大阪エリア業界別求人動向(2015年2月版)

2015年2月版の大阪エリア(関西エリア)の求人動向を業界別にまとめました。

■大阪エリア全体

年明けも転職市場は活況が続いています。前月より面接選考数なども増加しており、年度末に向けた採用活動が積極的に行われているようです。

大阪エリア求人動向_全体

■ITインターネット業界

来期のプロジェクトを見据え、引続き開発系の求人が増加しています。社内SEを希望される方が多く、エンジニア経験を持つ方の売り手市場が続いています。企業側では採用難易度があがっているために採用要件を下げ、未経験者の採用に踏み切る職種や企業も出てきています。

大阪エリア求人動向_IT・インターネット業界■電機・機械・化学業界

2014年に引続き積極採用が続いています。新規求人が前月比で増加しています。営業職では業界未経験者にも裾野が広がっており、メーカー系の営業職を目指している方にとってはチャンスといえそうです。

大阪エリア求人動向_電気・機械・化学メーカー■メディカル業界

専門職を中心に求人が増加している傾向にあります。臨床開発やMRなどは以前ほど未経験での採用枠はなく、経験者の採用が中心ではありますが採用が活況です。日系メーカーでは海外営業のポジションの求人も目立ってきています。

大阪エリア求人動向_メディカル業界■不動産・建設業界

専門職を中心に非常に求人ニーズが高いです。設備施工管理・構造設計は充足傾向にありますが、土木施工管理のポジションは人手不足が続いています。管理会社(設備維持管理等)や不動産会社(プロパティマネジメント等)のポジションでの求人が大きく増加し、店舗開発、施工管理のポジションも若干増加傾向です。

大阪エリア求人動向_不動産・建築業界■金融業界

専門職・経験者は引続きニーズが高く、金融系事務職の求人が増加傾向にあります。

大阪エリア求人動向_金融業界

■流通・小売業界

引続き求人ニーズは高いです。店舗運営関連求人を中心に、採用ニーズは旺盛です。就業環境や給与などの条件改善を伴う転職事例も増加しています。

大阪エリア求人動向_流通・小売業界■食品業界

引続き求人ニーズは高いです。営業系・技術系全般で求人ニーズが高い状況です。工場勤務の専門職でも求人が増加しています。

大阪エリア求人動向_食品業界■消費財業界

若干求人数は減少傾向にありますが、採用意欲は引続き高いです。マーケティング、商品開発、営業職など職種を問わず即戦力人材のニーズが高くなっています。

大阪エリア求人動向_消費財業界

※2013年1月の数値を『1』として推移を算出しています。

関西エリアのその他の転職コラム関西エリアの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?