はたラボ

『シリコンバレー式 最強の育て方』著者・世古詞一さんが語る、1on1における部下の「ボスマネジメント」とは

『「1on1ミーティング」 大手企業で導入始まる』。5月にNHKが報道し、話題を呼んだ。「1on1ミーティング(以下、1on1)」とは、上司と部下が1対1の定期ミーティングを行うこと。2017年頃から1on1に関する書籍も増え、企業の人事施策として定着したようにも見…

「猫を撮っている間は猫を飼えない」 37歳で独立した猫写真家・沖昌之さんに聞く

猫写真家・沖昌之さんのキャリアに迫るインタビュー。『必死すぎるネコ』『ぶさにゃん』などの写真集で知られる沖さん。もともと「写真を撮るのも撮られるのも嫌い」でしたが、ある一匹の猫に出会い、運命が変わります。

ティール組織は「作るもの」ではなく、「なるもの」である~ダイヤモンドメディア株式会社創業者 武井浩三さんが考える組織論~

「ホラクラシー」「ティール組織」といった言葉をご存知だろうか。「ホラクラシー」とは、役職や階級のないフラットな組織形態のことを、「ティール組織」とは、社長などの経営陣や、マネジメント層の上司がマイクロマネジメメントをしなくても社員一人ひと…

「好きなこと」を仕事にする方法〜日本で未知の仕事を「職業」にした、メディカルイラストレーター tokcoさんの挑戦〜

「好きなことを仕事にしたい」と思う人は多い。しかし、「好きなことは趣味で終わらせるべき」という意見もあれば、「好きなことだからこそ、仕事にすべき」という声もあり、戸惑ってしまう。ここは、実際に「好きを仕事にした人」の話を聞くべきであろう。 …

職場の無駄を極力なくしたい―「数字」とテクノロジーで新しい料理人の働き方を実践する、Mr.CHEESECAKE・田村浩二さん―

料理人の田村浩二さんは「人生最高のチーズケーキ」と称される店、Mr.CHEESECAKEの立ち上げをはじめ、食の未来を拡張するFood Expanderとして活動の領域を広げている。「自分の店を持つ」という王道を選ばず、新しい働き方を開拓し続けている田村さんに「食…

上司は話を聞く気がないわけではない。『意見・主張が通る「伝え方」』著者 石田健一さんが説く「上司を見極める3つの判断基準」

「上司が話を聞いてくれない」というフラストレーション。これは、放っておくとネガティブな退職理由にもなりえる悩みだ。しかし、上司は上司で部下の声を聞きたいと思っている。大手企業で1on1が導入され始めているのも、こうした思いがあっての流れと言え…

「議論」をビジネスにした株式会社GIRON 粟津さんに聞く、良い会議を作る方法と悪い会議の終わらせ方

ビジネス相談の駆け込み寺アプリ「GIRON」をご存じだろうか?GIRONは、2019年4月にローンチされた、ビジネスに特化したテーマを議論できるアプリである。このアプリをローンチした株式会社GIRON 代表取締役CEOの粟津裕行さん自身も、「議論が好きで、多くの…

適性がなければ1万時間やっても一流にはなれない。プロポーカープレイヤー・木原直哉さんに聞く、成功の教え

東京大学在学中からプロポーカープレイヤーとして活動を開始し、2012年には世界ポーカー選手権大会のトーナメントで、日本人初の優勝を果たした木原直哉さん。「一流」と呼ばれるレベルに到達するためには、どんな考え方や取り組みが必要なのか?お話を伺っ…

マッキンゼー出身・経営改革や人材育成に取り組む赤羽雄二さんが語る、「パワハラと言われない部下の指導法」

「『パワハラ』と言われないように気をつけないと」。部下を持つビジネスパーソンであれば、誰しも肝に銘じていることだろう。しかし、上司は成果を上げるため、時には部下に厳しい指導をする必要もある。果たして、「厳しい指導」と「パワハラ」の境目は何…

