転職できるまでの期間はどれくらい?転職活動を長引かせないポイント

これから転職活動を始めようと考えたとき、「転職先が決まるまでには、どのくらいの期間がかかるのだろう?」と気になる人は多いと思います。転職活動をする人のなかには、在職中に転職活動を始めて、転職先が決まってから退職する人もいれば、今の会社を辞めてから転職活動に本腰を入れる人もいるでしょう。どちらの方法で進めるかによって、転職活動に充てられる時間は異なります。 では、具体的にどれくらいの期間を転職活動の目安と考えれば良いのでしょうか。 今回は、転職活動を行う際に目安となる期間やスケジュールの流れ、また、できるだけ短期間で転職活動を終わらせるためのポイントについてご紹介します。

<目次>
1. 転職活動期間の目安は3~6カ月
2. 下準備が転職活動期間の長さを左右する!
3. 転職活動が長引く人の特徴
4. 転職活動を短期間で終わらせるポイント
5. 転職活動は方法次第で短縮できる

転職活動期間の目安は3~6カ月

転職活動にかかる期間の目安は、一般的に3~6カ月といわれています。求人情報のリストアップから応募書類の作成、面接と進み内定を得た後は、在職中の場合、退職の手続きや業務の引き継ぎを行う必要があります。

●一般的な転職活動のスケジュール

<転職準備(約2週間~1カ月)>
転職活動を始めるにあたり、「どのような方向性で進めていくのか」という指針を決める準備期間です。この時期に重要なのが、「自身のキャリアを棚卸しすること」「転職したい理由・目的を明確にすること」です。
やりがいや待遇面、異なる職種へ挑戦など「自分はなぜ転職したいのか」という目的を明確にすることで、今後の転職活動の方向性を定めることができます。

<応募・内定(約2カ月)>
転職活動の方向性が決まったら、志望する企業を選定し応募します。1社ずつではなく、同時に複数の企業へ応募するのが効率的です。
求人情報はこまめにチェックし、気になる求人はその都度リストアップしておきます。中途採用の場合、平均的な書類選考通過率は2割程度。面接がスムーズに進んだ場合は1カ月ほどで内定を得られることもありますが、企業によっては3~4回面接を行うこともあります。
また、在職中の場合は仕事の合間を縫って面接のスケジュール調整を行うため、面接の日程が確定するまでに時間を要することがあると想定しておきましょう。

<退職交渉・引き継ぎ・退職(約1カ月半~2カ月半)>
企業から内定をもらったら、内定の承諾・辞退、現職の業務引き継ぎ、退職手続きを行います。
内定の承諾・辞退の連絡は、できるだけ2~3日以内に行うようにしましょう。他社の選考結果を待っているためすぐに返答ができない場合は、長くても1週間をめどに返答する旨を伝えます。また、現職中の場合はこの間に退職交渉も済ませるようにしましょう。

業務の引き継ぎは、普段から担当業務のマニュアルを残しておくなどの準備をしておけば、起こり得るトラブルを未然に防ぐことができます。準備をしていないと、引き継ぎの担当者がいなかったり、引き継ぎを複数人にしなければならなかったりと、思わぬ時間を取られてしまうため注意が必要です。

●転職にかかる期間は人によって異なる
転職活動にかかる期間は人それぞれで、1カ月足らずで終わってしまう人もいれば、1年以上かかる人もいます。
転職活動を長引かせないためには、事前にスケジュールを組んで計画的に進めることが大切です。転職活動の各段階における期間の目安やスケジュールをしっかりと把握しておきましょう。

下準備が転職活動期間の長さを左右する!

転職活動の成否には、下準備をきちんと行ったかどうかが大きく左右します。自己分析などの準備段階から応募、面接、採用後の退職手続きまでをどのように行うか、しっかりとイメージを持っておくことが大切です。

●転職活動の下準備とは?
下準備とは、自己分析や企業調査などを行うことです。
自己分析をしっかりと行うことで、これまで積み上げてきたキャリアを振り返ったり、次にどのような会社を選んだら良いかを把握できたりするので、これまで気付かなかった自分の新しい可能性の発見に役立つでしょう。

自己分析をするには、まずキャリアの棚卸しをしてみましょう。キャリアの棚卸しとは、これまでのキャリアを振り返りながらどのような業務を行ってきたか、どのようなスキルを身に付けてきたか、どれだけ実績をあげたかを整理することです。キャリアの棚卸しを行うことで、転職活動を行ううえでの自分の長所や短所、そして自分が築き上げてきた実績を可視化することができます。

パソナキャリア「客観的な自己分析から自己PRのポイントを知る

また、企業研究を行うことも転職活動の常識であり、応募先の企業に対する礼儀です。企業研究を行うには、限られた時間の中で効率よく情報を収集する必要があります。調べる情報としては主に、企業の理念やサービス、従業員数やIR情報、また競合他社と比較したときの強みや弱みについて、企業のホームページやメディアの掲載情報を中心に調べます。
企業研究を行うことで、最低限の知識が頭に入った状態で面接に臨むことができるだけでなく、入社後のイメージが明確になりやすいため、内定を得た企業になんとなく入って後悔してしまうといったミスマッチを防ぐことに役立ちます。

