はたラボ

おもしろ部署探訪~日本たばこ産業株式会社(JT) たばこ事業本部 AP推進部~たばこを吸われる方にとっても吸われない方にとっても、快適で双方が共存できる社会を目指す『分煙コンサルティング』の仕事とは?

今回の『おもしろ部署探訪』は日本たばこ産業株式会社(JT)のたばこ事業本部 AP推進部を訪問。たばこを吸われる喫煙者の方にとっても、たばこを吸われない禁煙者の方にとっても快適に過ごすことができる空間づくりをする『分煙コンサルティング』の仕事に迫…

「営業に向いていない人はいない!」 えりたの絵日記著者に聞く、営業職のおもしろみとは?

会社にとって、なくてはならない売り上げ。これをしっかり上げるのが営業職の役割だ。高いコミュニケーション能力と強い忍耐力が求められる職種のひとつだが、「私には向いていない……」と壁にぶつかった経験者もいるだろう。 入社1年目、広告会社で求人広告…

仕事の「負のスパイラル」からどう脱出する? 「うつ」から抜け出した漫画家・田中圭一さんの場合

「駅から徒歩15分の家に住んでいたのに、30分かかっても帰れないんです。気づいたら途中で立ち止まって、ぼーっとしていることも。ワケがわかりませんでした」 当時の様子をこう振り返るのは、マンガ家の田中圭一さん。まだ副業としてマンガ制作に取り組んで…

1日に1億円売った実演販売士・レジェンド松下さんに聞く「短時間で人を惹きつける極意」

たった数分のプレゼンで客の心を惹きつけ、商品を買わせる実演販売士。そのスキルは社会人、特に営業職に従事する人に非常に役立つはずだ。 そこで「1日に1億円売った」実演販売士としてバラエティ番組などにも引っ張りだこのレジェンド松下さんに、「短時間…

一番出世欲が強いのはなんと20代。20代男性の58%が「出世したい」と回答

ゆとり教育を卒業した世代が新入社員として入社してくる昨今。 働き方や考え方の著しい変化は、自分だけでなく後輩育成などでも戸惑うこともあるのではないでようか。 以前は厳しく指導するのが一般的だったのが、今は少しキツく叱るとすぐに仕事を辞めてし…

ベンチャー企業と大企業、どちらで働きたい?製造業系エンジニアの6割以上が大企業を志望

今の職場でずっとこの先も働いていくのか、一度は考えたことがある方がほとんどではないでしょうか。 仕事を選ぶ軸としては、職種や勤務地、勤務体制など様々ですが、「ベンチャー企業か大企業か」も考える選択肢の一つだと思います。 人それぞれ仕事に求め…

小さい頃に夢に描いていた職業に就いていますか?約半数が「全く関係のない職業に就いている」と回答

大人になった自分は、小さい頃に思い描いていたカッコイイ大人になれたでしょうか? 「あなたは小さい頃に夢に描いていた職業についていますか?」アンケートの結果は・・・

「営業は学歴もキャリアもコネもいらない、普通の人が成功できる職業」【『成約率98%の秘訣』著者・和田裕美さん インタビュー】

「この仕事は自分に向いていないのではないか……」 望むような結果が出なかったとき、誰でも一度はこのような不安に襲われたことがあるだろう。しかし、『成約率98%の秘訣』著者で営業コンサルタントの和田裕美さんは「どんな人でも、仕事で輝く方法がある」…

あなたは転職したい? 20~30代ビジネスパーソンの街頭調査結果は……

終身雇用が崩壊したと言われて久しいが、転職にはある程度の準備と覚悟が必要だ。仕事でイヤなことがあると「転職したい……」と思ってしまいそうなものだが、はたしてほかのビジネスパーソンはどのくらい転職を考えているのだろうか。 そこで、20~30代のビジ…

意外と見られてる! 相手に好印象を与える名刺入れの選び方

訪問先や交流会での名刺交換。マナーは完璧でも、そこでチラッと見える名刺入れがザンネンだったら、せっかくの好印象が台無しになってしまうかもしれない。 そもそも、世のビジネスパーソンは、どんな基準で名刺入れを選んでいるのか。「お気に入りのブラン…

今の仕事とは関係なく、新しく仕事につけるとしたら?男性は「製造業系エンジニア」、女性は「人事などの管理部門」が人気

今の仕事とは関係なく、新しい仕事につけるとしたらあなたはどの仕事を選びますか? 小さいころからの夢の仕事、憧れている仕事、そして今やっている仕事。 様々な回答がみられたのが、今回のアンケート調査となりました。 今回は、「今の仕事とは関係なく、…

今の会社でずっと働き続けたい?「いつかはやめたい」20代は「ずっと働き続けたい」を上回り約3割に。

終身雇用の時代から、転職をしながらキャリアアップをする方が増えてきたと言われている今の時代。実際に働いている方は、どのような気持ちで日々過ごしているのでしょうか。すぐに辞める予定ではないけど、いつかは転職を考えている、という人は少なくない…