「2016年12月の有効求人倍率は1.43倍に上昇。失業率は3.1%と横ばい」 月次雇用指標(2016年12月結果)

厚生労働省が発表した12月の「有効求人倍率」は、1.43倍となり、4カ月連続で改善となりました。「完全失業率」は3.1%で、前月と同水準。雇用情勢は引き続き改善傾向で推移しています。失業者数は79ヶ月連続の減少。「自己都合」は85万人と前年同月横ばい、「勤め先都合」は32万人と前年同月に比べ6万人減少しました。

【2016年12月】

●有効求人倍率 1.43倍 【前年比0.16ポント改善】
●完全失業率   3.1%  【前月比横ばい】
●完全失業者数  193万人【前年比11万人減】
●就業者数   6,466万人【前年比81万人増】

【2016年】

●有効求人倍率 1.36倍 【前年比0.16ポント改善】
●完全失業率   3.1%  【前年から0.3ポイント改善】
●完全失業者数  208万人【前年比14万人減】
●就業者数   6,440万人【前年比64万人増】

(出所)
総務省「労働力調査」、厚生労働省「一般職業紹介状況」(平成29年1月31日公表)
総務省「労働力調査~平成28年平均(速報)結果」

12月の職業紹介状況

●新規求人数    【前年比7.8%増】
●月間有効求人数  【前年比5.8%増】
●月間有効求職者数 【前年比6.0%減】

・都道府県別の有効求人倍率は、最低が沖縄県の1.02倍、最高は東京の2.05倍。
・新規求人を産業別にみると、前年同月と比べて、「教育、学習支援業(14.2%増)」、「建設業(10.7%増)」、「生活関連サービス業、娯楽業(8.9%増)」、「医療、福祉(8.2%増)」などで増加。

(出所)
公共職業安定所(ハローワーク)における統計

世界全体の失業率(2016年)

●2016年の世界の失業者は約1.97億人、失業率5.7%。
●労働力の伸びが雇用成長を上回ることにより、2017年は失業者数が2.01億人、失業率5.8%と悪化を予測。
●失業問題が特に厳しい地域は、最近の景気後退の傷跡が2017年まで重要な影響を引きずると思われる中南米・カリブと、経済成長が過去20年で咲いて一水準に落ち込んでいるサハラ以南アフリカの両地域。

(出所)
国際労働機関(ILO)「World employment and social out look: Trends 2017(世界の雇用及び社会の見通しー動向編: 2017年版)」(平成29年1月12日公表)

(→)その他の転職コラムをチェック!

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?