はたラボ

「接客中はIQ500で」 銀座で愛され続ける一流クラブ「稲葉」オーナーママ・白坂亜紀さんの気配り|この「忖度」がスゴい!

銀座のクラブ「稲葉」のオーナーママである白坂亜紀さん。大学生でこの道に入り、約30年。ホステスにとってのメジャーリーグと呼ばれる銀座で選ばれ続けてきた白坂ママの「忖度の力」について聞いた。

ゆとり世代・さとり世代の後輩を上手に指導する方法は? ほめ方のプロ、ホメシカ先生が教える「サンドイッチ話法」

新年度を迎えてはや4カ月。昨今の新社会人は「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれ、30代以上のビジネスマンとは異なる価値観をもつ傾向があるため、後輩や部下への指導に手を焼いている人もいるのでは? そこで今回は、国際コーチ連盟認定マスターコーチで…

美文字がビジネスに効く? きれいで大人の落ち着きのある文字を書くコツ

ノートや伝言メモ、あて名書きなど、日常生活でさりげなく文字をきれいに書ける人にあこがれる。なぜなら、わたしの普段の文字はこんな感じだから。 ギリギリ読めなくはないはずだが、もしそのあたりにこのノートが捨てられていても「私がこの字を書きました…

ビジネスメールの「定型句」をアップデート! 仕事相手に伝わる言葉の上手な選び方

「お世話になります」「ありがとうございました」「どうぞよろしくお願いいたします」 ビジネスメールでこういったフレーズを使うことは、社会人にとって基本のマナーだ。しかし、いつの間にか仕事に慣れてくるうちに、同じような言葉を繰り返しすぎていない…

どっちが上席でどっちが末席? 席次のルーツと失礼のないマナーとは

ビジネスパーソンとして間違えてはいけないマナーのひとつに「席次」がある。しかし、“誰がどこに座るべきなのか”という考え方は、いつから、なぜ重要と考えられてきたのだろうか。その起源や理由を探るべく、日本マナー・プロトコール協会の理事長、明石伸…

社会人の知性と教養はボキャブラリーに出る!? 語彙力アップの方法とは

プレゼンや会議に商談、メールのやりとりや資料作成など、社会人はビジネスシーンの節目節目でボキャブラリーが求められる。「もっとふさわしい言葉があると思うけど、出てこなくて……」と、ついつい使い慣れたフレーズで、その場をしのいでいる人も少なくな…

体の隅々まで意識できている? パントマイムアーティストに学ぶ「好感度がアップする仕草」のノウハウ

メールでは伝えられるのに、いざ対面すると緊張して体が縮こまり、必要以上に恐縮してしまう……。近年ではメールやSNSなどが使われるようになって人と会う機会が減り、対面に苦手意識を持っている人も少なくないようだ。 実際に対面するとなると、会話の節々…

デキる幹事は仕事も優秀? 忘年会の段取りを立てて、トラブルを回避する方法

少しずつ秋が深まり、今年もあと2カ月ちょっとで終わり。そんなタイミングで、上司から「今年の幹事は君に任せたよ」という指令が下りてきた。うちの部署は20人近くもいるし、店探しや当日の段取りを考えるだけでも憂うつなんですけど……。 「会社の忘年会は…

あなたは面接でどう見られている? 7秒で選ばれ、30秒でアピールできるイメージ戦略を考えよう

ビジネスにおいて、とくに初対面の相手に自分がどんな人間なのかを伝えるのは非常に難しい。特に時間が限られた面接は、その最たるものだろう。どうすれば、短時間で相手に好印象を持ってもらえるのだろうか? 「そこで有効になるのが『イメージ戦略』です」…

キツい臭いを撒き散らしてない? 初夏に知っておきたい香水のマナー

日差しが強くなり、汗のニオイが気になり始める初夏の季節。体臭を隠すために、つい香水を多めに使ってはいないだろうか。強すぎる香りはときに人を遠ざけてしまう原因になることも。一方、香水を上手に使い、上品な香りをまとっていたら、オフィスでの好感…

靴磨き店ってどんな場所?職人技が光る「千葉スペシャル」に30代OLが初潜入

「仕事ができるかどうかは靴で見分けられる」。そう言われるほど、ビジネスマンにとって靴の手入れは欠かせないものだろう。しかし、OLのみなさんの場合はいかがだろうか? 「日常的に靴磨き店に通っている」という人は、決して多くないのでは。 かくいう30…

上司に質問するのは部下の責任? 弁護士に質問方法を教えてもらった

仕事で分からないことがあったとき、上司に質問するのはおかしなことではない。むしろ、部下として当然やるべきことだろう。 しかし、上司が忙しそうにしているときに質問をしてしまったり、要領を得ない質問をして怒られたり、ちょっとコワモテの上司には話…

「ネクタイを結ぶのがヘタ」な人ってどこで失敗しているの? シャツ専門店直伝・ネクタイの結び方

私事であるが、ネクタイを結ぶのがヘタである。どのくらいヘタかというと、このくらいだ。 ふざけているわけでもなんでもなく、筆者が大真面目に結んだもの。ご覧の通り非常に不格好だし、仕事がデキそうな印象は受けない。ここまで極端ではないにしろ、毎朝…

それ、実は「加齢臭」じゃないかも!? プロが教える男のニオイ、種類別対策法!