フリーアナウンサー本多真弓さん直伝 ビジネスの場で使える「アドリブ力」の正体と鍛え方

「顧客から突然来たクレームに慌ててしまった」「会議で上司に意見を求められたが、即座に答えられなかった」「転職活動の面接で、予期せぬ質問に上手く答えられない」 ――年齢、職種問わず、そんな経験がある人はいるのではないだろうか。「臨機応変な対応力…

「抱いてセニョリータ」は約3時間で書いた。限られた時間の中で最良の言葉を紡ぐ、職業作詞家・zoppさんの仕事術

「青春アミーゴ」「抱いてセニョリータ」など、数多くの作詞を手掛けてきたzoppさん。書いても書いても採用されず、いつしか「ボツ」の曲数は180を超えた日々の苦悩から「売れる曲」を求められる「職業作詞家」としての仕事術など、zoppさんの「人生と仕事」…

ビジネスパーソンが分析力を身につける鍵は「天気」と「コンビニ」?――東洋経済新報社・編集委員田宮寛之さんが説く「世間の流れの読み方」

日常生活を送りながらも、世の中の流れを自然に読み取る力は身につかないものか。それが、仕事もプライベートも多忙なビジネスパーソンの本音である。そこで今回は、日々の暮らしの中で「分析力」を身につける方法を、株式会社東洋経済新報社・編集局編集委…

徹底的なリサーチとチームワークで最高のプロフィール写真を撮影 被写体の未来を切り開く写真家・山口直也さん

写真家・山口直也氏が率いる「スタジオ☆ディーバ」では、キャビンアテンダントやアナウンサーの応募写真、政治家の選挙ポスターに至るまで、撮影してほしいという人が殺到。その背景には、長年の地道な研究によって練り上げられた独自のメソッドがあった

婚活アドバイザー 大西明美さんが語る、仕事も家事も育児も平等な「共働きのパートナーシップ」を築ける相手の選び方

専業主婦世帯が641万世帯に対して、共働き世帯は1188万世帯*1とパートナーシップの形が変わりつつある。しかし、SNSなどでも日夜「夫が家事をしてくれない」「早く帰って子育てを手伝ってほしいのに、上司から理解を得られないらしい」といった嘆きの声が聞…

サウナが僕に教えてくれたこと〜「サウナー」という仕事をするきっかけ〜(寄稿:ヨモギー)

サウナへの愛に目覚め、「サウナー」として仕事をするようになったヨモギーさん。記事前半では大好きなサウナの魅力をプレゼンしていただき、後半はサウナーになるまでのきっかけと、サウナーとしての仕事哲学について教えていただきました

4冊の本が教えてくれたこと 日本一生徒数の多い社会講師・伊藤賀一|私のバイブル

自分の愛するコンテンツ(=バイブル)を、自身の生き方や人生と共に紹介してもらう連載企画「私のバイブル」。今回は「教室が揺れる」と評され、日本一生徒の多い社会科講師として人気を博している伊藤賀一先生の人生を動かした4冊の本を紹介

世界のVIPの心を掴む、超一流の気配りとは? プロフェッショナル執事・新井直之さん |この「忖度」がスゴい!

世界中の資産家やビジネスエリートを顧客に持つ、プロ執事の新井直之さん。一流のサービスを受けることに慣れたVIPに対し、それを上回る仕事で信頼を得てきた新井さんの「忖度の力」を聞いた。

「相談できない上司」にならないために ―― 1on1ミーティングで部下の本音を引き出す方法を若者との対話のプロに聞いた

1on1ミーティングを取り入れる企業が増えている。ヤフーが2012年から導入したことをきっかけに、ビジネスの世界で注目され始めたこの面談のやり方。主に、マネジメント層の上司が部下と1対1で対話することで、部下の指導・育成を行うのが目的だ。 しかし、上…

「コミュ力」と「孤独力」が鍵 珍獣ハンター・平坂寛のハンティングから学ぶ仕事術

「ハンティングに必要な能力とビジネスに生かせる能力は似ている」珍獣ハンターとして様々な生物を捕獲、試食、紹介まで行う平坂寛さんにハンティングから学べる仕事術を教えてもらいました。

