スマートフォン版はこちら

営業職の職務経歴書の書き方のポイントとは

雇用情勢の回復とともに営業職の求人が堅調に伸びてきています。多くの企業が積極的に営業担当の採用活動を行いはじめていますが、どの企業も採用に厳しい目を持っていますので楽観視はできません。

転職活動を本格的に始める前に、確認しておきたいことは?

いざ転職活動へと行動を移す前に、自分自身のこれまでの経験、今後のビジョンなどを整理し、しっかり準備をして行動に移しましょう。
主なチェック項目としては

1. 転職動機や応募動機は、論理的かつ明確に書かれているか
2. 数字や実績、業務経験がきちんと書かれているか
3. 受身や会社批判などネガティブな表現はないか

などがあげられます。

営業としての実績を具体的にアピールすることが重要ですので2.の数字や実績は具体的に記述するなど、自分の経験や強みが活かせることをアピールする工夫も必要です。アピール方法は企業のニーズによっても様々ですが、事例を一例だけでも記述しておくと、面接での話が弾みスムーズに進むようです。また、自身の経験やスキルを記述する順番、内容によってもアピールするポイントは変わり効果的に伝わらない場合もありますので注意が必要です。

パソナキャリアでは専任のキャリアコンサルタントが求人情報の収集やご提供、書類作成や面接対策など転職活動全般のアドバイスを幅広く行っていますの でぜひ一度ご相談ください。