はたラボ

「セルフマネジメント」とは?自己管理能力を身に付ければ、仕事がもっとやりやすくなる!

会社組織で働くビジネスパーソンとして、自身の人材価値を高めるためには、適切に自己管理を行う「セルフマネジメント」が欠かせません。今回は「セルフマネジメント」という言葉の意味や重要性、身に付けるためのポイント、そしてセルフマネジメント能力を…

企業が「タレントマネジメント」に注力し始めた理由とは?導入の目的や実現できること、運用事例も紹介!

企業の価値を高める上で必須とも言えるのが、人材力の強化です。そうした中、「タレントマネジメント」の取り組みを強化する企業が増えてきました。今回は、タレントマネジメントによる人材力強化の狙いや取り組み方、導入企業の事例、そしてビジネスパーソ…

自動車・交通業界に革新をもたらす「MaaS」とは?概念や日本国内の普及状況、MaaSレベル、注目アプリなど、全体像を解説!

近年、「MaaS」という言葉を見る機会が増えてきました。MaaSは「Mobility as a Service」の頭文字を取った言葉で、「サービスとしての移動手段」「移動手段のサービス化」というように訳されます。今回は、自動車・交通業界の枠を超えて注目されているMaaSの…

創作漢字、フリーズファイル……Twitterを騒がせ続ける書道家クリエイター・もにゃゐずみさんのアウトプット術

タピオカを表現した「創作漢字」や文字化けしか打てないキーボード、パソコンのフリーズ画面を模したクリアファイルなど、突飛なアイデアをコンテンツに昇華し、度々Twitterを騒がせているコンテンツクリエイターのもにゃゐずみさん。 日々のあるあるネタな…

ゴミ清掃員とお笑い芸人。二足のわらじで生きる僕を支えてきたエンタメ作品たち(寄稿:マシンガンズ 滝沢秀一)

お笑い芸人でありながらゴミ清掃員としての顔も持つ、お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さん。ゴミ清掃の仕事で生計を立てながら芸人を続ける中で、周囲からは意図しない勘違いをされることも多いそう。今回そんな滝沢さんに、ゴミ清掃員と芸人の二足…

「除菌」「殺菌」「消毒」の違いって何?感染症が気になる今、覚えておきたい細菌・ウイルス対策とは

新型コロナウイルスへの警戒が続く中、これからの時期はインフルエンザやノロウイルスといった感染症の流行にも警戒が必要です。そこで今回は、「殺菌」「除菌」「消毒」といった言葉の違いや、これからの時期に覚えておきたい細菌・ウイルス対策について、…

日本の常識が通じない世界で、キャリアを切り開く。アフリカ「王国テレビ」の現場で学んだこと

「全く違う場所で働いてみたい」という思いから、12年務めたNHKの番組制作会社を辞めて、アフリカ・カメルーンへ。フリーランスの映像プロデューサー・小野洋文さんが、日本の常識が全く通じないアフリカ「王国テレビ」での番組制作を通じて、自身のキャリア…

ビジネスフレームワークとは?目的と最大のメリット、代表的な手法の使い方を実践解説!

ビジネスフレームワークとは?戦略を立案したり、改善点を洗い出したりする際に役立つのが、ビジネスフレームワークです。正しい使い方や使用する際の注意点、代表的なビジネスフレームワークの概要について詳しく解説します。

「神は細部に宿る」を本気で突き詰める。元アニメーターの漫画家・花村ヤソさんが、偉大な先輩たちから教わったこと

アニメ制作現場の“表”の部分だけでなく、“裏”の部分にまで切り込む漫画「アニメタ!」の作者で元アニメーターの花村ヤソさんに、アニメ制作現場のお仕事と作品を制作する上でのこだわり、『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治監督から学んだことなど幅広くお話を…

「リモートワーク疲れ」の原因と回復方法とは?疲労回復の専門家 梶本修身医師が「疲れのメカニズム」を解説

新型コロナの影響により、リモートワークや在宅勤務など、変化した生活リズムによって「気づかない疲れ」が溜まっています。今回はこの「気づかない疲れ」の取り方について、疲労回復を専門とする梶本修身医師に解説いただきました。

