はたラボ

創作漢字、フリーズファイル……Twitterを騒がせ続ける書道家クリエイター・もにゃゐずみさんのアウトプット術

タピオカを表現した「創作漢字」や文字化けしか打てないキーボード、パソコンのフリーズ画面を模したクリアファイルなど、突飛なアイデアをコンテンツに昇華し、度々Twitterを騒がせているコンテンツクリエイターのもにゃゐずみさん。 日々のあるあるネタな…

「神は細部に宿る」を本気で突き詰める。元アニメーターの漫画家・花村ヤソさんが、偉大な先輩たちから教わったこと

アニメ制作現場の“表”の部分だけでなく、“裏”の部分にまで切り込む漫画「アニメタ!」の作者で元アニメーターの花村ヤソさんに、アニメ制作現場のお仕事と作品を制作する上でのこだわり、『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治監督から学んだことなど幅広くお話を…

「誰かとかぶっても最後まで話し切る」「話が上手な人だけでなく均等に振る」サバンナ高橋さんに聞いたリモート環境での心構え

画面越しの相手に分かりやすく伝えるにはどうすればいいのでしょうか。また、リモート環境での進行の際には、どのような配慮が必要なのでしょうか。お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄さんに、会社のオンライン会議でも応用できそうな、リモート環境での発…

「SDGs」とは?言葉の意味と、いま日本でSDGsに取り組む企業が増えている理由を解説!

「SDGs」への注目度が高まり、新聞やテレビ、インターネットメディアなどでも頻繁に報道されています。しかしその一方で、「詳しい内容は知らない」という人も多いのではないでしょうか?SDGsとは何か分かりやすく解説いたします。

「後悔だけでは前に進めない」―女流棋士・香川愛生さんが「天才しかいない」奨励会での苦しみを乗り越えて、将棋界で役割を見つけるまで―

女流棋士の香川愛生(かがわ・まなお)さん。15歳で女流棋士となり、20歳の時に初挑戦で「女流王将」のタイトルを獲得。現在は女流棋士の傍ら、YouTubeチャンネルの運営や会社経営など多彩な顔をお持ちです。しかし、順調そのものに映るキャリアの中には、い…

免疫力を高めるには?意外と知らない免疫力との正しい向き合い方を、医者YouTuber「ドクターハッシー」が分かりやすく解説!

ウイルスや病気に負けないために「免疫力」を高めるためにはどのようにすればよいのでしょうか?免疫力を上げる方法、免疫力とは何かについて医者YouTuberとしても活躍する「ドクターハッシー」こと橋本将吉先生に、お話をうかがいました。

仕事で重要なのは自己肯定感よりも“開き直り”なのかもしれない──漫画『無能の鷹』作者・はんざき朝未さん

漫画家・はんざき朝未さんにインタビュー。全く仕事ができないのに「仕事がデキるオーラ」を醸し出す鷹野ツメ子と、仕事は卒なくこなせるものの自分に自信がない鶸田がタッグを組み、さまざまな仕事に挑戦する作品『無能の鷹』が、じわじわ人気を集めていま…

「舞台に立つ芸人さん全員の動きをすべて見ている」芸人から圧倒的な支持を集め続けるお笑い制作会社K-PRO代表・児島気奈さん

都内で活動する若手お笑い芸人が多数出演するお笑いライブを年間1,000本以上開催し、15年以上東京のお笑いシーンを支えてきたK-PROの児島さん。そんな彼女に仕事との向き合い方から、数多くの若手お笑い芸人を間近で見てきたからこそ分かる、芽が出る若手芸…

マジック世界大会優勝からニートを経てシーモンキー販売 超魔術師・Mr.マリックの数奇な人生

超魔術師Mrマリックさんがマジックよりも不思議な人との縁と仕事の関係について語ってくださいました。ハンドパワーや「きてます」誕生秘話まで明かしてくれました。

「ストII」「キングダム ハーツ」の楽曲を手掛けた下村陽子さん「今も自信はないんです」―求められることに全力で応えて広げた世界―

「ストⅡ」や「キングダム ハーツ」など数々のゲームミュージックを手掛けてきた下村陽子さん。しかし、新人時代は仕事に悩み、辞めることばかり考えていたといいます。スランプからどのように這い上がり、売れっ子作曲家へと歩んでいったのか。仕事哲学を伺…

