スマートフォン版はこちら

注目ワード「ネイティブアプリ」

今回は注目ワード「ネイティブアプリ」と求人についてお話します。

「ネイティブアプリ」まわりの現状と求人募集状況について

近年、スマートフォンの国内普及率が約50%に達する勢いであり(2013年6月IDC Japan調べ)、スマートフォンアプリケーションにも大きな変化が起きています。それがWEBアプリケーションからネイティブアプリケーションへの移行です。特にソーシャルゲームを中心としたソーシャルアプリケーションで顕著です。ガラケー時代から続くソーシャルゲームは当初、ブラウザベースのWEBアプリケーションでしたが、ユーザービリティやレスポンスの向上、よりリッチなクライアントの実現のため、ネイティブアプリへの移行が進んでいます。

またカメラアプリのような完結型のネイティブアプリ以外にもハイブリッドアプリと呼ばれるブラウザをアプリケーションに内包し、一部画面においてhtmlをレンダリングしているものも存在しています。

ネイティブアプリ関連の求人はニーズが高くなっており、増加傾向にあります。主な求人は下記の通りです。

・主に新規のネイティブアプリを開発する仕事
・既存のWEBアプリケーションをネイティブアプリ化する仕事
・ネイティブアプリをクライアントとしたサーバーサイドのアプリケーションを開発する仕事