スマートフォン版はこちら

【2021年上半期】IT(インターネット)業界の求人・転職市場動向

ktsubono-610_400_l.png

IT業界では、テレワークの普及や巣ごもり需要、またビジネスモデルの変革を進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進により、ITエンジニアを中心としたデジタル人材のニーズが高まっています。
積極的に採用活動を行っている企業様から、様々な求人のご依頼をいただいておりますので、求職者の方に合った情報提供や求人のご提案が可能です。IT業界での転職をご検討されている方は、今後のキャリア形成も含めてぜひ、パソナへご相談ください。

IT(インターネット)業界の採用動向

ITエンジニアは売り手市場が継続。コロナ禍でも積極的に採用する企業が多数。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワークが普及したことで、オンライン会議システムやSaaSと呼ばれるクラウド型システムの導入が加速し、システム開発や導入に携わるITエンジニアの需要が高まっています。また、巣ごもり需要によって伸びているEC市場やゲーム業界での採用ニーズも活発化しています。現在、パソナでお預かりしているIT業界の有効求人倍率は2.25倍と、全産業の平均0.9倍と比較しても高く、IT業界の採用意欲は引き続き堅調と言えるでしょう。

また、IT業界だけではなく、事業会社の情報システム/DX関連の求人ニーズも旺盛です。事業会社でのデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速し、業務プロセスや生産性改善のためのデジタル導入のみならず、ビジネスモデルの変革を進める企業も増えて参りました。ただ、事業会社側にはデジタルやテクノロジーに関するスキルを持つ人材が不足しており、育成を含めた人材投資や外部からの採用に力をいれる企業が多くみられます。

テックリード経験やアジャイル開発の経験者を求める企業が増加/カスタマーサクセスの需要も拡大傾向

従来よりニーズの高いプロジェクトマネージャーやシステム構想の企画段階から参画する上流のエンジニア募集に加え、SaaS業界を中心にテックリードという募集職種も多くみられるようになりました。各社で求める役割に多少の違いはありますが、テックリードは自身の高い技術力を活かして、プロダクトの設計から品質の管理、また組織のフロントとして様々な役割の方と連携し、チームの生産性を挙げていくことが求められる難易度の高いポジションです。技術力でエンジニアチームをリードしてきた経験をお持ちの方はとても重宝されると言えます。

また、DXの推進において、短期間で検証や改善を繰り返すアジャイル開発の手法を取り入れる企業も増えているため、アジャイル開発経験をお持ちの方を求める企業が増加しています。その他、DX推進において欠かせないデータ活用を担うデータサイエンティストや、キャッシュレス社会やサイバ-攻撃において一層注目を集めるセキュリティエンジニアなども引き続き需要が高く、募集されている企業が多いです。

また、エンジニア以外では、SaaS業界にてカスタマーサクセス募集のご依頼も多く頂いています。経験者は勿論ですが、営業などの対法人折衝経験がある方もターゲットにされている企業が多く、継続利用いただくための重要なポジションであるカスタマーサクセスは、お客様の声をプロダクトに反映し、お客様の成功のために伴奏していくやりがいがありますので、前職の営業経験を活かしご応募される方も増えています。

IT業界の今後の転職市場

10年後の2030年には45万人ものIT人材が不足(最大70万人不足)すると言われていますので、今後も売り手市場は続いていくでしょう。また、5Gなどのブロードバンド化の推進で、様々な産業分野においてX-techの動きが活性化され、益々ITエンジニアの需要は高まることが予想されます。FinTech(金融×IT)やHealthTech(医療×IT)、Edutech(教育×IT)など、様々な業界でテクノロジーの活用が進みますので、業界トレンドや最新の技術・情報にアンテナを張り、常にスキルを磨いていくことが非常に重要だといえるでしょう。

IT(インターネット)業界の求職者動向

弊社にご登録いただく求職者の方の職種や年齢には、特に大きな変化はありませんが、人生100年時代を見据え長期的なキャリア形成についてご相談をいただくことが増えました。また、柔軟な働き方を希望される方が増えており、副業の制度やテレワーク活用・ジョブ型の雇用など、ご質問を頂く機会も増えています。