好きを仕事にする~全米チャンピオンのプロフットバッグプレイヤー・石田太志さんが乗り越えた挫折と応援してくれる味方をつける方法とは~

「フットバッグ」というスポーツを知っているだろうか。直径5cmほどのお手玉のようなボールを使って、主に足を用いてさまざまな技を繰り出す競技である。このフットバッグのプロプレイヤーとして活躍し、世界大会である「World Footbag Championships」にて…

職場で気疲れしてしまうあなたは「繊細さん」かも? HSP専門カウンセラーの武田友紀さんに聴く「上司と部下が適切な距離を取る方法」

今、「繊細な人」に注目が集まっている。2019年夏の金曜ドラマ『凪のお暇』では、繊細な主人公である凪(黒木華)の生き方が、日ごろ生きづらさを抱えている視聴者に勇気を与えた。一昔前なら「鈍感力が大切だ」「スルースキルを身に付けろ」と言われること…

1on1における部下の「ボスマネジメント」とは?『シリコンバレー式 最強の育て方』著者・世古詞一さんが語る

『「1on1ミーティング」 大手企業で導入始まる』。5月にNHKが報道し、話題を呼んだ。「1on1ミーティング(以下、1on1)」とは、上司と部下が1対1の定期ミーティングを行うこと。2017年頃から1on1に関する書籍も増え、企業の人事施策として定着したようにも見…

ティール組織は「作るもの」ではなく、「なるもの」である~ダイヤモンドメディア株式会社創業者 武井浩三さんが考える組織論~

「ホラクラシー」「ティール組織」といった言葉をご存知だろうか。「ホラクラシー」とは、役職や階級のないフラットな組織形態のことを、「ティール組織」とは、社長などの経営陣や、マネジメント層の上司がマイクロマネジメメントをしなくても社員一人ひと…

「好きなこと」を仕事にする方法〜日本で未知の仕事を「職業」にした、メディカルイラストレーター tokcoさんの挑戦〜

「好きなことを仕事にしたい」と思う人は多い。しかし、「好きなことは趣味で終わらせるべき」という意見もあれば、「好きなことだからこそ、仕事にすべき」という声もあり、戸惑ってしまう。ここは、実際に「好きを仕事にした人」の話を聞くべきであろう。 …

上司は話を聞く気がないわけではない。『意見・主張が通る「伝え方」』著者 石田健一さんが説く「上司を見極める3つの判断基準」

「上司が話を聞いてくれない」というフラストレーション。これは、放っておくとネガティブな退職理由にもなりえる悩みだ。しかし、上司は上司で部下の声を聞きたいと思っている。大手企業で1on1が導入され始めているのも、こうした思いがあっての流れと言え…

「議論」をビジネスにした株式会社GIRON 粟津さんに聞く、良い会議を作る方法と悪い会議の終わらせ方

ビジネス相談の駆け込み寺アプリ「GIRON」をご存じだろうか?GIRONは、2019年4月にローンチされた、ビジネスに特化したテーマを議論できるアプリである。このアプリをローンチした株式会社GIRON 代表取締役CEOの粟津裕行さん自身も、「議論が好きで、多くの…

このくしゃみ、花粉症と思ったら「生物アレルゲン」が原因だった!? 専門家に聞いた、オフィスや家での対策法

「花粉症の時期じゃないのに、くしゃみが止まらない」「オフィスに行くと、鼻水が出る」こんな悩みを抱えている方もいるのではないだろうか。それは、もしかしたら「生物アレルゲン」が原因かもしれない。 花粉症ほど認知はされていないが、目に見えないとこ…

「居心地が悪かった地元」が、伸び伸び活躍できる場所に。東京と茨城の二拠点で働くデザイナー 鈴木潤さんに聞いた、「地方で自分を生かす方法」

「東京に住みながらも、地元に貢献したい」。そういった思いを持つ人が増えている。実際に「ふるさと納税」や「ふるさと兼業」など、地元貢献や地元の社会問題を解決することを目的としたさまざまな取り組みも行われている近年。そんな中、「プチ社会問題の…