●現状の問題を知る
転職の目的が不明確なまま、「今の勤務先に不満がある」といったネガティブな理由だけで転職活動を行っている人は、時間がかかってしまう傾向にあります。
その理由は、どの会社に応募したとしても、志望理由や転職理由は面接で必ず聞かれるからです。これらが曖昧な状態で転職が決まることは、ほぼないでしょう。また、転職の目的をはっきりさせることは、単に面接対策で役に立つというだけではありません。キャリアに対する明確な目的を持つことで、途中で迷うことなく転職活動を行うことができます。

転職活動が長引く人の特徴

できれば転職活動は短期間で効率よく進めたいものですが、残念ながら転職先が決まらずに長引いてしまう場合もあります。転職活動が長引いてしまう人の特徴を見ておきましょう。

●理想だけで転職活動を行っている
もし転職する理由が、「自分の能力が活かせていない」「やりたい仕事ができていない」「自分の能力が活かせていない気がする」といった今の会社に対する不満などのネガティブな理由であれば、考え方を見直す必要があります。
環境が変わっても自分自身が変わるわけではありません。「今よりも良い会社で働きたい」という現実逃避のようなぼんやりした理由で転職を考えてしまうと、結局次の職場でも同じことを繰り返し、後悔することになるでしょう。

●転職活動のゴールを設定していない
スケジュールを立てず無計画のまま転職活動を進めてしまうと、時間ばかりが過ぎていく一方で、結局何も進んでいないという状況に陥る可能性があります。最初に立てたスケジュール通りに進むとは限りませんが、いつまでに転職活動を成功させたいという具体的な期限を設定したうえで、ゴールから逆算してスケジュールを考えましょう。

例えば、半年後に転職すると期限を決めた場合、6カ月目は退職手続きにいつでも進める状態にしておかなければなりません。3カ月目には、数社面接を受けている状態、2カ月目には応募書類がすべて仕上がった状態にして、面接で志望動機を説明できるようにしておくといったように、「いつまでに何をやるべきか?」を明確にして、目標に合ったスケジュールを立てるのが成功への近道です。

パソナキャリア「転職成功ノウハウ 転職活動のはじめ方

●離職期間が長くなり、焦って空回りしてしまう
退職後に転職活動に専念するという人のなかには、なかなか就職先が決まらず離職期間が長くなってしまう人もいます。早く転職活動を終わらせようと焦ってしまうと冷静な判断ができなくなり、内定が出たからといって自分に合わない会社に入ってしまうなどのミスマッチが起こることも考えられます。
転職先がなかなか決まらないときは、これまでの転職活動を振り返ってみることが必要です。離職期間が長くなった理由や、「なぜ内定がもらえないのか」について考えてみましょう。これらは面接で質問される可能性もあります。準備をおろそかにして対策が不十分なまま面接に臨むと、「準備不足が原因の不採用」を繰り返してしまうことになりかねません。

転職活動を短期間で終わらせるポイント

転職活動を短期間で終わらせるためには、目的を持ちゴールから逆算して計画を立てることが大事と先ほども述べましたが、ほかにはどんなコツがあるのでしょうか。

●転職エージェントを利用する
転職エージェントは、短期間で効率よく転職活動を終わらせるためには欠かせないサービスです。専任のキャリアアドバイザーが担当となり、マンツーマンでサポートを受けることができるだけでなく、自分に合った求人探しや応募、面接の日程調整など時間や手間がかかることを代わりに行ってくれます。また、応募する会社の情報を得ることができ、企業研究も効率的に進めることができます。
複数の転職エージェントに登録しておけば、より幅広い情報を得ることも可能です。転職サイトなどとうまく併用しながら、転職活動を有利に進めていきましょう。

●複数社に並行して応募する
求人情報を見て興味がある企業を見つけたら、できるだけ多く応募候補としてリストアップしておきましょう。複数社応募することで並行検討が可能になり、より客観的に転職先を検討することができるというメリットがあります。あまりに多くの企業へ同時に応募してしまうと、1社あたりに十分な対策を取れず、結果として非効率になりがちですが、応募したすべての企業から面接に呼ばれるとも限りません。1社応募して不採用になったら次の会社へ応募するといった進め方をしてしまうと、他社比較ができず、転職活動が長期化する恐れがありますので注意が必要です。企業研究や面接対策などに充てられる時間を考えて、無理のないペースで複数の会社へ同時に応募するのがベストです。

●引き継ぎの準備は事前に行う
転職活動が順調に進んでも、退職までに時間を取られてしまう原因として多いのが、業務の引き継ぎです。後任が決まらないなどのトラブルで日程がずれ込んでしまい、次の会社の入社日が遅れてしまう事態にならないよう注意しましょう。
引き継ぎはスムーズに完了させることができるよう、時間を確保して丁寧に行うことを心掛けましょう。事前に自分の担当業務のマニュアルを作成しておくなど、できる範囲で準備をしておくと、「いざ退職」というタイミングで焦ることもないでしょう。

転職活動は方法次第で短縮できる

簡単に転職といっても、求人の応募から退職手続きまで、やるべきことが多く、スケジュール通りに転職活動を進めるのはそれほど簡単なことではありません。
とはいえ、工夫次第で時間を短縮することは可能です。ネガティブな転職理由は考え方を変え、目的をはっきりさせたうえで、転職エージェントを利用し、応募や日程調整などの時間を短縮すれば、転職活動をスピードアップすることもできるでしょう。なるべく短期間で終わらせ、転職活動に注いでいたエネルギーを新しい転職先に向けることをおすすめします。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?