自分に向いている「本来の仕事」とは?20代・30代に伝えたい、コミュニティーで実践する無理しないキャリアアップ術

コミュニティーへの注目が再び集まっている。以前から朝活や異業種交流会、ビジネススクールなど、会社の外で学ぶ機会はあったが、最新のコミュニティーは特に20代から30代のスキルアップ、キャリアアップしたいと考える若手ビジネスパーソンを惹きつけてい…

仕事で忙しい日にもぴったり、まな板いらずの簡単レシピ だし愛好家・梅津有希子さん

だし愛好家の梅津有希子さんが、「ごほうびごはん」「お疲れごはん」「すぐ寝るごはん」という3つのコンセプトで、まな板いらずの簡単レシピを紹介します。ささっと作れるので、仕事で忙しい日にもぴったりです。

24時間365日、愛する猫たちと過ごす仕事をする覚悟 ネコリパブリック首相・河瀬麻花さん

「趣味は猫」「3日猫に触れないと発狂する」大の猫好きが高じて保護猫カフェ「ネコリパブリック」の首相を務める河瀬麻花さん。趣味を仕事にした彼女の働き方について伺いました。

輝かしい「ニコラ」モデルから、「息するトルソー」へ 広告モデル・日笠麗奈が乗り越えた葛藤

「ニコモ」から広告モデルへ。中高生のカリスマからスーパーのチラシや洋品店のカタログモデルに転身した日笠麗奈さんの仕事への考え方、思いとは?

ビジネスの場面で役立つ文房具5選 文具ソムリエールに聞いてみた

毎日のように降りかかる事務作業や会議などの仕事。身の回りにある持ち物を買い替えて、それぞれの作業がちょっとラクになったら、もっと楽しくなるのかも? そこで今回は、文具ソムリエールとして活躍する菅未里(かん・みさと)さんに、ビジネスの場面で役…

ゆとり世代・さとり世代の後輩を上手に指導する方法は? ほめ方のプロ、ホメシカ先生が教える「サンドイッチ話法」

新年度を迎えてはや4カ月。昨今の新社会人は「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれ、30代以上のビジネスマンとは異なる価値観をもつ傾向があるため、後輩や部下への指導に手を焼いている人もいるのでは? そこで今回は、国際コーチ連盟認定マスターコーチで…

プロから盗む仕事術 〜教えて!里崎智也センパイ〜

プロフェッショナルーー特に「トッププロ」とは仕事というものをどのように捉えているのだろうか。例えば、プロ野球の世界では? 独特な仕事観を携え、売れっ子解説者となった里崎智也さんの仕事術を紐解きます。

自宅で簡単! シャツについたカレー・ワイン・油性ボールペンのシミを落としてみた

せっかくシャツを新調したのに、食べ物をこぼしたり、ペンのシミをつくってしまったりしたことはないだろうか。洗濯機で洗ってみたものの汚れが落ちず、そのうちクリーニングに出すつもりが面倒くさくなり、そのままタンスの肥やしになってしまったりして………

美文字がビジネスに効く? きれいで大人の落ち着きのある文字を書くコツ

ノートや伝言メモ、あて名書きなど、日常生活でさりげなく文字をきれいに書ける人にあこがれる。なぜなら、わたしの普段の文字はこんな感じだから。 ギリギリ読めなくはないはずだが、もしそのあたりにこのノートが捨てられていても「私がこの字を書きました…

ビジネスメールの「定型句」をアップデート! 仕事相手に伝わる言葉の上手な選び方

「お世話になります」「ありがとうございました」「どうぞよろしくお願いいたします」 ビジネスメールでこういったフレーズを使うことは、社会人にとって基本のマナーだ。しかし、いつの間にか仕事に慣れてくるうちに、同じような言葉を繰り返しすぎていない…

算数力がビジネスのカギを握る? 「確率」「平均」「パーセント」の正しい理解と計算法

「確率」「平均」「パーセント」など、ビジネスシーンではごく当たり前にこういった数値が計算され、企画書などにも明記されている。こういった数字の扱いは簡単だと思われがちだが、実は間違って使われていることも少なくないようだ。 具体的にどのようなケ…