『学びを結果に変えるアウトプット大全』著者・樺沢紫苑さんが、失敗ばかりで落ち込む社会人に捧ぐ「仕事力アップの方法」

「インプットはしていても、アウトプットが苦手」「プレゼン資料や書類作成のスキルが足りない」、そんな課題感を持っているビジネスパーソンもきっといるはず。そこで今回は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』がベストセラーを記録している精神科医 …

会社員?それともフリーランス?両方を経験した山田竜也さんに聞いた、「仕事の生み出し方」と「今からできること」

「会社員」と「フリーランス」。「会社員は安定している」「フリーランスは不安定だ」と語られることが多いが、果たして本当にそうなのだろうか。「フリーランスはクレジットカードや家の審査が通らない」といった不安定な実態を聞きつつも、「終身雇用を守…

フリーアナウンサー本多真弓さん直伝 ビジネスの場で使える「アドリブ力」の正体と鍛え方

「顧客から突然来たクレームに慌ててしまった」「会議で上司に意見を求められたが、即座に答えられなかった」「転職活動の面接で、予期せぬ質問に上手く答えられない」 ――年齢、職種問わず、そんな経験がある人はいるのではないだろうか。「臨機応変な対応力…

オタクの感情を赤裸々に描く漫画家・蟹めんまさんから学ぶ、人を理解するための「観察眼」の鍛え方

「人の良いところを見つけて理解すれば、どんな人ともうまくやれる」とコミュニケーションが上手な人は言う。しかし、頭では分かっていても良いところの見つけ方が分からないから、私たちは日々人間関係に悩んでいるのではないだろうか。 一体どうすれば人の…

おもしろ部署探訪~M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 企画管理部業務課~自走しながら進化を続ける、最強のコンサルタントサポート集団

左から、大川さん、大蔵さん、岩井さん、田中さん(以下、敬称略) 世の中にはさまざまな仕事がある。一見すると同じ部署名でも、企業の数だけ手掛ける仕事内容は多様なうえに、企業や社会における役割も異なる。この連載では、そんな世の中に存在する企業の…

おもしろ部署探訪~株式会社ジオコード 運用部 事業推進課~社内で一番目立つ、成果を作るチームのつくり方

左から、安藤さん、松本さん、戸松さん、渡辺さん(以下、敬称略) 世の中にはさまざまな仕事がある。一見すると同じ部署名でも、企業の数だけ手掛ける仕事内容は多様なうえに、企業や社会における役割も異なる。この連載では、そんな世の中に存在する企業の…

おもしろ部署探訪~ANAインターコンチネンタルホテル東京 料飲部~ホテルならではのレストラン運営のポイント

世の中にある企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシーなどに迫る企画『おもしろ部署探訪』。今回は、ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社) 料飲部のお二人に話を伺った。ホテル内の1…

仕事をもらう秘訣は「相談する」こと? フリーライター・藤谷千明さんが語る、声を掛けられる人材になる方法

「声を掛けられる人材」と「掛けられない人材」。自身で仕事を獲得するフリーランスに限らず、エンジニアやコンサルタントなど、プロジェクト単位で仕事をするビジネスマンにとっても、「プロジェクトに呼ばれるかどうか」は社内の評価や自身のキャリア構築…

おもしろ部署探訪~株式会社D2C R メディア本部 リテンションチーム~離脱したアプリユーザーが帰ってくる!?「リテンション」に取り組むプロ集団

世の中にある企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシーなどに迫る企画『おもしろ部署探訪』。今回は、D2C Rメディア本部 リテンションチームの皆様に話を伺った。かつてのアプリ利用者に再訪を促すためのアプローチ方法を考…

ビジネスパーソンが分析力を身につける鍵は「天気」と「コンビニ」?――東洋経済新報社・編集委員田宮寛之さんが説く「世間の流れの読み方」

日常生活を送りながらも、世の中の流れを自然に読み取る力は身につかないものか。それが、仕事もプライベートも多忙なビジネスパーソンの本音である。そこで今回は、日々の暮らしの中で「分析力」を身につける方法を、株式会社東洋経済新報社・編集局編集委…