オンラインコミュニケーションで「人の心を動かす伝え方」のポイントとは?〜Web会議成功の秘訣をご紹介〜

Web会議の機会が増えている昨今、オンラインコミュニケーションで、相手の心を動かすにはどうすれば良いのでしょうか?今回は「オンライン上で人の心を動かす伝え方」について、プレゼンテーションクリエイターの前田鎌利さんにお伺いしました。

「アサーション」とは?習得に必要なトレーニング方法や具体例を紹介

アサーションとは?いま注目のコミュニケーションスキル「アサーション」をご存知でしょうか?アサーションとは何か、アサーショントレーニング方法についても分かりやすく解説いたします。

「誰かとかぶっても最後まで話し切る」「話が上手な人だけでなく均等に振る」サバンナ高橋さんに聞いたリモート環境での心構え

画面越しの相手に分かりやすく伝えるにはどうすればいいのでしょうか。また、リモート環境での進行の際には、どのような配慮が必要なのでしょうか。お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄さんに、会社のオンライン会議でも応用できそうな、リモート環境での発…

「SDGs」とは?言葉の意味と、いま日本でSDGsに取り組む企業が増えている理由を解説!

「SDGs」への注目度が高まり、新聞やテレビ、インターネットメディアなどでも頻繁に報道されています。しかしその一方で、「詳しい内容は知らない」という人も多いのではないでしょうか?SDGsとは何か分かりやすく解説いたします。

「後悔だけでは前に進めない」―女流棋士・香川愛生さんが「天才しかいない」奨励会での苦しみを乗り越えて、将棋界で役割を見つけるまで―

女流棋士の香川愛生(かがわ・まなお)さん。15歳で女流棋士となり、20歳の時に初挑戦で「女流王将」のタイトルを獲得。現在は女流棋士の傍ら、YouTubeチャンネルの運営や会社経営など多彩な顔をお持ちです。しかし、順調そのものに映るキャリアの中には、い…

無駄や非効率を生む「落とし穴」を避け「挑戦体質」になる方法〜トヨタ流の習慣で変化を武器にする原マサヒコさんの流儀とは〜

新型コロナ禍によって新しい生活様式が求められている一方、変わりたくても変わることが出来ないといったジレンマを抱えている方も多いのではないでしょうか?いつでも挑戦体質になる方法について原マサヒコさんにお伺いしました。

免疫力を高めるには?意外と知らない免疫力との正しい向き合い方を、医者YouTuber「ドクターハッシー」が分かりやすく解説!

ウイルスや病気に負けないために「免疫力」を高めるためにはどのようにすればよいのでしょうか?免疫力を上げる方法、免疫力とは何かについて医者YouTuberとしても活躍する「ドクターハッシー」こと橋本将吉先生に、お話をうかがいました。

仕事で重要なのは自己肯定感よりも“開き直り”なのかもしれない──漫画『無能の鷹』作者・はんざき朝未さん

漫画家・はんざき朝未さんにインタビュー。全く仕事ができないのに「仕事がデキるオーラ」を醸し出す鷹野ツメ子と、仕事は卒なくこなせるものの自分に自信がない鶸田がタッグを組み、さまざまな仕事に挑戦する作品『無能の鷹』が、じわじわ人気を集めていま…

16兆円のゲーム産業 SNS中心の現代でいかに共有されるコンテンツを作るか?

ゲームジャーナリスト、編集者として活躍されるジニさんに、爆発的にヒットしたゲームの裏側について教えていただきました。昨今「ゲーム実況」を軸としたデジタルマーケティングが盛んに採用されているゲーム業界の中で、大成功を収めた事例である「Minecra…

つらい月曜日を迎える前に読んでほしい 仕事への活力がわく歴史本10冊

仕事にいきたくない…憂鬱だなぁ…。そんな気持ちになったら読んでみてほしい「歴史関連本」を人気ブログ「歴ログ」の中の人に選んでいただきました。「中国の大盗賊」「マニ教」「十字軍物語」「覇王と革命: 中国軍閥史1915-28」「ノルマン騎士の地中海興亡史…

