面接の傾向と対策

書類選考を通過したら、いよいよ面接です。実務経験、仕事への意欲、人柄など、面接で問われる要素はさまざま。自信を持って面接に臨める対策をしておきましょう。

面接当日をシミュレーションしながらポイントを抑えましょう

STEP1

15分前には面接会場に到着

余裕を持って会場入りし、身だしなみをチェック。携帯電話の電源を切り、冬場は入り口でコートを脱いでおきましょう。やむを得ず遅刻しそうな場合は、必ず電話で連絡 を入れ、到着時刻を連絡します。

STEP2

5分前に受付へ

一礼をして「本日○時に○○様と面接のお約束をしております、△△と申します」と用件を丁寧に告げましょう。案内してくれた人の指示に従い、お礼を言います。

よし!

STEP3

控室・面接室に通されたら静かに待つ

控室に通された場合は、入り口に近い下座に座って待ち、名前を呼ばれたら返事を。先に面接室に通された場合は、下座に座りかばんを椅子の横に立てかけておきます。面接担当者がやってきてノックをされたら、さっと立ち上がって氏名を名乗りましょう。

人柄経験やる気

STEP4

あいさつの時は立ち上がる

控室から面接室に異動する場合は、ドアをノックし、「失礼します」と言って入室します。面接官が来る場合は、立ち上がり「△△と申します。本日はお忙しい中お時間をいただきましてありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します」とあいさつをします。お辞儀の角度は35度が目安です。

STEP5

一言添えてから着席

用意された椅子の前に立ち、「よろしくお願いします」と言って一礼します。面接官に「どうぞ」と勧められたら、背筋を伸ばし、背もたれと背中の間に少し隙間ができるくらいの位置に「失礼します」と言って腰掛けます。 かばんは椅子の横か足元に置きます。

STEP6

面接中は視線を意識して

面接官の両目と口を結ぶ「トライアングルゾーン」を見ながら話すと、緊張せず、好印象を与えることができます。面接官が複数名の場合は、目配りを。相手の話に自然な笑顔で相づちをうち、共感と理解を示すことも忘れないようにしましょう。

志望した理由は私が思うにそしてえーと熱意は認めるが...

STEP7

退室も気を抜かずに

面接終了が告げられたら、「本日はお忙しい中、お時間をさいてくださりありがとうございました」と面接官の目を見て述べ、一礼します。ドアの前でも「失礼します」と一礼してから退室します。

1次面接でどんなことを聞かれるか、面接官は何を見ているか応募企業の面接傾向をお教えします

無料転職サポートお申し込み