おもしろ部署探訪~ハースト婦人画報社 広告本部 ハーストプロジェクト推進室~マルチメディアカンパニーがイベントにこだわる理由

世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシーなどに迫る企画『おもしろ部署探訪』。今回は、ハースト婦人画報社 広告本部 ハーストプロジェクト推進室のお二人に話を伺った。年に一度、ハースト婦人画報社が行…

徹底的なリサーチとチームワークで最高のプロフィール写真を撮影 被写体の未来を切り開く写真家・山口直也さん

写真家・山口直也氏が率いる「スタジオ☆ディーバ」では、キャビンアテンダントやアナウンサーの応募写真、政治家の選挙ポスターに至るまで、撮影してほしいという人が殺到。その背景には、長年の地道な研究によって練り上げられた独自のメソッドがあった

おもしろ部署探訪~乃村工藝社 プランニング統括部・デザイン部~神田明神文化交流館『EDOCCO』誕生秘話

世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシーなどに迫る企画『おもしろ部署探訪』。今回は、乃村工藝社 プランニング統括部・デザイン部の皆様に話を伺った。2018年12月に東京・神田明神内に誕生した『EDOCCO(…

婚活アドバイザー 大西明美さんが語る、仕事も家事も育児も平等な「共働きのパートナーシップ」を築ける相手の選び方

専業主婦世帯が641万世帯に対して、共働き世帯は1188万世帯*1とパートナーシップの形が変わりつつある。しかし、SNSなどでも日夜「夫が家事をしてくれない」「早く帰って子育てを手伝ってほしいのに、上司から理解を得られないらしい」といった嘆きの声が聞…

おもしろ部署探訪~日本漢字能力検定協会 普及部~日本語の学びを支える協会の使命

世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシーなどに迫る企画『おもしろ部署探訪』。今回は、公益財団法人 日本漢字能力検定協会を訪問。1975年のスタート以来、毎年200万人以上の志願者数を記録するほどの人気…

こだわりは、「仕事の時間が美しく流れているかどうか」――働き方評論家・大学教員として活動する常見陽平さんが語る「時間の使い方」(後編)

何事も全力に見える人は、どんな時間の使い方をしているのだろうか。仕事における「時間の使い方の秘訣」を常見陽平さんにお伺いしたところ、「いかに時間を美しく流れるように設計するか」をモットーにしていることがわかった。(詳しくは、前編を参照)今…

こだわりは、「仕事の時間が美しく流れているかどうか」―― 働き方評論家・大学教員として活動する常見陽平さんが語る「時間の使い方」(前編)

何事も全力に見える人が、あなたの周りにもいないだろうか。仕事に家事に育児、そして趣味までも。1日24時間と決まっている中で、一体彼らはどんな時間の使い方をしているのか、その秘訣を聞いてみることにした。 今回奥義を伝授してくれたのは、千葉商科大…

大企業→インド→チームラボ→しいたけで起業 しいたけで世界平和を目論む「椎茸祭」代表・竹村賢人さん|クレイジーワーカーの世界

しいたけで世界平和を目論む「椎茸祭」代表・竹村賢人さん。新卒で大企業に入社するも、すぐに退職。キャリアに悩んでインドに渡り、再起するも、務めていた事業所の閉鎖で日本へ帰国。その後はチームラボでデジタルアートに携わったり、会社を作ったり……。…

おもしろ部署探訪~森永製菓 新領域創造事業部~新規事業が会社にもたらす大切なものとは?(後編)

世の中にはさまざまな仕事がある。一見すると同じ部署名でも、企業の数だけ手掛ける仕事内容は多様なうえに、企業や社会における役割も異なる。この連載では、そんな世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシ…

おもしろ部署探訪~森永製菓 新領域創造事業部~新規事業が会社にもたらす大切なものとは?(前編)

