38歳の転職成功ポイント

年収交渉について(38歳編)

38歳での転職となると、年収面でも慎重になる方も多いことでしょう。ただし、事前情報もなく、過度の年収交渉を行うことは選考上有利に働かないので注意してください。


まず、ゆずれない年収について考えましょう。今までの年収、ご経験がベースとなります。生活をしていく上でこれ以上年収がさがってしまうと難しい、ご自身の計画上、年収としてはこのくらい確保したい、というラインを考えておいてください。最終的な年収交渉を行うのは最終面接後が多いですが、ゆずれないラインについては、応募書類上に記載しておいてもよいでしょう。


もう一方で、応募先企業の年収レンジも年収交渉を行う上での前提条件となります。企業側でもそのポジションの採用状況や、採用の緊急度などによって年収への考え方が異なります。採用が難航しており、少しでも早く採用をしたい場合には年収の検討を企業側でも行うケースが多いです。逆に、最終選考まで複数名の候補者が残っているという場合には、企業側でも提示年収も含めて選考も行うため、あまり交渉をできないケースが多いです。また、交渉可能な場合でも、企業として他社員とのバランスや予算がありますので、その点は注意しながら交渉を行いましょう。


転職エージェントではこれらの背景に関する情報を持っていますので、特に経験豊富な年齢である38歳での転職の場合、年収の具体的な交渉については、まず転職エージェントに相談をすることをお勧めします。


あなただけの悩みや不安に親身にお答えします。キャリアプランのご相談にも

無料転職サポートお申し込み

よく見られているお悩み