「5G」で何がどう変わる?5G社会でできることと、生活・ビジネス・働き方の変化

「5G」が何なのか、世の中の何が変わるのか?5Gの詳細についてしっかりと理解しているでしょうか?5Gによって「何が変わるのか」を分かりやすく解説していきます。

これであなたも断然仕切り上手に ダメな会議を「ファシる」9つの法則

意見が出ない「しーん会議」、時間内に終わらない「だらだら会議」、空気が重たい「ぎすぎす会議」――ダメな会議をうまく進行するには? コクヨでワークスタイルコンサルタントをしている下地寛也さんに、会議を「ファシる」9つの法則を教えてもらいました。

「ミレニアル世代」と「Z世代」は何が違う?特徴、働き方、仕事に対する価値観をチェック

ミレニアル世代、z世代とは?人事採用やビジネスニュースで話題になることも多い「ミレニアル世代」と「z世代」。それぞれの特徴や価値観、働き方について理解を深めることで、円滑なコミュニケーションに役立てることができます。

内向的な性格でも営業成績を上げるアイスブレイクとは〜無口なまま営業達成率全国トップになった、サイレントセールストレーナー・渡瀬謙さんが説く〜

「初対面の相手と話すときに緊張してしまう」「流暢に話すことができない」「お客様の顔色ばかりうかがってしまう」。こういった内向的な性格を変えたいと思っている営業パーソンは多いのではないだろうか。自信を持って営業トークを展開し、堂々とクロージ…

リモートワークのコツとは?メリット・デメリット・課題を再確認し、在宅勤務で成果を出そう

2018年に労働施策総合推進法が閣議決定され、働き方改革の実現に向けて労働施策基本方針が掲げられたことで、にわかに注目を集めた「リモートワーク(テレワーク)」。 これまではさまざまな事情や懸念から実施を見送っていた企業も多くありましたが、新型コ…

「2025年の崖」とは?概要をわかりやすく要約!今、ビジネスパーソンに求められること

「2025年の崖」という言葉を、どこかで目や耳にしたことがあるかもしれません。2018年9月に経済産業省が公開した「DXレポート 」に登場して以来、この言葉は企業のデジタルシフトにおける「リスクの象徴」としてクローズアップされるようになりました。 しか…

プロ飲み師・高山洋平さんが明かす、リモート飲みの極意。肝はトークテーマとファシリテーション

株式会社おくりバントの代表で、プロデューサー、営業としても活躍する高山洋平さんに、「リモート飲みを制する極意」を伝授いただきました。飲み会以外にも使えるリモートにおけるコミュニケーション術、営業術についてもたっぷりと語っていただいています。

株式会社「私」を、どう利益を生み出し、どのように成長させていくかの戦略

税理士の田村麻美さんに、企業の経営活動を個人や人生のターニングポイントに当てはめてもらうスタイルで、「お金の考え方」について寄稿していただきました。「経営視点を持つことは人生にとってプラスになります」と語ります。

指圧師からリモートワークで身体がキツイあなたへ 座り方別ラクになる姿勢とストレッチ

ライターで指圧師の斎藤充博にリモートワークで疲れ切った身体にオススメ、正しい姿勢の座り方とストレッチを座り方別に教えていただきました。

「上手な文章」に必要な3要素とは?文才がなくても今日からできる実践方法をご紹介

「書くスキル」と聞くと、「自分には文才がないから…」「上手な文章を作るのはライターの仕事」と思う人もいるでしょう。しかし、ビジネスにおいては毎日必ずと言って良いほど、「書く」という作業が発生します。提案書、報告書、契約書、作業指示書、稟議書…

「友達0人」「迷走」「お客さん0人」――しっかり落ち込めたときに、きっと素敵なバイブルと出会える(寄稿:ジョイマン高木晋哉)

お笑いコンビ「ジョイマン」の高木晋哉さんに、人生におけるバイブルを紹介していただきました。友達が0人の高校時代、ラップネタを続けるか否かの決断をした時期、お客さんが0人の暗黒時代……。「どん底の時期にこそ、確かにバイブルがありました」と振り返…

