熊代亨)

「やりたい仕事がない」「自分のキャリアが分からない」――そんな思いを抱えながら働くのは、恥ずべきことなのでしょうか? 精神科医のシロクマ先生こと、熊代亨さんによる寄稿です。

「好き」に囲まれた棋士人生から伝えられること|プロ棋士から君へ(寄稿:遠山雄亮)

自分の「好き」を集めて、「好き」に囲まれて生きてほしい。「好き」を仕事にする上で、「好き」との付き合い方とは? プロ棋士、遠山雄亮から君へ

プロから盗む仕事術 〜教えて!里崎智也センパイ〜

プロフェッショナルーー特に「トッププロ」とは仕事というものをどのように捉えているのだろうか。例えば、プロ野球の世界では? 独特な仕事観を携え、売れっ子解説者となった里崎智也さんの仕事術を紐解きます。

仕事を続けられているのは、 あの時の『気づき』があったから【フリーのデザイナーから、君へ】

デザイナーとして活躍し続けるkazuhotelさんが「気づき」の大切さ。とご自身の経験から自信を持って働く上で重要になった「気づき」を紹介していただきました。

徒弟制度に憧れ帰化。筋肉と庭園を愛する庭師、村雨辰剛さん |クレイジーワーカーの世界

少しはみだした「クレイジーワーカー」の仕事、人生に迫る連載企画。今回は、日本人として生きていくためスウェーデンから帰化した村雨辰剛さん。日本庭園と筋肉への愛情がほとばしります。

「30代は欲張りに」 83歳の美容研究家・小林照子さんに学ぶ、仕事を楽しむマインドのつくり方

小林照子さんは23歳で化粧品メーカー「コーセー」に入社して以降、60年以上にわたって美容業界の第一線にいる。50歳で同社初の女性取締役に就任するなど華々しいキャリアを重ねたのち、56歳で「美・ファイン研究所」を設立。83歳となった今もなお、現役の美…

自宅で簡単! シャツについたカレー・ワイン・油性ボールペンのシミを落としてみた

せっかくシャツを新調したのに、食べ物をこぼしたり、ペンのシミをつくってしまったりしたことはないだろうか。洗濯機で洗ってみたものの汚れが落ちず、そのうちクリーニングに出すつもりが面倒くさくなり、そのままタンスの肥やしになってしまったりして………

仕事を好きになる必要はない。でも誠実であれ。|中年会社員から君へ(寄稿:フミコフミオ)

働くってどういうこと?仕事や会社ってなに?悩める社会人のみなさんに、さまざまなバックグラウンドを持つブロガーさんたちが、それぞれの経験からくる言葉を贈ります。フミコフミオさんの営業マン人生から「見えたこと」とは?

美文字がビジネスに効く? きれいで大人の落ち着きのある文字を書くコツ

ノートや伝言メモ、あて名書きなど、日常生活でさりげなく文字をきれいに書ける人にあこがれる。なぜなら、わたしの普段の文字はこんな感じだから。 ギリギリ読めなくはないはずだが、もしそのあたりにこのノートが捨てられていても「私がこの字を書きました…

「やりたくないことを続けることはリスク」 andu amet代表の鮫島弘子さんが語る、幸せになるための働き方

仕事で経験やスキルを磨くためには、ある程度の我慢や苦労は避けられないのかもしれない。しかし、仕事に全くと言っていいほど面白さや楽しさ、やりがいを感じられない場合は、少し立ち止まって考える時間を設けるのがよいだろう。 今回は世界最高峰の羊革「…

ビジネスメールの「定型句」をアップデート! 仕事相手に伝わる言葉の上手な選び方

「お世話になります」「ありがとうございました」「どうぞよろしくお願いいたします」 ビジネスメールでこういったフレーズを使うことは、社会人にとって基本のマナーだ。しかし、いつの間にか仕事に慣れてくるうちに、同じような言葉を繰り返しすぎていない…

算数力がビジネスのカギを握る? 「確率」「平均」「パーセント」の正しい理解と計算法

「確率」「平均」「パーセント」など、ビジネスシーンではごく当たり前にこういった数値が計算され、企画書などにも明記されている。こういった数字の扱いは簡単だと思われがちだが、実は間違って使われていることも少なくないようだ。 具体的にどのようなケ…

大人こそ活用すべき! 仕事を高速化する「時間割」の効用

「タスクが多すぎてこなせず、いつも定時に終わらない」「やりたいことがたくさんあるのに時間が足りない」……。雑誌の特集でも書店のビジネスコーナーでも、「タイムマネジメント」「時間管理術」「スケジューリング」といったワードが並び、ビジネスパーソ…

羽田空港が“世界一清潔な空港”であり続ける理由 ベテラン清掃員・新津春子さん「モノと人へのやさしさと、ちょっとの工夫で仕事は楽しくなる」

イギリスの「SKYTRAX社」が毎年発表しているランキングによると、羽田空港は世界にある550以上の空港のなかで、“最も清潔な空港”だそう。しかも、2013年・2014年・2016年・2017年と、たった5年間で4回もの頂点を経験している。 年間8000万人以上が利用する羽…

落ち込んだときからマネジメントを学びたいときまで、ビジネスパーソンにおすすめのマンガ5選

「失敗から立ち直れない」「モチベーションが上がらない」「部下の教育方法に悩んでいる」など、仕事で何らかの壁にぶつかったとき、あなたならどうするだろうか。 「マンガは小説や映画、実用書などに比べて、読書の区切りをつけやすく、わずかな移動時間で…

