スマートフォン版はこちら

私たちに未来の自動車が現れる日

今日はクリスマス・イブ。サンタクロースは、トナカイのひくそりに乗ってやってきます。(くることになっています。)実は、サンタクロースのそりは8頭のトナカイでひかれているそうです。8馬力ならぬ、8トナカイ力。トナカイの冬の食糧は、雪の下にある地衣類だそうなので、サンタのソリの燃料は、トナカイの餌である地衣類ということになりますね。

自動車燃料の歴史

現在もなお進化を遂げ続ける自動車燃料の世界

私たちの日常で使用している自動車の燃料にも長い歴史があります。ガソリンエンジン用燃料からディーゼルエンジン用燃料、LPG、天然ガス等の石油代替燃料、ハイブリッド、燃料電池、電気自動車と長い変遷をたどってなお、今も進化の途中です。先日幕を閉じた東京モーターショー2013でも、日本だけでなく海外の自動車メーカーも様々なコンセプトカーを発表しました。環境にやさしいクリーンで、ドライバーの運転技術にも配慮した自動車やバイクがたくさんお目見えしました。

実用化については、メーカーや車種によって差がありそうですが、環境問題、エネルギー問題だけでなく、ドライバーの技術や道路事情も勘案した夢のような乗り物が街中を走る日も近いのでしょうか。もちろん、自動車関連の求人はまだまだ熱いです。