管理部門 の転職コラム一覧

2015年1~3月の管理部門の転職市場動向

管理系の求人は、公開求人・非公開求人ともに例年通り3月まで増加する予測。...続きを読む

経理・財務系の転職は今がチャンス

経理・財務系の転職が好調です。2014年の前半は経理・財務系の転職が好調に推移しています。その背景として、好景気や会計基準の変化など次の3つの点があげられるといえるようです。 1点目は、景気が好調であり各企業の業績も順調に推移しており業務拡大による人員の増員が挙げられます。 2点目は、各企業間におけ...続きを読む

転職のベストタイミングを考える

新規求人は一般的に年度切り替えに伴う退職者の後任補充や新規事業のスタートがある1~3月と9~11月に増える傾向があります。 転職のペストタイミングを考えた場合には、この時期の転職は採用ニーズの高まりにより応募先企業の選択肢が増える好タイミングではありますが、半面、その時期は転職者も増える傾向にあり競...続きを読む

法務職が転職をする際に見極めるべき2つのポイント

会社の設立から事業展開の法律上の問題解決シーンまで様々な場で活躍する法務部門。会社組織の中でも非常に重要なポジションであるがゆえに、法務職の求人では資格よりも実務経験が濃く求められますので、法務職希望者が転職する際には、将来のキャリアパスにあった経験がつめる会社かどうかを見極めた転職をすることをお勧...続きを読む

管理部門
2014.03.18

経理財務の皆さま、繁忙期後の転職活動にむけて今から準備を始めましょう

3月決算の繁忙期をむかえ、経理財務などの会計専門職の方は決算準備で忙しい時期を迎えておられることかと思います。ですが、この時期は1年のう ちの経理業務の集大成であり、年次決算から税務申告までのご経験は、職務経歴書の下書きとしてそのまますぐに使うことができますので、次年度に入ってからの転職をお考えの方...続きを読む

管理部門
2014.03.11

MBOの達成要件として重要なセルフコントロールとは。

社員人事評価の指標として今や多くの企業で取り入れられているMBO評価制度ですが、もともとはピーター・ドラッカーによって提唱されたものだということをご存知の方は意外と少ないようです。MBOとはあらかじめ評価者(上司)と被評価者との間で目標を設定して、被評価者が自ら設定した目標達成のために努力をすること...続きを読む

管理部門
2014.03.04

人事担当者が活用するビッグデータ

ビックデータというとITやマーケティング担当者の話と思われるかもしれませんが、人事管理や採用担当者に関しても活用の領域は大いにありえます。 例えば終身雇用制度が崩壊し、労働者が働き方や会社を選ぶ時代となった今、企業は転職者も含め大量の履歴書や勤務情報を保持することになりました。 今までは個の情報でし...続きを読む

管理部門
2014.02.26

「情報」に耳を傾け、王道を知ることが転職活動の第一歩

最近は、テレビや雑誌でも「40代の転職」がとりあげられることも多くなりました。以前は転職の35歳限界説など年齢を重ねると転職は難しくなるといわれることもありましたが、40代での転職も可能なのが現在の転職市場です。とはいえ、今までひとつの会社で働いていた方の場合、転職活動のはじめ方がわからない方も多い...続きを読む

管理部門
2014.02.25

知的財産やコンプライアンスなど、総務・法務部門の転職は実務経験が重視。

グローバル化が進み、海外に進出する日本企業が多くなる一方、企業の技術や情報が漏洩する機会が高まっています。 このような状況下において、情報の海外漏洩を効果的に防止するためには、国内での罰則強化のみならず、海外拠点や海外のパートナー企業との連携強化が必須であり、総務・法務部門には知的財産やコンプライア...続きを読む

管理部門
2014.02.12

需要が高まる企業内リスクマネジメント

「リスクマネジメント」とは、各種危険による不測の損害をできる限り排除、低減するプロセスをいいます。先日も自動車損害保険の未払いが発覚するなど、中にはマスコミを賑わすような大事件に発展するものも少なからずあり、リスクマネジメントに対する意識の高まりを受け、企業法務での需要はますます高まっています。 2...続きを読む

管理部門
2014.02.05

企業のグローバル化に伴う法務職求人の傾向

景気回復を受けて"攻め"に転じる企業も多い中、事業拡大やグローバル展開などにより、法務職の求人が増加しています。 法務求人と一概に言っても、企業によって職務内容は異なります。従来のライセンス・商標関連、コンプライアンス案件にとどまらず、ビジネス実現までを統括できる人材が必要とされる場合もあります。さ...続きを読む

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?