「舞台に立つ芸人さん全員の動きをすべて見ている」芸人から圧倒的な支持を集め続けるお笑い制作会社K-PRO代表・児島気奈さん

都内で活動する若手お笑い芸人が多数出演するお笑いライブを年間1,000本以上開催し、15年以上東京のお笑いシーンを支えてきたK-PROの児島さん。そんな彼女に仕事との向き合い方から、数多くの若手お笑い芸人を間近で見てきたからこそ分かる、芽が出る若手芸…

できる営業が持っているクリエイティブスキルとは〜大手製造業の販路拡大に成功し契約獲得率90% 営業のプロ小幡英司さんが説く〜

企業活動の根幹を担う仕事とも言える営業。日本では約289万人の営業職が活躍している(総務省「2015年国勢調査」 )。また、厚生労働省が発表する、都内の営業職における有効求人倍率は2倍以上で、求人ニーズも高い。その一方で、「営業成績や売り上げなど、…

知らなくても困らないけど知っていると超便利 「JTB時刻表」編集長が駆使する鉄道知識

新幹線のコンセントの位置はどこ? 「大都市近郊区間」の上手な利用法って? 創刊90年以上の歴史を持つ「JTB時刻表」の大内学編集長に、知らなくても困らない、だけど知っていると超便利な鉄道知識を教えていただいた。

プロボノに本業との相乗効果はあるのか~共働き未来大学ファウンダー 小山佐知子さんに聞く「新しい働き方」

副業が本業に生む相乗効果に注目が集まっている。2020年春をめどに、ライオン株式会社の人事部が社員に副業を紹介する制度を始めることが話題になり、大手企業が副業を解禁するニュースも増え続けている。厚生労働省の「モデル就業規則 」では、2018年1月の…

「からくりTV」「金スマ」などを手掛けたプロデューサーが語る 運気を論理的に上げる「バラエティ思考」とは

「運気を上げたい」。特に転職や進学、結婚といった大きな転機にある時、運を味方につけたいと願う人は多いだろう。 そこで、今回は『運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器』の著者であり、バラエティプロデューサー/文化資源学研究者とし…

PwCコンサルティング合同会社~プロフェッショナルが協働することで生まれる、社会を変える提案力

近年、その重要性からますます市場規模を伸ばし、社会に価値提供をしているコンサルティング業界。しかし実際に、コンサルタントが、どんな舞台で、どのように活躍し、どうやって社会的価値を生み出しているのかを知らない人も多いはず。 そこで、大手コンサ…

大切なのは「第一印象」だけじゃない!仕事で損をしないために覚えておきたい「印象マネジメント」の極意とは?

「印象」の大切さを感じる場面は、日常生活に溢れています。例えば、不祥事やトラブルなどが起きた際に行われる「謝罪会見」。会見時の印象次第で、評価を取り戻せるケースとかえって火に油を注いでしまうケースがあります。報道陣が殺到する謝罪会見ほど大…

あの日見た『エヴァ』と『トップをねらえ!』が『般若心経』に愛と青春を感じさせてくれる(寄稿:稲田ズイキ)

僧侶で「煩悩クリエイター」として活動中の稲田ズイキさんに、生き方を決めるきっかけとなったバイブルを紹介していただきました。酸っぱい青春時代に見た『トップをねらえ!』と『新世紀エヴァンゲリオン』が、今につながっているといいます。

プレゼンの失敗はリカバリーできる 上達するために毎日習慣化することとは~スピーチコンサルタント・矢野香さんが伝授する「プレゼン上手になるための思考法」(後編)~

プレゼンが苦手で悩むビジネスパーソンに向けて、苦手意識を克服する方法や上手なプレゼンのノウハウをスピーチコンサルタント・矢野香さんが伝授。前編 では、「プレゼンの原理原則」と「プレゼンの目的」を理解することの重要性を聞いた。 後編の記事では…

