スマートフォン版はこちら

知っているようで知らない「特定派遣」について

最近、特定派遣の求人が増えてきています。メーカーからの受注が増えていることの表れであり、大手、中小関わらず特定派遣の求人が増えていることを踏まえると、継続的な受注案件が多い状況とも言えるでしょう。

改めてここでおさらいです。

特定派遣とは……

派遣会社(雇用元)に正社員として雇用され、派遣先に派遣される形態を指します。

雇用契約は派遣会社(雇用元)と締結し、派遣期間が終了しても雇用元である派遣会社との雇用関係は継続されます。雇用関係が継続しますので、派遣されていない期間の雇用は保証されており、給与も支払われます。派遣元によって異なりますが、研修や教育メニューが充実していたり、福利厚生が充実している点も魅力です。一企業が提供する研修メニューとしては、かなり充実したメニューを持っている派遣会社もあります。

セットメーカーへの転職はハードルが高いと思われる場合にも、特定派遣として同メーカーの業務に携わることも可能です。また、最先端技術の研究開発に携わることも、特定の分野・職種にとらわれず様々な現場に入ることも可能です。メーカーにはつきものの「転勤」の概念もありません。しかし、派遣先が変わるたびに業務内容や就業規則を覚えなければならなかったり、大手メーカーと比較すると収入面で差が出たり、給与の上昇率がばらつくといったデメリットがあるのも正直なところです。

メリット・デメリットがありますので、「特定派遣はいやだ!」と決めてかからずに、まずは案件を見てからご検討下さい。