スマートフォン版はこちら

食品メーカー営業の魅力とは?

食品業界はメーカー、卸業者、販売店という流通経路をたどります。それら食品会社の営業の基本はルート営業であり、営業としての仕事は既に取引のある会社に対して、商品を卸したり新商品を紹介するのが最も大事な仕事となります。

食品会社のルート営業に求められるスキルと仕事の魅力

基本的には得意先に対して、導入商品の提案、プロモーションの企画などの商談がメインとなります。それらの商談を論理的に行うには、その商品に関する知識はもちろん、競合商品や購入対象者の趣味嗜好に関しての分析能力も必要になります。また、取引先の立地や業態に合うようさまざまな角度から物事を見る視野の広さを持つことも求められてきます。大手の食品会社の多くは既にスーパーや小売本部との取引口座を持っているものです。営業の仕事の多くは受注処理と経理処理、そして得意先の挨拶回りと思われがちですが、プライベートブランド商品の企画提案なども重要な任務となっています。

食品会社は大きな売り上げの変動も少なく最も安定している業界のひとつと言われています。そのため、じっくりと仕事にも取り組むことができて長期的なキャリアアッププランを立てることができるのは、この業界で営業として働く人にとっては魅力的な部分となっているようです。