スマートフォン版はこちら

MRの40歳からのキャリアアップ

製薬業界でのMRの採用ニーズは技術の進化に伴う新薬のリリースが継続されていることや、高齢化社会などの社会的背景により、転職市場の中でも常に高い状態です。そのためか、製薬業界の中で環境の改善、年収アップなどを目指した転職活動の成功事例も多数あります。

40代MRの「これからのキャリアアップ」について

そんな転職市場の中、製薬系企業の現役MRの方で、40歳からのキャリアアップはどう図っていけばいいか、というご質問をいただきます。
製薬系企業のMRの特色上、35歳くらいを分岐点とし、マネジメント層に移っていく方、最前線のMRとして活躍される方とわかれていきます。
もちろん企業によって体制は異なりますが、多くの場合、この分岐点以降は、マネジメント層としてのキャリア構築、最前線MRとしてのキャリア構築、となっていくケースが多いのが製薬業界の特色です。

40代以降であらためて、最前線のMRから、マネジメント層へ移りたい、と考えられる場合にキャリアのひとつとしておすすめしているのが、CSOへの転身です。
CSOの場合、製薬系メーカーからの受託で営業活動を行っており、以前は不足するMRの補充的意味合いがありましたが、昨今では、医薬品技術の高度化により、専門性をもつMRの確保、企業の成長スピードにあわせたMRの確保などを目的に製薬メーカーからの依頼が増えているため、市場としても急成長をしています。
MRの採用も年間100名単位で行っている企業も珍しくありません。大量採用だからこそ、経験者を求め、かつ、経験の豊かな方にはリーダー層、マネジメント層として活躍してほしい、というニーズが高くなっています。
40代以降でMRのキャリアについて考えている方は、CSOへの転身も視野にいれてみるとよいかもしれません。