一次面接のポイントと対策

企業にもよりますが、一次面接では配属予定先の部署の社員などが面接官を務めるのが一般的です。 一次面接は書類選考から一歩前進し、転職希望先の会社の人と接する最初の場。すでに提出済みの履歴書や職務経歴書に書かれた実務経験の信憑性の確認はもちろんのこと、短期間で戦力となれるかどうか、基本的なコミュニケーションスキルや仕事に臨む姿勢、ポテンシャルはどうかなどが評価されます。 実務経験の質問以外で一次面接の際によく質問されることや特に注意しておきたいことのポイントもしっかりと押さえて対策を立てておきましょう。

<ポイント>
●ビジネスパーソンとしての基本に忠実に
●会話が盛り上がるよう心がける
●逆質問は絶好のアピールチャンス

すべての基本を大切にし、減点を避けること

一次面接では、ビジネスマナーやコミュニケーション能力など「最低限、社会人として備えておいて欲しい事柄」が真っ先にチェックされます。どんな優れたキャリアやスキルを有していても、これらの基本項目で減点が重なると二次面接へのチャンスは大幅に低下すると考えなくてはなりません。

・服装、髪型、持ち物
・あいさつ、言葉づかい、姿勢
・笑顔、仕事への意欲
・(面接)時間の厳守

まずはこれらの基本項目をチェックし、減点要素がひとつもないように整えておくことが大切でしょう。

会話のキャッチボールを重視する

一次面接対策で次に重要なのは、「会話のキャッチボールがスムーズに行えること」です。相手の目を見て話す、自然な笑顔を絶やさないといったことを心がけ、理知的で論理的な会話をしましょう。面接官の発言をさえぎるような言動は避け、ひとつの質問から会話が盛り上がり、自然に次のより深い質問へとつながるような返事をするのがベストです。質問の表面的な意味だけでなく、面接官が知りたがっていることは何なのかを汲み取る姿勢をみせることで「誠意のある、すぐれたコミュニケーション能力を持つ人材のようだ」という好感を与えることができます。

情報収集/企業研究が会話を盛り上げる

企業研究を行う際には、事前にできる限りの情報を入手してスタートしましょう。特にコーポレートサイトに書かれていることは隅々まで読み、そこに書かれているような内容については一次面接の場で質問しないようにするべきです。ニュースリリースなどにも注意を払いましょう。その会社に関する新鮮な話題に触れることで「当社に対する関心が高いのだな」という好印象が与えられます。

また、SNSのコーポーレートページや、経営者/キーマンによるブログなどが公開されている場合にはそれもあわせて目を通しておきましょう。企業文化や企業風土などに触れる格好の機会となります。

逆質問で自分をアピール

一次面接の最後には、たいていの場合「なにか当社に対する質問は?」などという逆質問の時間が用意されています。この際、福利厚生制度や待遇面などに関する質問をすると「当社に対する関心があるのではなく、条件面だけで会社を選んでいるのではないか?」といった誤解を与えかねません。こうした質問がNGというわけではありませんが、面接中の会話の流れとかけ離れた即物的な質問は避けたほうが無難でしょう。

「自分がこの会社で働くとしたら?」ということをイメージし、面接官に自分がイキイキと当社で活躍している風景を想像させるような、仕事に対して前向きであることをアピールできるような質問が望ましいといえます。 たとえば「私は業務改善に関して前職でも積極的に提案を行ってきたのですが、そうしたアイディアを提案できるような場はありますか?」「部署を越えて同世代の社員が交流するような企業文化はありますか?」などの質問であれば、同時に自分をアピールすることにも役立ちます。

(→)つづけて面接の傾向と対策をチェック!

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?