化粧品業界の転職市場動向

化粧品業界というとどのようなイメージをお持ちでしょうか。一般的には華やかなイメージをお持ちの方が多いと思います。そのイメージがある一方、日本国内の市場は激しい競争のある業界です。今回のコラムでは、「化粧品業界」での転職についてご紹介します。

<ポイント>
●国内化粧品業界は異業種からの参入も相次ぎ競争が激化
●活躍の場は多岐にわたりプロフェッショナリズムが求められる

異業種からの参入も相次ぎ、競争激化する国内化粧品業界

一見華やかに見える化粧品業界。国内化粧品市場は "成熟した市場"でもあり、化粧品業界を代表する日系大手化粧品メーカー3社、ブランディングに力を入れ攻勢をかける外資系企業、技術力を生かして異業界から参入する大手化学メーカー、資本力や知名度には劣るものの市場のニーズやトレンドを読み取り、斬新なアイデアをベースにした製品を世に生み出している新興ベンチャー企業などが群雄割拠しています。

求められるのはプロフェッショナルな人材

業界として競争が激化するなか、化粧品業界の転職市場はここ数年非常に活況と言えます。その主役となるのは新興ベンチャー企業とそれらのメーカーを支えるOEMメーカーです。職種としても営業、商品開発、商品企画、広告・宣伝・販促などのマーケティング、通販を主力にした化粧品メーカーではECサイトの運営管理やWEBマーケティングまで多岐に渡る分野の職種で積極的に人材を求めています。

求人検索では見つけられないような求人もご提案いたします

異業種からの転職など、チャンスが広がる化粧品業界ですが、このような求人は求人検索から見つけることは非常に困難です。専門スキルを高めたい、幅広い業界で可能性にチャレンジしたいなど、転職を検討されている方は、人材紹介会社を利用してみてはいかがでしょうか。専任アドバイザーとの面談により、ご自身の転職市場における評価を客観的に確認することが出来ますし、応募書類の添削や面接対策、求人企業の情報収集等、自ら転職職活動を行うよりも大幅な時間と手間が省けます。

今後しばらく活況が続くと思われる化粧品業界にて、是非チャンスを掴んで頂きたいと思います。

消費財業界のその他の転職コラム消費財業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?