スマートフォン版はこちら

「営業からは出世できない」は大きな勘違い

金融の営業というと、靴をすり減らして歩き回り、会社に戻れば事務作業に新規アポイントとり。こういったイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

営業職から出世の可能性も。ご自身の嗜好性に合わせたキャリア選択を

最近は半沢直樹の影響で少しイメージは変わってきているかもしれませんが、なぜか金融の営業というと一昔前のイメージが固定化されていて、イメージ先行で非常にネガティブに考える人もいるようです。

また、「営業で採用されると出世できない」と思っている方もいるようで、入社してから死ぬまで営業をしなければいけないと大きな勘違いをされているようです。確かに、入社以来営業一筋という方もいらっしゃいます。それは本人の嗜好性、ビジョンの問題であって、会社から押し付けられている訳ではありません。

金融商品というのは、非常に複雑なので、誰でも業績を上げれるというわけではありません。もちろん泥臭い仕事もあります。そういった仕事もこなしながらしっかりと業績を上げている人には、本人の希望にもよりますが、中央部署への異動というケースも多く見られます。営業職は過酷なイメージがあるかもしれませんが、裾野が広いので、能力差が顕著に現れやすい職種なのです。いずれは企業の中枢で……と思っている方は、金融機関の営業職からキャリアを築いてみるのもいいかもしれません。