プレゼンは緊張しても噛んでも失敗ではない~スピーチコンサルタント・矢野香さんが伝授する「プレゼン上手になるための思考法」(前編)~

ビジネスシーンでは、営業やコンペ、企画会議や上司の前でのプレゼンといった人前で話す機会が多々ある。しかし、プレゼン自体に苦手意識を抱えている人は多い。大半は失敗を恐れる感情から来るものだろうが、そもそもプレゼンは、一度失敗したらもうリカバ…

「反面教師を仕事にしたい」悪の秘密結社・笹井浩生さんが抱く、世界征服よりも大事な野望

「悪の秘密結社」という会社をご存知だろうか? 悪そうな怪人がたくさん所属していそうな名前だが、実態は真面目で誠実な会社です。そんな悪の秘密結社の生みの親、笹井浩生さんに、どうして悪の道に足を踏み入れたのか?その歩みや、ショーを支える裏方とし…

チェーン店トラベラーが教える、知っていたら「デキる」と思われるローカルチェーン店6選【2020年2月 保存版】

地方出張で使える! 全国の飲食チェーン店をめぐってきたBUBBLE-Bさんが、商談相手とのコミュニケーションが盛り上がり、味もおいしいローカルチェーン店をご紹介します。鹿児島にしかない「王将」とは? 生きたフラミンゴを眺めながら蟹ピラフが食べられる…

【図解入り】強力なコミュニケーションツール「図解」の魅力|至高の無駄知識(寄稿:きょん)

図解は強力なコミュニケーションツール――。ビジネス図解研究所のメンバーで、図解を活用したコミュニケーションをライフワークとしているきょんさんに、図解のメリットや図解に対する誤解について執筆いただいた。ポイントをまとめた図解入り。

マジック世界大会優勝からニートを経てシーモンキー販売 超魔術師・Mr.マリックの数奇な人生

超魔術師Mrマリックさんがマジックよりも不思議な人との縁と仕事の関係について語ってくださいました。ハンドパワーや「きてます」誕生秘話まで明かしてくれました。

上司にイラッとする部下がすべきアンガーマネジメントとは?指導人数延べ20万人の戸田久実さんが伝授

「上司の評価に納得がいかない」「出された指示がすぐに変わる」「失敗を同僚の前で指摘された」――部下という立場であっても、上司に対してイラッとする瞬間は誰しもがあるだろう。ただ、上司と部下という関係性を考えると、怒りを伝えられずに、自分の中に…

「ストII」「キングダム ハーツ」の楽曲を手掛けた下村陽子さん「今も自信はないんです」―求められることに全力で応えて広げた世界―

「ストⅡ」や「キングダム ハーツ」など数々のゲームミュージックを手掛けてきた下村陽子さん。しかし、新人時代は仕事に悩み、辞めることばかり考えていたといいます。スランプからどのように這い上がり、売れっ子作曲家へと歩んでいったのか。仕事哲学を伺…

好きを仕事にする~全米チャンピオンのプロフットバッグプレイヤー・石田太志さんが乗り越えた挫折と応援してくれる味方をつける方法とは~

「フットバッグ」というスポーツを知っているだろうか。直径5cmほどのお手玉のようなボールを使って、主に足を用いてさまざまな技を繰り出す競技である。このフットバッグのプロプレイヤーとして活躍し、世界大会である「World Footbag Championships」にて…

圧倒的なデータと愚直な開発姿勢でランニングシューズをアップデートし続けるアシックスの生存戦略

「GEL-KAYANO(ゲル カヤノ)」シリーズの進化を支える愚直な開発姿勢と豊富な足のデータを用いたフィット感へのあくなき追求。アシックスのランニングシューズ開発にける哲学を取材しました。

職場で気疲れしてしまうあなたは「繊細さん」かも? HSP専門カウンセラーの武田友紀さんに聴く「上司と部下が適切な距離を取る方法」

今、「繊細な人」に注目が集まっている。2019年夏の金曜ドラマ『凪のお暇』では、繊細な主人公である凪(黒木華)の生き方が、日ごろ生きづらさを抱えている視聴者に勇気を与えた。一昔前なら「鈍感力が大切だ」「スルースキルを身に付けろ」と言われること…