スマートフォン版はこちら

【おすすめのポジション】 金融システムエンジニア

金融業界では、現在、基盤システムだけでなく、コスト効率や競争力強化のために大規模投資をしてシステム開発を手がける企業が増えています。社内のIT部門は、既存システムの運用保守も行いますが、ビジネス上の競争を優位にするために、最新のIT技術を駆使してビジネスに適用する役割を担う部署としてとらえられています。他の業界のシステムエンジニアとは違い、経営に直接関わるような影響を与えることができるポジションといえます。

パソナキャリアでも金融システムエンジニアの求人需要は増えています

弊社でも、金融機関のシステムエンジニアの求人が増えています。もちろん、従来の運用保守を担う社内SEのポジションもありますが、エンジニアとしての知識を活かして社内プロジェクトの運営を行うポジションなど、職務内容は多岐に渡っています。ただ、業務内容の専門性が高いため、求められるスキルも高くなります。その分、自分の専門性を高めるにはうってつけの場所と言えます。将来的には、どの業界でも通用するエンジニアになれると考えられます。

ただのシステムエンジニアでは飽き足りないという方は、ぜひご検討されることをお勧めします。