スマートフォン版はこちら

転職エージェントとは? その正しい使い方

3360(1)-thumb-600xauto-11743.jpg

人生の一大決心である転職。自分一人で転職活動を行っていると、悩みがあっても誰にも相談できず、不安な気持ちのまま転職の準備を進めなければなりません。また、退職前に転職活動を始めている場合は、面接などのスケジュール調整や管理も大変です。そんなときに、あなたの転職活動をサポートしてくれるのが「転職エージェント」。今回は転職活動の心強いパートナーである転職エージェントの特徴やサービス、利用するメリットについてご紹介します。

転職エージェントとは、あなたの転職を支援するサービス

転職エージェントとは、求職者に合った求人を紹介してくれるサービスです。
業界・企業に関する知識や情報が豊富なキャリアアドバイザーが求職者と面接し、希望する転職先の条件や職種、活用できるスキルなどをヒアリング。求職者のニーズにマッチする求人を紹介してくれます。

それだけでなく、求職者に代わって求人の検索や応募、面接の日時調整や、内定後の入社日の調整、給与に関する代理交渉など、企業とのやり取りをすべて行ってくれ、さらに求職者に対しては、転職活動の初期から提出書類の添削や、面接対策のアドバイス、選考のフローでの心配事の相談、内定・入社時の対応までフォローしてくれます。

費用は無料 なのに相談できるのはなぜ?

転職を考えているけど、自分一人では不安という方や、まだ現職中で忙しく、効率よく転職活動をしたいと考えている方に対し、効率良く転職活動を進めるための手助けをしているのが、転職エージェント。企業の求人情報の紹介はもちろん、転職活動の心得など、さまざまノウハウを提供し、求職者の転職活動をサポートしています。

「転職エージェントを利用したいけれど、お金がかかるのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、その心配はありません。転職エージェントは、紹介した求職者が入社した際に企業からお金をもらうことでビジネスが成り立っています。そのため、求職者は無料で利用できるのです

求職者のニーズと、企業の求める人材像を深く理解

転職エージェントは求職者と企業の連絡を代行するだけでなく、求職者と企業の新たな出会いを創出する役割も担っています。転職エージェントの企業担当は、中途採用を行う各企業の採用担当者とコンタクトを取り、求める人材像や採用に対する課題感など、さまざまな情報をヒアリング。要望に合った人材を企業へ紹介しています。また、求職者に対しては、各業界に精通したキャリアアドバイザーが業界の最新動向や、中途採用傾向、求められる人材像といった情報を提供します。

求人情報をただ紹介するのではなく、応募者の描いているキャリアや現状のスキルなどを踏まえた上で、企業と求職者双方のニーズに合った転職へと導くのが、転職エージェントの役割です。

転職エージェント(人材紹介会社)と人材派遣会社の違いとは?

転職活動を支援する企業には、いくつかの種類があります。自分の希望する雇用形態、働き方に合わせて適切な企業に転職相談をしましょう。ここでは、転職エージェントと人材派遣会社の違いを紹介します。

転職エージェントと人材派遣会社の一番の違いは、「取り扱い求人の雇用形態」です。

  • 正社員・契約社員での転職を考えている
  • 企業の直接雇用を目指している
  • 一社で長く(期間を限定せず)働きたい
  • フルタイム勤務の仕事をしたい
という方は、転職エージェントへの登録をおすすめします。

 

パソナキャリアの場合、まずプロのキャリアアドバイザーが求職者へ「転職に求めるもの」や「今までの経験で培ってきたスキル」、「これから身に付けたいと考えているスキル・経験」「将来のキャリアビジョン」を聞くキャリアカウンセリングを行います。その内容を踏まえて、求職者の希望に沿った、求人企業をご紹介いたします。

一方、人材派遣会社は、派遣社員として働くことを希望している求職者向けのサービスです。

  • 派遣社員として働きたい
  • 勤務時間や勤務日数など、自分の希望する条件に合った働き方を選びたい
  • 家庭の事情などで、フルタイム勤務は難しい
という方は、人材派遣会社に登録すれば、求職者の事情に合った求人情報を紹介してもらうことができます。

 

転職エージェントとハローワークの違いは?

ハローワークは、厚生労働省が設置する公共職業安定所で、「職安」とも呼ばれています。
失業手当や雇用保険の手続きなども行うことができます。
行政機関として就職支援・雇用促進をサポートしており、誰でも利用することが可能です。

  • 国(省庁)が設置しており、全国47都道府県に拠点がある。
  • 雇用形態を問わず、求人情報の数は非常に多い。
  • 求職者自身が専用の端末から希望に近い求人をピックアップ。窓口から、その企業への紹介状を発行してもらう。
  • 面接日程など、会社とのやり取りは求職者自身が行う。
多くの会社のデータの中から、求職者自身が、よく見極めて応募申請をする必要があります。

 