パソナでは必ずしも転職したいといった方のサポートだけでなく、長期的なキャリア形成のアドバイスも行っておりますので、キャリアの棚卸しといった観点でも是非ご相談ください。 また、全業界を網羅する総合型のエージェントとして、各業界の情報システム部門/DX推進の求人も豊富に取り扱っておりますので、様々な選択肢の中からご志向やご経験に合わせた求人のご案内が可能です。

IT業界専任のキャリアアドバイザーやエンジニア経験を持つアドバイザーも多数所属しており、3年連続でオリコン顧客満足度調査第1位のご評価をいただいておりますので、転職やキャリア相談をお考えの際にはぜひパソナにご相談ください。

〈話し手 プロフィール〉

IT/Web業界 統括部長 坪野 可奈

医療機関向けの営業と看護師の方々の転職支援を一気通貫のコンサルタントとして経験。その後、IT/Web業界向けにシステムエンジニア・ITコンサルタント等の技術職を中心に営業・事業企画・管理部門など幅広いサポート実績を持つ。現在はIT/Web業界組織の責任者を務める。

IT(インターネット)業界の経済状況・今後の市場予測

テレワークの普及が追い風となり、SaaS市場は年平均成長率約13%の勢いで急成長

2020年2月以降、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けてテレワークが進むなど企業における働き方が大きく変化し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環としてSaaS(Software as a Serviceの略語)が注目されつつあります。国内SaaS市場は年平均成長率約13%の勢いで急成長しており、2024年に約1兆1,200億円へと拡大する見通しです。SaaSサービスを提供している主な企業としては、サイボウズ、Sansan、ラクス、カオナビ、freee、マネーフォワードなどがあげられます。

テレワークの普及により、Web会議システムや電子契約サービス、プロジェクト管理ツールなど、SaaS形式のアプリケーション利用が急速に増えています。緊急事態宣言期間を含む2020年4-6月は、1-3月期と比較してWeb/テレビ会議システムは76%増、電子契約サービスは223%増となりました。夏以降はテレワーク前提の「ニューノーマル」時代へ向けた動きがみられ、情報の可視化・共有を促進するカテゴリがコロナ以前より伸びました。2021年も引き続きジョブ型シフトが加速すると考えられ、人事評価や人材配置関連システムの動向にも注目です。

SaaSをはじめとしたITサービスが増加するなか、それに伴いID・パスワードの漏洩やサイバー攻撃などセキュリティリスクも増大しています。こうした中、SSOやID管理、WAF、脆弱性診断などのSaaSが登場しており、今後はセキュリティ系のSaaSがさらに増加していくことが予想されます。また、テレワークの一層の進展や定着から、財務・会計・経費精算・人事評価など従来型カテゴリのSaaSもまだまだ伸びていく余地があるでしょう。

デジタル庁新設でデジタルシフトが加速し、クラウドサービスの普及が継続

行政へ提出する文書の電子化が進んでおり、規制緩和・制度変更が相次いでいます。コロナ禍で押印廃止や電子契約を認める動きが活発化してきているほか、菅新政権によるデジタル庁新設の動きにより更なるデジタルシフトが期待されます。新型コロナによる影響が長期化する中、こうした政府の後押しもあり、2021年もクラウドサービスの普及が継続する見込みで、関連企業の活躍が期待されます。

Fisco

株式会社FISCO

1995年に設立、2006年上場。金融情報配信会社として、株式、為替、債券、仮想通過といった金融情報を広く取り扱う。各投資市場に対する深い理解と洞察に基づき、初心者からプロまで、投資家を支援する各種金融サービスを提供している。全国の金融機関約250社向けに金融情報を提供しているほか、個人向けではヤフーファイナンス、LINEニュース、SmartNews、Gunosyなど、国内の主要なサイトやアプリに金融・経済系コンテンツを提供している。


Fiscoホームページ>>