35歳の転職成功ポイント

転職をするにあたっての心構え(35歳編)

「35歳転職限界説」。


皆さんの中にもこの言葉を耳にした方もいらっしゃると思います。これまでは、真しやかに35歳転職限界説を語る方もいました。しかし、最近の求人動向を見ていると、35歳が限界ではなくなってきているようです。平均的に、35歳の方々が就職活動をされていたのが2000年前後。時代は就職氷河期と呼ばれ、企業が採用したくても新卒を採用できる経営状態にない、あるいは採用人材に高いバーを設けていたため、十分な人数を採用できない状況でした。現在の社員の年齢構成のバランスが崩れていると嘆く人事担当者もいます。


そこで、35歳の年齢層の方が転職をする際には、まず上記状況を踏まえ、十分な経験を蓄積した点をアピールする必要があります。また、20代や30代前半であれば意欲や意気込みでカバーできたものが、35歳ともなるとそれらに加えて「マネジメント経験の有無」を問われるようになります。


また、ご自身の意思以外にもご家族の状況や意見、住宅事情(持ち家のケース)、待遇面がかなり重要なウェイトを占めますので心得ておきましょう。

あなただけの悩みや不安に親身にお答えします。キャリアプランのご相談にも

無料転職サポートお申し込み

よく見られているお悩み