その点、転職エージェントは

  • 各企業が運営しており、会社ごとに得意とする年齢層、業界・職種などが異なる。
  • 大都市を拠点としていることが多く、住んでいる都道府県によっては相談窓口がない場合もある。(電話面談などで対応可能な場合も)
  • 転職エージェントと募集企業が直接取引を行っているため、面接日程など企業との連絡・調整は、転職エージェントが行う。
企業や求人の情報、業界の採用動向などに精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望や条件に合った求人情報を提供してくれます。

転職エージェントと転職サイトとの違い

転職先の探し方の一つに、インターネット上にある転職サイトを利用する方法もあります。
転職サイトも数多くあり、サイトごとに掲載されている求人も異なりますが、ハローワーク同様、応募の際には多くのデータの中から求職者自身で良し悪しを見極めなければなりません。

転職サイトは

  • 企業が運営しており、サイトごとに得意とする年齢層、業界・職種などが異なる。
  • 履歴書・職務経歴書などの応募書類も自分で手配し、企業と直接やりとりをする必要がある。
  • 間に第三者が入らないため、客観的判断をしてくれる人はいない。
  • 手軽に求人を検索できるため、多くの人が応募している可能性がある。
  • 掲載期間が決まっている場合がほとんどで、検討している間に募集が終了してしまう恐れもある
といった特徴があります。

 

未経験の仕事に挑戦したい、幅広い業種・職種の中から選んで求人応募したいという方は転職サイトから求人を探してみるのも良いでしょう。転職エージェントの利用と並行して、転職サイトで情報収集するという方法もあります。

転職サイトと転職エージェントの違いは、「非公開求人」の有無にもあります。転職エージェントもWebサイト上に求人を掲載していますが、公開されている求人以外にも転職エージェント独占の求人を取り扱っています。これが「非公開求人」です。欠員補充など、募集人数が少ない求人は「非公開求人」として企業が転職エージェントのみで募集する場合もあり、こういった求人は転職サイトでは見つけることができません。

同じ転職エージェントでも、20代、40代、女性など得意分野がある

転職エージェントを運営している企業はさまざまあり、どのエージェントに相談に行ったら良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。転職エージェントには各社特徴があり、主に年齢、業界・職種を幅広くカバーする総合型と、年齢層やターゲット業界・職種を絞った特化型エージェントの二つに分けることができます。20代若手層に強い、40代以降の管理職に強い、コンサルティング業界に強い、女性の採用に強いなど、さまざまなエージェントがあるため、自分のニーズに合ったエージェントがあるか探してみるのも良いでしょう。幅広く業界を見たい方は、総合型エージェントがおすすめです。

転職エージェントが提供できるメリットは

これまでお話したように、転職エージェントを使って転職することで、求職者は「企業と求職者のやりとりの代行」「適切な求人情報の提供」「求職者への転職ノウハウや業界情報の提供」などのメリットを享受することができます。
ここではさらに具体的に、「転職エージェントにはどういったサービスがあるのか?」について、解説します。

転職相談 自分でも気付かないこだわりや長所を洗い出す

転職エージェントに登録すると、まず初めにキャリアアドバイザーと電話や対面で面談が行われます。キャリアアドバイザーとの面談の中で、転職の進め方などについてのアドバイスがあった上で、希望する企業や自分に合った職種の求人が紹介されます。求職者の相談事項に対し、客観的な視点からアドバイスがもらえるため、自身が気付いていなかった魅力や長所を見つけることができます。

履歴書添削、面接練習 必要なテクニックを指導

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成する中で大切な志望動機、自己PRの書き方について、キャリアアドバイザーから直接アドバイスを受けることが可能です。また、過去の転職者のデータをもとに、企業ごとの面接の質問傾向や対策方法についても教えてくれることがあります。このようなサポートを受けることで、コツやポイントを押さえた効率の良い転職活動ができるでしょう。

言い出しにくい年収交渉の代行や、応募企業への後押し

面接時に給与や残業時間についての質問をするのは、採用結果に影響するのではないかと不安を感じ、ついためらってしまうものです。しかし、これらは入社後の勤務に影響する重要な内容のため、事前に確認しておきたいもの。転職エージェントを通して応募していれば、残業時間や有給休暇制度の利用状況など、直接質問しづらい点もキャリアアドバイザーを通して企業に確認することができます。
また、転職エージェントは内定後も年収交渉や、現職の会社と円満に退職交渉を行うためのアドバイスなど、内定先の企業に入社するまでのサポートをしてくれます。そのため、安心して転職活動を進めることができます。

キャリア面談の服装は自由、面接直前はスーツで身だしなみチェックをすることも

転職エージェントへ面談に行く際、基本的に服装は自由です。しかし、面接対策や企業との面接前には身だしなみのチェックを行うため、面接を想定したスーツで来ることを依頼される場合もあります。

転職エージェントを活用するデメリットはある?

ここまで、転職エージェントのメリットをお伝えしましたが、一方で利用するデメリットはあるのでしょうか?