大人こそ活用すべき! 仕事を高速化する「時間割」の効用

「タスクが多すぎてこなせず、いつも定時に終わらない」「やりたいことがたくさんあるのに時間が足りない」……。雑誌の特集でも書店のビジネスコーナーでも、「タイムマネジメント」「時間管理術」「スケジューリング」といったワードが並び、ビジネスパーソ…

テレビ番組の演出に学ぶ! 「伝わる」プレゼンテーションの技術

取引先への新規商品を売り込んだり、社内会議で企画を通したりと、ビジネスの現場ではプレゼンテーションの能力が欠かせない。その際に必要になるのが「伝えるための技術」である。人の心をつかむための実践的なノウハウこそ、ビジネスパーソンにとって必須…

仕事や転職活動に役立つ情報収集のコツは? 時事芸人・プチ鹿島さんが実践する「新聞の読み方」

速報性と拡散力に優れたネットニュース、ながら作業でも気軽に視聴できるテレビのワイドショーや報道番組など、私たちを取り巻く情報源は一見、実に多種多様である。しかしそれらのニュースは、元をたどれば「新聞」がソースであることは少なくない。政治経…

2018年こそ脱三日坊主! 行動習慣コンサルタントに聞く「継続」のコツ

心機一転、何かに挑戦したい――。ビジネスのスキルアップはもちろん、プライベートでの運動やダイエットでも、目標を立てて何かに取り組むと、人生はより豊かになっていくだろう。しかし、その挑戦内容を、習慣化し、継続していくのは難しい。先延ばししたり…

どっちが上席でどっちが末席? 席次のルーツと失礼のないマナーとは

ビジネスパーソンとして間違えてはいけないマナーのひとつに「席次」がある。しかし、“誰がどこに座るべきなのか”という考え方は、いつから、なぜ重要と考えられてきたのだろうか。その起源や理由を探るべく、日本マナー・プロトコール協会の理事長、明石伸…

ビジネス用メガネの選び方 自分に似合うタイプを見つけるポイントとは?

仕事の転機など、新しい環境にチャレンジする際、第一印象を変えるツールのひとつがメガネではないだろうか。しかし、いざ新調しようとしても、数あるデザインのなかから自分に似合うメガネを選ぶのは、なかなか難しいものだ。 「靴やバッグと同じように、メ…

社会人の知性と教養はボキャブラリーに出る!? 語彙力アップの方法とは

プレゼンや会議に商談、メールのやりとりや資料作成など、社会人はビジネスシーンの節目節目でボキャブラリーが求められる。「もっとふさわしい言葉があると思うけど、出てこなくて……」と、ついつい使い慣れたフレーズで、その場をしのいでいる人も少なくな…

外食をしながらでも節約できる? 食費月額2万円生活を続ける秘訣

総務省統計局が2017年4~6月に実施した調査によると、一人暮らし世帯における1カ月の食費平均額は3万8,532円。しかし、仕事が忙しくて外食が続いたり、ついつい飲みに行ってしまったりと、つい出費がかさんでしまうビジネスパーソンもいるだろう。 忘年会シ…

社内徘徊、雑談、仕事の棚卸し……沢渡あまねさんが説く、転職を考える前の心得

自分の希望していた部署に入れなかったとき、ルーティンの業務に退屈を感じるとき、なんとなく刺激が欲しいとき、転職を考え始めたという人も少なくないのでは? しかし、そんなふわっとした理由から転職をしてしまってもいいものなのだろうか。 その悩みを…

体の隅々まで意識できている? パントマイムアーティストに学ぶ「好感度がアップする仕草」のノウハウ

メールでは伝えられるのに、いざ対面すると緊張して体が縮こまり、必要以上に恐縮してしまう……。近年ではメールやSNSなどが使われるようになって人と会う機会が減り、対面に苦手意識を持っている人も少なくないようだ。 実際に対面するとなると、会話の節々…