世の中にはさまざまな仕事がある。一見すると同じ部署名でも、企業の数だけ手掛ける仕事内容は多様なうえに、企業や社会における役割も異なる。この連載では、そんな世の中に存在する企業の『部署』にフォーカスし、それぞれの部署の役割や仕事内容、ポリシ…

「相談できない上司」にならないために ―― 1on1ミーティングで部下の本音を引き出す方法を若者との対話のプロに聞いた

1on1ミーティングを取り入れる企業が増えている。ヤフーが2012年から導入したことをきっかけに、ビジネスの世界で注目され始めたこの面談のやり方。主に、マネジメント層の上司が部下と1対1で対話することで、部下の指導・育成を行うのが目的だ。 しかし、上…

自分に向いている「本来の仕事」とは?20代・30代に伝えたい、コミュニティーで実践する無理しないキャリアアップ術

コミュニティーへの注目が再び集まっている。以前から朝活や異業種交流会、ビジネススクールなど、会社の外で学ぶ機会はあったが、最新のコミュニティーは特に20代から30代のスキルアップ、キャリアアップしたいと考える若手ビジネスパーソンを惹きつけてい…

「烈海王になりたい」筋肉、コスプレ、法曹の三足の草鞋をストイックにこなす弁護士・小林航太さん|クレイジーワーカーの世界

NHK「みんなで筋肉体操」で、謎の筋肉弁護士として出演した小林さん。仕事と趣味を力いっぱい謳歌する、小林さんの生きざまに迫る。

「接客中はIQ500で」 銀座で愛され続ける一流クラブ「稲葉」オーナーママ・白坂亜紀さんの気配り|この「忖度」がスゴい!

銀座のクラブ「稲葉」のオーナーママである白坂亜紀さん。大学生でこの道に入り、約30年。ホステスにとってのメジャーリーグと呼ばれる銀座で選ばれ続けてきた白坂ママの「忖度の力」について聞いた。

「文化としての速記符号を残したい」速記者・保坂正春さん |クレイジーワーカーの世界

40年にわたり、速記者という仕事一筋に向き合ってきた保坂さん。速記にかける思いを存分に語っていただいた。

音に乗せたオーケストラの思いを汲み、最高の表現を目指す指揮者・川瀬賢太郎さん|この「忖度」がスゴい!

「忖度」という言葉は、忌むべきものとして用いられるようになったが、本来は「他者の心情を推し量り、配慮する」ことを指す。指揮者の川瀬賢太郎さんも「演奏家たちへの心配り」を働かせることで、オーケストラと良好な関係を築いてきた。そんな若きマエス…

24時間365日、愛する猫たちと過ごす仕事をする覚悟 ネコリパブリック首相・河瀬麻花さん

「趣味は猫」「3日猫に触れないと発狂する」大の猫好きが高じて保護猫カフェ「ネコリパブリック」の首相を務める河瀬麻花さん。趣味を仕事にした彼女の働き方について伺いました。

輝かしい「ニコラ」モデルから、「息するトルソー」へ 広告モデル・日笠麗奈が乗り越えた葛藤

「ニコモ」から広告モデルへ。中高生のカリスマからスーパーのチラシや洋品店のカタログモデルに転身した日笠麗奈さんの仕事への考え方、思いとは?

「常に最善の準備で先手必勝を」スタント界の生きる伝説・髙橋勝大さん|クレイジーワーカーの世界

スタントマンとして50年前から活躍し、日本スタント界のパイオニアである「タカハシレーシング」のボス・髙橋勝大さんに仕事の哲学を伺いました。

プロから盗む仕事術 〜教えて!里崎智也センパイ〜

プロフェッショナルーー特に「トッププロ」とは仕事というものをどのように捉えているのだろうか。例えば、プロ野球の世界では? 独特な仕事観を携え、売れっ子解説者となった里崎智也さんの仕事術を紐解きます。

徒弟制度に憧れ帰化。筋肉と庭園を愛する庭師、村雨辰剛さん |クレイジーワーカーの世界

少しはみだした「クレイジーワーカー」の仕事、人生に迫る連載企画。今回は、日本人として生きていくためスウェーデンから帰化した村雨辰剛さん。日本庭園と筋肉への愛情がほとばしります。