企業研究のコツ・やり方

企業を知り、より理解を深めるためには情報収集が欠かせません。
面接対策といった選考のためだけではなく、自分が新しい職場でどんな仕事をするのかイメージをするためにも重要なステップです。

転職の軸を参考に求人を探す

自己分析で目指すキャリア、仕事内容、雇用条件においての譲れない条件がまとまったら、次は求人選びです。自分が希望するキャリアはどの企業で実現できるのか、希望の条件は満たしているのかを調べましょう。興味のある業界の採用状況や、自分のキャリアの評価、希望する条件の妥当性を確認しながら探すと良いでしょう。

具体的な求人について調べる

興味のある求人が見つかったら、詳しい業務内容や募集要項について確認をしましょう。1日の仕事の流れや、職場環境など、不明な点があれば確認したい項目としてまとめておきましょう。さらに、応募要件をもとに、どのような人材が求められているかを把握しましょう。 評価されるポイントを意識し、応募書類や面接時のアピール方法を工夫しましょう。

企業を研究する

企業について調べる場合は、まずは公になっている情報を調べましょう。企業の沿革や経営方針・企業理念を熟読し、方針や事業展開について調べ、自分が求めるものがあるかどうか、企業のホームページや新聞などをくまなく調べるようにしましょう。今後の経営戦略や企業の方向性を知るには、プレスリリースにも目を通すと良いでしょう。
また、調べても分からなかった事は、面接のときに質問するようにしましょう。それだけ企業に興味を持っているということのアピールにもつながります。企業が扱う商材が消費者向けの場合、店舗で実際に触れられるかもしれません。商品に触れてみることで、企業のイメージをつかむことにもなりますので、実際に足を運び、どんな雰囲気か見ておくとよいでしょう。また応募前の研究も大切ですが、自分が応募をする前に、企業が採用したい人材を決めてしまったら、募集は打ち切られてしまいます。ある程度必要な情報を調べたら、応募の手続きをとり、選考を進めながら企業への理解を深めていくのもよいでしょう。

業界動向を調べる

企業の情報と併せて、業界の動向も調べましょう。
その業界の中で、どのような位置づけの企業なのか、業界自体の将来性などを調べることによって、より企業への理解も深まります。
業界内での優位性が分かれば、志望動機に繋げることも可能となります。

求人票だけでは企業が求める人物像までわかりません。過去のデータから実現の可能性について提案します。

無料転職サポートお申し込み