スマートフォン版はこちら
Job No.
80510430

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社省エネ・CO2クレジット・低炭素技術の海外展開分野の中途採用・求人・転職情報

年収
500万円〜1000万円 ※経験に応ず
勤務地
東京都
  • 正社員
  • リモートワーク可
  • 未経験可
  • 転勤なし
  • 土日休み
  • 完全週休2日制
  • 退職金制度有
"みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社"

日本を代表する金融グループ「みずほフィナンシャルグループ」
WLB◎ (平均勤続年数17,6年、残業26,9時間、有休取得16.1日※2019年調べ)

仕事内容

【採用背景】
・昨今盛り上がりを見せているサステナビリティ領域にて、同社既に30年ビジネス展開をしています。当然同社の基幹事業であり、業界のリーディングカンパニーです。また、これまで主にメインプレーヤーは省庁や研究機関でしたが、SDGsの流れで民間企業も対応が迫られており、そのニーズに対応すべく中途採用に注力しています。

【魅力・強み】
・30年以上サステナビリティ領域で事業展開をしており、リーディングカンパニーです。
・省庁など、公共機関とのリレーションシップが確立されており、政策や規制などのルールメイクから携わることが可能です。
・海外事例などは民間よりも省庁の方が、情報が早く、未来を先読みした提言が可能です。
・サステナビリティに興味関心のある企業は、環境関心度の高い大企業であり、大手企業の
変革支援に貢献し、ひいては市場変革を行うことができます。


【業務内容】
省エネ・CO2クレジット・低炭素技術の海外展開分野に関するコンサルタントをお任せ致します。
■省エネ・省CO2政策の調査・分析
■CO2クレジット制度運営
■低炭素技術の海外展開に関するコンサルティング

【業務例】
・省エネ法制度設計に関する調査・分析
・J-クレジット制度運営業務
・二国間クレジット制度に関する調査・分析
・LCA・スコープ3に関する調査・分析

【得られる経験・スキル】
■脱炭素政策・エネルギー政策の策定から運営までの様々な政策支援業務への従事経験、政策実現に関する知見の蓄積
■政策支援業務を通じて国内外の脱炭素に係る最新の政策・企業動向の把握
■脱炭素政策に係る国内有識者、海外の国際イニシアティブ関係者との人的ネットワークの形成

【競合他社との違い】
■環境エネルギー分野に総勢約140名(グローバルでみても最大規模)のコンサルタントが在籍しており、多様な専門性を持つコンサルタントから刺激を受けながらキャリア形成に取り組むことができる。
■省エネルギー法、温対法、エネルギー供給高度化法といった国内の幅広い事業者に影響を及ぼす複数の政策に係ることができる。
■J-クレジット制度運営業務など脱炭素実現に向けて注目の高まる環境価値取引分野を牽引する存在である。
■民間企業を巻き込む政策/民間企業に影響を及ぼす各種ガイドラインの作成等、民間企業の脱炭化を促進する観点での政策支援に重点をおいている。

募集要項

応募資格

【必須要件】※下記いずれかの業務経験をお持ちの方
■「省エネ・省CO2」、「CO2クレジット」、「低炭素技術の海外展開」分野での業務経験
■コンサルティングファーム、シンクタンクでのコンサルタント経験

【歓迎要件】
■当該分野における海外調査の経験、英語力
■当該分野におけるプロジェクトリーダー経験

予定年収500万円〜1000万円 ※経験に応ず
学歴大学 卒業以上
勤務地東京都千代田区神田錦町2-3
<最寄駅>竹橋
勤務時間8:40~17:10
休憩時間:1時間
休日・休暇完全週休二日(土日)
日、年末年始、年次有給休暇(毎年度20日間。但し初年度は入社月により異なります)、積立休暇、特別休暇、産前産後休業、育児休業、介護休業(プラチナくるみんマーク認定)
諸手当通勤手当, 残業手当, 退職金制度
昼食費など各種補助金、健康管理・自己啓発等など各種支援、借上げ住宅制度、企業年金制度、財形貯蓄制度、各種融資制度、健康開発センター、事業所内保育所 他
選考フロー面接回数3回
適性試験
担当者のコメント【プロジェクト事例】・J-クレジット制度運営(https://japancredit.go.jp/)
・温暖法定期報告(電力係数)運営支援(https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/calc/notice_r02a)
・削減貢献量評価ガイドライン作成(https://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11402477/www.meti.go.jp/press/2017/03/20180330002/20180330002-1.pdf)
・【情報発信】エネルギー供給高度化法(https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/report/2020/mhir21_energy_01.html)
・【情報発信】経済産業省研究会(第3回 世界全体でのカーボンニュートラル実現のための経済的手法等のあり方に関する研究会)
(https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/carbon_neutral_jitsugen/pdf/003_01_00.pdf)

会社概要

会社特徴

~「みずほ情報総研」と「みずほ総合研究所」がひとつになり、2021年4月、「みずほリサーチ&テクノロジーズ」が誕生しました。~

■みずほリサーチ&テクノロジーズは、リサーチ・コンサルティングの高い専門性と先端ITの融合により、お客さまが真に必要とするあらゆるサービスやソリューションを提供し、<みずほ>の非金融ビジネスを牽引する中核会社として、お客さまや社会に新たな付加価値を提供していきます。
■海外拠点の拡充やコンサルティング型営業の推進、銀行・証券・信託銀行の連携など、ますます拡大していく〈みずほ〉のビジネス展開に欠かせない重要なポジションを担っています。また、調査研究から研究開発、IT戦略まで幅広い事業で、幅広い事業で、現在〈みずほ〉が進めている”Oneシンクタンク”の一翼を担っています。
■高い専門知識とノウハウを兼ね備えた4,000名を超えるプロフェッショナルたちが「コンサルティング」、「システムインテグレーション」、「リサーチ」の3つの事業を連携させながら、上流工程から一貫した高付加価値サービスを提供しています。
■みずほ銀行を中心とした「銀行」、地方銀行、信用金庫、クレジット会社等の金融機関を対象にした「金融」にとどまらず、政府・自治体・公益法人などを対象とした「公共」、製造・通信・流通など幅広い産業を対象とした「法人」の4分野を核に、多様な活躍の場が広がっています。

設立2021年04月
資本金1627百万円
従業員数4065人
売上高-
株式公開-
事業内容■コンサルティング
ビジネス環境の変化を予見。お客さまのビジネスに新しい可能性を拓きます。
■システムインテグレーション  
全体最適なシステムの実現。ITと業務に精通したプロフェッショナルが お客さまのビジネスを強力にサポートします。
■リサーチ
世の中が求める情報を経済学的、時には政治的見地から調査・分析しています。

【株主】
株式会社みずほフィナンシャルグループ

ご登録いただいた内容をもとに、業界専任の転職コンサルタントが、求人状況についてお調べいたします

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

ご利用者様の声

  • 女性
    財務・会計系業界・ビジネスコンサルタント(32歳・女性)

    非常に親身になって話を聞いてくださったのでこちらからも相談がしやすかったです。

  • 男性
    経営・戦略系業界・ビジネスコンサルタント(35歳・男性)

    志望先の情報を、志望先から直接入手し、適宜共有してくださった。内容がとても充実しており、転職活動に大きく貢献して下さいました。

  • 男性
    マーケティング・調査業界・リサーチャー・集計(46歳・男性)

    とにかく動きが早い。書類通過後のフォローはもちろん、書類選考段階での企業の返答を早めに集めていただけた点が良かった。

関連するカテゴリから求人を探す

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報をご紹介します。