スマートフォン版はこちら

未経験でもチャンスが広がる動画配信業界への転職

インターネットの高速化やスマホ・タブレットの普及により、YouTubeなどの動画共有サイトや、テレビ局が運営する動画配信サイトなど、インターネット上での動画視聴が当たり前になり、バイラルマーケティングの主役としての動画広告が注目されはじめています。

動画配信広告事業で求められるエンジニアのスキルは?

2012年4月にはGoogleが動画広告向けAdwordsを開始。2013年7月にはTwitter Japanが広告入り動画ツイートを日本国内で初めて実施し、同年12月にはFacebookが試験的に動画広告を導入するなど、配信プラットフォームの増加に伴い、動画広告の活用の幅が広がる一方、動画広告配信事業を支えるエンジニアの絶対数が足りなくなることが想定されます。

動画広告配信事業として求められるスキルとしては、マルチデバイス化による配信形式も多様化に対応するための配信技術、フォーマット変換技術、デジタルライツマネジメントなどの著作権保護のためのセキュリティ技術などをもったエンジニアの需要が高まると想定されます。

ソーシャルゲームバブル当時と同様に業界経験者の絶対数が少ない以上、JavaやC言語でアプリケーション開発をしていた人材やLAMP環境を構築できるエンジニアであれば未経験のエンジニアでも挑戦できる環境にあるといえます。

今年1年が動画広告マーケットが本格的に立ち上がる正念場と考えると、新しい技術にチャレンジしたいエンジニアにとっては早めの行動が望まれる市場であることは間違いありません。