「わっ!クサいっ!」と思っても、本人には言いにくいニオイのこと。マンダムの調査(2014年5月、東京・大阪で25~49歳の働く男女1,117名を対象に実施)によると、「職場の身だしなみでどうにかしてほしいこと」の1位は「ニオイ」。 しかし、約9割の人が「ニ…

悪女学研究所・所長の藤田尚弓さんが実演!「反省しているっぽい表情」の作り方

上司に怒られた! そんなとき、ついイラッとした顔をしてしまい、さらに上司の怒りを買ったことはないだろうか? 本来求められているのは、しおらしい態度だろう。けれども、気持ちが顔に出ないようにするのも難しい……。そこで、テレビ番組にも出演し、さま…

あわや大惨事! ビジネスシーンでよくある言い間違い・書き間違い

ビジネスシーンでは、仕事中以外は使わない言葉や言い回しが使われる。とっさに言い間違ったり書き間違ったりしてしまうこともあるだろう。 しかし、なかには一発で退場になり得る、危険な過ちもある。そこで、今回は都内の各業界のビジネスパーソンに聞き取…

メールの返信がない=既読スルー? 軽視されないビジネスメールの書き方

わざわざ「【至急】」と件名の冒頭につけたメールに返信がない。そんなとき、軽視されているのはメールか、はたまた自分なのかと気分が落ち込んでしまうこともあるだろう。もちろん「電話して確認する」といったしかるべき手段はあるが、できれば初手のメー…

歯科医師が教える! 飲み会翌日のお酒のニオイを抑える方法

忘年会・新年会シーズンまっただ中。この時期は、連日の飲み会により「自分の息や体が酒臭くなっているのでは……」と、出社前に気にする人も多いのではないだろうか。「スメルハラスメント」という言葉が示すように、職場での「ニオイ」の取り締まりは年々強…

子どもの写真はOK? 上司や取引先への年賀状のビジネスマナー

年賀状づくりの進捗はいかがだろうか。取引先の担当者、前職の上司など、ビジネス上の関係者をリストアップするだけでもひと苦労。「今年もよろしくお願いします」と、新年定番のご挨拶+来年の干支の絵をプリントして、もう投函してしまいたい……なんて思っ…

オフィスカジュアルはどこまでOK? 専門家がファッションチェック!

「オフィスカジュアル」という言葉をよく聞くようになった。時代の流れや業界によって、「制服」や「スーツ着用」といった縛りがゆるくなりつつあるようだ。 しかし、ひとくちにオフィスカジュアルと言っても、社会人としてどこまでがOKでどこからがNGなのか…

昨年と同じでもOK? ハズさないお歳暮選びのポイント

そろそろ年の瀬。日頃お世話になっている相手に感謝の気持ちを表すために、お歳暮を贈ることはビジネスパーソンのマナーのひとつだ。しかし、いざお歳暮を贈るとなった時、何を選べばいいのか悩んでしまう人も少なくないだろう。 そんな疑問に、「ハズレがな…

エレベーター内の会話はNG! 意外と知らないエレベーターのビジネスマナー

次の予定に遅れてしまいそう! あわててエレベーターに駆け込んで、ホッと一息……なんて経験はないだろうか。だが、油断は禁物。エレベーターも仕事の場、ビジネスマナーが問われるシーンなのだ。マナー違反を上司や取引先に目撃されて、知らぬ間に自分の評価…

クレーム電話にビクビク……怒っている相手への対処法

会社で電話をとったら、クレームの電話だった! ……そんな経験を持つビジネスパーソンも多いのでは。見ず知らずの相手との電話をするのは緊張するし、クレームであればなおさら気が重い。最近は、電話に出るのを怖いと感じる新入社員も増えているのだとか。 …

意外と見られてる! 相手に好印象を与える名刺入れの選び方

訪問先や交流会での名刺交換。マナーは完璧でも、そこでチラッと見える名刺入れがザンネンだったら、せっかくの好印象が台無しになってしまうかもしれない。 そもそも、世のビジネスパーソンは、どんな基準で名刺入れを選んでいるのか。「お気に入りのブラン…

会社のトイレで昼寝が横行?仕事中にウトウトしない睡眠習慣

午後2時ごろ、ふとトイレに立ち寄ると、男性トイレの個室が全部使用中なんてシーンに出くわしたことはないだろうか。しばらく待ってみても、誰も出てこない。これって絶対、なかで寝ているよね……(苦笑)。 トイレでの昼寝は褒められたものではないが、仕事…

飲みすぎてやらかした失敗エピソード&大人のリカバリー術

会社の飲み会や接待などで、飲みすぎてやらかしてしまった! 翌朝目が覚め、うっすら残る記憶をたぐり寄せて大反省。ああ、会社に行きたくない……なんて経験はないだろうか。 ベッドから起き上がりたくない気持ちは痛いほどわかるが、こんな時だからこそ早め…

電話かメールか……仕事の連絡は、どっちをメインにするべき?

9月6日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリさんが言い放ったこの一言がちょっとした物議を醸した。曰く、「何をやっているかわからない相手に向かって、いきなり電話をするのはおかしいですよ!」 ちょっと待って、ちょっと待って。タモリさんと…

腕時計をしないビジネスマンが増加? スマホ確認がダメな理由

ビジネスマンの身だしなみの一つでもある腕時計。あなたはどのくらい腕時計にこだわりをもっているだろうか? あるいは、そもそも腕時計を身につけているだろうか? 肌身離さず持ち歩くスマートフォンがあるから、腕時計を身につけない若手ビジネスマンも少…