リケジョじゃなくてSTAP細胞です

2014年1月29日独立行政法人理化学研究所は、小保方晴子博士を中心とするグループの成果として、「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見」したことを発表しました。このことを受けて、多くのメディアが「リケジョ」の快挙として大きく取り上げました。今回、敢えて「リケジョ」には触れずにこの成果を取り上げたいと思います。

同研究グループは、「刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞の頭文字をとって「STAP細胞」と名づけました。STAP細胞は、酸で刺激を与えるとあらゆる細胞に分化する能力を有する「万能細胞」です。「万能細胞」といわれる所以は、「幹細胞」との違いにあります。「幹細胞」とは、あらゆる細胞に分化できる能力である多分化能と自己複製能を備えた細胞のことを指します。ES細胞や山中伸弥京都大学教授のiPS細胞が有名でしょう。基本的には、体内のあらゆる細胞になることができますが、羊膜や胎盤にはなれなれませんでした。そのため、「万能」とは呼ばれませんでした。一方、STAP細胞は、与える刺激によって自己複製しかできなくなったり、胎盤や羊膜にしか変化できなくなったりします。見方を変えれば、胎盤や羊膜にもなれる細胞です。この点が大きな成果といえるでしょう。

まだマウスのみの実験ですが、これからヒトでの作製に成功すれば、再生医療や創薬、老化やがんといった臨床応用への期待も膨らみます。STAP細胞の研究結果が他の研究に与えた影響も大きいでしょう。
成果が出るまでには想像を超える時間と努力と意志力を要することは想像に難くありません。医学の発展のためにも、個々の研究が相互に作用し更なる成果に結びつき、研究者の研究内容そのものがフォーカスされることを期待するばかりです。

ものづくり業界のその他の転職コラムものづくり業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?