スマートフォン版はこちら

Webコンテンツプロデューサーからの転職

  • 松山さん(28歳・女性)

    1. Before
      Web制作会社
      コンテンツプロデューサー
    2. After
      SNS運営会社
      コンテンツプロデューサー

大学を卒業後、HPコンテンツの企画・編集を経験し、その後ディレクターとしても順調にキャリアを伸ばしてきた松山さん。しかし、今後のキャリアに疑問を持ち、もう一度自分なりの理想の仕事像とやりがいを求めてパソナキャリアに登録しました。

転職する前の仕事

転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
これまでHP、モバイルのコンテンツ企画・編集、ディレクションを経験してきました。経験の中から特にモバイルの分野に興味を持ち、この分野により深く関わりたいと思い始めていました。

転職の理由

転職を考えたきっかけは何ですか?
モバイル分野に関れる会社に転職した所だったのですが、入社後実際の業務はHPとモバイルの兼任ということで、入社前に自分のイメージしていた仕事との違いを感じていました。大手企業の子会社ということもあって少し固い社風が気にかかっていました。もともとネットベンチャーで仕事をしてきたためか、何事にも承認が必要だったりする事に少し息苦しさは感じていました。結果として1ヶ月で退職。私としてもショックでした。離職してからしばらく、もう同じ失敗をしたくないという思いで転職活動を再開しました。

私の転職活動

どのように転職活動をされましたか?
前職はある紹介会社経由で入社しましたが、退職して同じ紹介会社に紹介してもらおうという気持ちにどうしてもなれなくて、自分なりにインターネットを見る中でパソナキャリアを知り、登録に至りました。
入社した会社を1ヶ月で退職したばかりだったため、仕事内容とその先にあるキャリアパスにはこだわっていました。モバイルは1人1台が持っているツールです。例えば田舎に住んでいる、年齢の高い方にもPCを使ったWebと比べると情報がきちんと届くのがいい所だと思います。今回はモバイルに絞り、且つよりモバイルでの会員数が多い会社を中心に応募しました。

入社した企業について

今後入社する会社を選んだ理由は何ですか?
私はこれまで働いた会社でクリエイティブディレクターも経験していましたので、今後マネジメントに進むのか、より専門家としての道に進むのかを考えていました。けれど私自身にも重たいテーマでなかなか決めきれずにいました。
今回入社を選択した理由は、自分にとって0.5歩先の目標が見えたことです。これが1歩、2歩先の目標であれば自分にも負担と感じたかもしれませんが、0.5歩という点が自分にとっても考える猶予の時間であり、適度な緊張感でもありました。また会社の規模も適度だったと思います。もともと考えたことはすぐに実行してみたいタイプですので、大きすぎる会社だと合わなかったかもしれません。
転職をお考えの方へのメッセージ

今回は私自身も前職を1ヶ月で退職したという経緯もあり、転職活動に慎重で不安を感じていた面もありました。けれど自分にとって安心できる担当アドバイザーを見つけることで、自分の考えをきちんと整理でき、ゆっくりと考える事のできるゆとりをもてました。相談しやすいキャリアアドバイザーを持つことは大切だと思います。

キャリアアドバイザーからみた松山さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

前職では入社前、入社後の仕事のギャップが原因となり退職されてたため、 時間がかかっても納得の行く転職活動をサポートできるよう心がけました。
特に初回カウンセリング時にも時間をかけて話し合い、やりたい仕事のイメージについて様々な角度からお話しをお伺いしました。
企業から内定が出た際には、ご本人にとって納得のいく結論を出すため、実際に同じポジションで仕事をしている方とカウンセリングの機会を設け、仕事内容、組織体制についてなど具体的な確認をして頂きました。
今後ますますのご活躍をお祈りしています。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。