テレビ番組の演出に学ぶ! 「伝わる」プレゼンテーションの技術

取引先への新規商品を売り込んだり、社内会議で企画を通したりと、ビジネスの現場ではプレゼンテーションの能力が欠かせない。その際に必要になるのが「伝えるための技術」である。人の心をつかむための実践的なノウハウこそ、ビジネスパーソンにとって必須…

「建て前だけではつまらない」 読める音楽マガジン「BASEMENT-TIMES」編集長が話す嫌われてもいい理由

本音と建て前。これらをうまく使いこなすのは、社会人にとって、生きていくうえでも必要なスキルだろう。しかし、「本当にうまく使いこなせてもいいのだろうか?」と、時には悩むこともある。 ▼女、全員miwa嫌い説 ▼インタビュー!東京カランコロン、メジャ…

大人の秘密基地で会社帰りに遊んでく? 中野ホビーバー「プロフェッサーTK」潜入記

仕事が終わって、まっすぐ自宅に帰らない「フラリーマン」。働き方改革で仕事が早く終わったけど、家に早く帰るのもなんだか気が進まない。そんな人たちが外で時間をつぶしているそうだ。 せっかくできた余暇の時間、なんとなく過ごしてしまってはもったいな…

「営業に向いていない人はいない!」 えりたの絵日記著者に聞く、営業職のおもしろみとは?

会社にとって、なくてはならない売り上げ。これをしっかり上げるのが営業職の役割だ。高いコミュニケーション能力と強い忍耐力が求められる職種のひとつだが、「私には向いていない……」と壁にぶつかった経験者もいるだろう。 入社1年目、広告会社で求人広告…

バブル期から半減!景気動向とビジネスパーソンのお小遣いの相関関係を探ってみた

スキルアップのためのセミナーや同僚との食事、リフレッシュのための趣味など、誰しも生活費以外の支出は少なからずあるだろう。何も考えずにたくさん使えればうれしいが、限られた給料で本能の赴くままに散財するのは破産への一本道である。 そこで今回は、…

仕事に役立つ情報収集のコツは? 時事芸人・プチ鹿島さんが実践する「新聞の読み方」

速報性と拡散力に優れたネットニュース、ながら作業でも気軽に視聴できるテレビのワイドショーや報道番組など、私たちを取り巻く情報源は一見、実に多種多様である。しかしそれらのニュースは、元をたどれば「新聞」がソースであることは少なくない。政治経…

2018年こそ脱三日坊主! 行動習慣コンサルタントに聞く「継続」のコツ

心機一転、何かに挑戦したい――。ビジネスのスキルアップはもちろん、プライベートでの運動やダイエットでも、目標を立てて何かに取り組むと、人生はより豊かになっていくだろう。しかし、その挑戦内容を、習慣化し、継続していくのは難しい。先延ばししたり…

どっちが上席でどっちが末席? 席次のルーツと失礼のないマナーとは

ビジネスパーソンとして間違えてはいけないマナーのひとつに「席次」がある。しかし、“誰がどこに座るべきなのか”という考え方は、いつから、なぜ重要と考えられてきたのだろうか。その起源や理由を探るべく、日本マナー・プロトコール協会の理事長、明石伸…

ビジネス用メガネの選び方 自分に似合うタイプを見つけるポイントとは?

仕事の転機など、新しい環境にチャレンジする際、第一印象を変えるツールのひとつがメガネではないだろうか。しかし、いざ新調しようとしても、数あるデザインのなかから自分に似合うメガネを選ぶのは、なかなか難しいものだ。 「靴やバッグと同じように、メ…

フラリーマンにおすすめ! 世代を超えたコミュニケーションの場「ミニ四駆バー」潜入記

仕事が終わって、まっすぐ帰らない「フラリーマン」が増えているらしい。働き方改革で仕事が早く終わったけど、家に早く帰るのもなんだか気が進まない。そんな人たちが外で時間をつぶしているそうだ。 せっかくできた余暇の時間、なんとなく過ごしてしまって…

社会人の知性と教養はボキャブラリーに出る!? 語彙力アップの方法とは

プレゼンや会議に商談、メールのやりとりや資料作成など、社会人はビジネスシーンの節目節目でボキャブラリーが求められる。「もっとふさわしい言葉があると思うけど、出てこなくて……」と、ついつい使い慣れたフレーズで、その場をしのいでいる人も少なくな…

飲んだ後は「シメパフェ」? ほっとひと息つける夜パフェ専門店「Parfaiteria beL」に行ってきた

気心知れた仲間との飲み会や仕事終わりの一人飲みなど、ビジネスパーソンのストレスをうまく緩和するお酒の席。それが終わったあとに欲しくなるのは、やはり「シメ」の一品ではないだろうか。 ラーメンのような塩辛いものからアイスのような甘いものまで、人…

外食をしながらでも節約できる? 食費月額2万円生活を続ける秘訣

総務省統計局が2017年4~6月に実施した調査によると、一人暮らし世帯における1カ月の食費平均額は3万8,532円。しかし、仕事が忙しくて外食が続いたり、ついつい飲みに行ってしまったりと、つい出費がかさんでしまうビジネスパーソンもいるだろう。 忘年会シ…