志望企業の求人取り扱いがないこともある

転職したい企業が明確にある場合、その企業がそもそも転職エージェントでの求人募集を行っているかどうかは、気にするべきポイントです。タイミングによっては、求人の扱いがない場合もあるため、注意が必要となります。
Uターン転職などで地方の企業への転職を希望する場合は、その土地に特化した求人媒体や、企業のホームページなどから自らアプローチした方が良いケースもあります。
行きたい企業が明確にあり、かつ転職エージェントを利用したいという場合は、あらかじめ転職エージェントにその旨を相談し、確認してもらうと良いでしょう。
求人の取り扱いがない場合も、転職エージェントと志望企業に取引があり、かつあなたがその企業にふさわしい人材であると判断されれば、経験を生かせるポジションの需要がないか問い合わせてくれる場合もあります。

キャリアアドバイザーと合わない場合も

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーがあなたの転職の相談に乗ってくれます。求職者の要望をよく聞き、親身に転職サポートを行ってくれますが、人と人とのやりとりですので、キャリアアドバイザーとの相性が悪く、意見が合わないといったようなことも、稀に起こり得ます。
その場合は、きちんと理由を述べた上で、他のキャリアアドバイザーとの面談をリクエストしてみましょう。適切な理由を述べれば、転職サポートのサービスを継続したまま、担当者の変更を行うことが可能です。

困った時の、転職エージェントの使い方

転職活動中のお悩みは、一人ではなかなか解決しません。そんな時にも転職エージェントを上手に活用することで、解決策が見えてきます。

自分のやりたいことが見えない、キャリアプランが描けていない時

転職を漠然と考えているけど、やりたいことが決まらない、キャリアプランが明確でないといった場合に、転職エージェントは客観的視点から、あなたのこれまでのキャリアやスキルの棚卸と、これからのキャリアプランを一緒に考えてくれます。自分では気づいていなかったあなたの強みや、アピールすべきスキルなどを教えてくれるかもしれません。

複数社掛け持ち応募しているなら、キャリアアドバイザーとの連携が重要

転職活動では、「より良い条件のところに転職したい」「いろいろな会社を見て比較したい」「興味のある会社を複数受けながら一番行きたい会社を見つけたい」といった理由から、複数企業の選考を受けるケースもあります。その場合、面接日程の調整や、複数社から内定をもらった際の対応に困ることもあるでしょう。転職エージェントを活用すると、キャリアアドバイザーと連携することで選考のスケジュール調整や、志望企業へのプッシュ、内定獲得後の企業選びや辞退する企業へのフォローも行ってくれるので、効率良く転職活動を進めることができます。

内定を辞退したい、断り方は?

転職エージェント経由で転職活動をしている過程では、キャリア面談の他にもキャリアアドバイザーに相談する機会があります。

求人の条件や仕事内容など、意に沿わないことや不明点がある場合は、早めにキャリアアドバイザーにその意思を伝え、確認をすると良いでしょう。
転職エージェントを使って転職活動を行う場合は、求職者一人で行う転職活動ではなく、転職エージェントとの二人三脚での活動です。そのため、都度しっかりと自分の考えをキャリアアドバイザーへ伝えておく必要があります。

万が一、現職の会社を辞めることができない、家庭の事情で転職することができなくなったなど、内定を辞退せざるを得ない状況になってしまった場合は、早めに転職エージェントに相談をしましょう。無断で入社辞退をする、入社日当日に転職先に現れないといった行為はマナー違反です。社会人として、このような行動は避けましょう。

転職エージェントを退会したい時は

自身で応募していた企業に内定した、または転職する必要がなくなったため転職エージェントを退会したいといった場合は、まず担当のキャリアアドバイザーにその旨を電話もしくはメールで伝えましょう。

もし、書類選考や面接が進行している企業がある場合は、転職エージェントの退会を引き止められる可能性もあります。それは、求人企業に迷惑がかかるだけでなく、求職者の評判も下がってしまう恐れがあるためです。業界内転職の場合は、転職後に辞退先の企業と取引が発生する可能性もありますし、今後またその会社の採用試験を受ける可能性もゼロであるとは言えません。長い目で見て求職者のことを守るのも、転職エージェントの役目の一つ。後悔のない転職先選びをしてもらいたいからこその行動でもあります。

面接を受けていた企業に対しても、自身の将来に対しても悪影響を残さないように、きちんと話し合った上で、円満に転職活動を終えられるようにしましょう。

やりがいを感じられる企業と、やる気のある応募者のマッチング

転職活動は自身の今後の方向性を決める重大な決断。後悔のない道を選ぶことが大切です。

転職エージェントに相談に来る求職者の悩み・課題は、「就業しながらの転職活動で時間が取れない」「事情があり次の仕事を急いで決めたいが、どこが良いのかわからない」など、実にさまざま。 転職エージェントは、企業と転職者の間に入り、お互いの要望がかなう転職を実現いたします。転職経験がない方も、既に転職経験者の方も、要望に合わせたサポートを行い、不安の解消と効率的な転職活動の実現に貢献します。
求職者は無料で利用することができるので、まずは気軽にキャリア相談に行くところから始めてみてはいかがでしょうか?