ビジネスをよりスムーズに! スケジュールや健康などを管理する秘書のようなガジェット5選

スケジュール管理や経費精算の申請が面倒くさい。ああ、自分専属の秘書がいたらいいのになぁ……。そんなことを考えている人は、秘書のように仕事を助けてくれるガジェットを駆使して、雑務の負担を極限まで減らしてみるのはどうだろう。 今回は「Gizmodo」や…

体調不良のシグナル見逃してない? 眼科医・猪俣武範さんが提唱する「ビジネスパーソンの休息戦略」

「体のことを考えたいけど、たまっている仕事を考えるとなかなか休めない」「体力だけには自信があるから、気合で乗り切れる!」と、休息をついつい後回しにしていないだろうか。疲れが抜けない体では、仕事のパフォーマンスも上がらないのは分かっちゃいる…

探す時間を短縮して仕事の生産性もアップ! 「ラベリング」と「モノの起点終点」を考えて、デスクを整理整頓しよう

「デスクの上や引き出しのなかがごちゃごちゃで、なかなか片づかない」、「ファイルケースや収納ボックスを用意しても書類やレジュメが溢れてしまう」、「思い立って紙類、不要なものを処分しても、リバウンドしてすぐ元通りに……」 オフィスの整理・収納につ…

イベント学研究の第一人者・岡星竜美教授に聞く、イベントプロデューサーの資質

数十万人を動員する花火大会や夏フェスから近所の町内会のお祭りまで、日本では大小さまざまなイベントが日々開かれている。大規模なイベントともなれば、音響や照明、警備、会計、当日のボランティアスタッフなど大人数が携わり、その特別な時間や空間をつ…

デキる幹事は仕事も優秀? 忘年会の段取りを立てて、トラブルを回避する方法

少しずつ秋が深まり、今年もあと2カ月ちょっとで終わり。そんなタイミングで、上司から「今年の幹事は君に任せたよ」という指令が下りてきた。うちの部署は20人近くもいるし、店探しや当日の段取りを考えるだけでも憂うつなんですけど……。 「会社の忘年会は…

失敗を恐れずチャレンジするには何が必要? サイエンス・クリエイター北原淳さんのアドバイス

仕事で失敗したときにすぐに立ち直れればいいが、引きずってしまい新しく挑戦するのが怖くなってしまった経験はないだろうか。 今回お話を聞いたのは、科学実験を通じて子どもたちにチャレンジするおもしろさを伝えているサイエンス・クリエイター北原淳さん…

どうやってアポをとる? ヒットメーカーの編集者に学ぶ「口説き力」

「どうしてもこの人と仕事がしたい」「企画を持ちかけたい」というように、ビジネスでは社外のキーパーソンを口説き落としたい場面がある。しかし、相手が人気であればあるほど、多くのオファーが殺到するもの。いかにして目に留めてもらい、こちらの思いを…

判断に迷ったらどう選ぶ? 北極冒険家・荻田泰永さんに聞いた不安な道の進み方

仕事には、決断力や判断力が必要だ。しかし、先行きが見えない昨今、漠然とした不安を抱くビジネスパーソンもいるだろう。 2000年に大学を中退し、それから毎年のように北極を冒険している荻田泰永さん。極寒の地で命懸けの冒険を続けていれば、生死を分ける…

朝のワイドショー「スッキリ!!」コメンテーターの坂口孝則さんに聞く、「会議でのコメント力」を磨く方法

ビジネスの現場では、自分なりの主張や見解が求められるシーンに事欠かない。特に会議や商談では、事前の段取りに沿っただけの発言だけではなく、当意即妙のコメントを発し、強い印象を残したいところだ。そこで参考になるのが、テレビのワイドショーではな…

キラキラ女性起業家に学ぶセルフブランディング 会社員でも活かせるコツは?

SNSでキラキラと華やかで充実したプライベート情報を発信し、ビジネスにつなげていく女性起業家を「キラキラ起業女子」と呼ぶそうだ。美LIFEクリエイター・ホリスティック美容家の肩書きで活躍する株式会社ルミエールの代表取締役・長谷川朋美さんも、そのう…